microfomatsについて教えてください。


プレーンテキストで、何かしらのルールで書いているもの(XML?)くらいしか理解できていません。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2006/07/21 17:58:40
  • 終了:2006/07/28 18:00:10

回答(2件)

id:Kumappus No.1

くまっぷす回答回数3784ベストアンサー獲得回数1852006/07/21 18:19:02

ポイント35pt

http://www.xml.com/pub/a/2005/03/23/deviant.html

が詳しいみたいですけど

http://www-kasm.nii.ac.jp/mt/archives/000063.html

http://onohiroki.cycling.jp/2005-08-15-1

がわかりやすいかな。

人間がちょっと書きやすいような(読みやすいような)小さいフォーマットで書かれた指示を、既存のフォーマット(XMLやらなにやら)に矛盾しないように入れ込んで利用しようとする方法です。Semantic Web(単にここの字がでかいとかリンクですというだけではなく、この箇所は文章の概要を表すとか、著者の感想を表す、というような意味をはっきりさせたWebの書き方)とつながりがあって、例えば(上記URLにある例ですが)

<a rel="hatenab" href="http://b.hatena.ne.jp/onohiroki">僕のブックマーク</a>です

(すみません、はてな記法になれてないもんで<と>で表記しています)

と、 rel="hatenab"を潜り込ませることで、通常のブラウザからは単なるリンクにしか見えないけれど、relというmicrofotmatな記述を理解できるツールには「あ、これははてなブックマークなんだな…じゃあそれに沿った表示をしよう」みたいに処理をさせることができます。

id:iiiiiiiii

ありがとうございます。

なんとなくわかったようなわかんないような…。

「理解できるツール向けに、より整理された情報を埋め込んでおく」って感じなのかな?

2006/07/21 19:26:44
id:PPM No.2

PPM回答回数2ベストアンサー獲得回数02006/07/22 02:29:11

ポイント35pt

microformatsの代表例としてhReviewというものがあります。

hReviewは「商品のレビュー」を表すための、いわば「特殊なタグ」です。

このページにmicroformatsとhReviewの関係があります。

http://d.hatena.ne.jp/naoya/20050715/1121411871


乱暴ですが簡単に言ってしまえば、

1. ブログやHPなどにhReviewの特殊なタグを埋め込むと

2. googleなどのクローラーが「あ、この部分はレビュー対象の商品名だな」と理解することができる

というような感じです。

これが一般に広まれば、googleに商品名を入力するとレビュー記事だけを検索結果に出すような、「レビュー検索」みたいなサービスが始まると思います。現在では、hReviewのような取り決めがないため、クローラーはHTML中の文章を解析して「あ、これはレビューっぽい」というように推測するぐらいしかできません。

もっと極めて簡単に言えば、クローラ向けの特殊タグを標準化したもの、という感じでしょうか。

で、microformatsとは、hReviewのような特殊タグの規格を作るための大まかな枠組みみたいなものです。

id:iiiiiiiii

ありがとうございます。

なるほど。

さらにわかってきた気がします。

2006/07/22 11:47:25

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません