20代半ばの男性です。それなりに読んできたつもりでしたが、ふとしたことで読書量が足りてないことに気付きました。通勤時間などを使ってコツコツ読書しようと思います。


そこで、20代半ばの男として「この本は読んでいて当然」というような本を紹介していただけるでしょうか。

小説2冊とそれ以外の本2冊の合計4冊をセットで教えてください。マイナーなものではなく、読書仲間とそれなりに共通の話題が持てるように主流なものがいいです。

よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人3回まで
  • 登録:2006/07/22 00:24:26
  • 終了:2006/07/29 00:25:03

回答(21件)

id:NY505 No.1

NY505回答回数465ベストアンサー獲得回数42006/07/22 00:55:37

ポイント13pt

海辺のカフカ(村上春樹)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101001545/503-0691094-951835...

東京タワー(リリー・フランキー)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4594049664/503-0691094-951835...

ウェブ進化論(梅田望夫)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480062858/503-0691094-951835...

日はまた昇る(ビル・エモット)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4794214731/503-0691094-951835...

をお勧めします。

id:nobita_t

おお、ありがとうございます。村上春樹はなんとなく避けていましたがこれを機会に挑戦してみます。

-------

「合計4冊教えてください」と書いてしまいましたが、なるべくたくさん教えて欲しいです。お願いします!

2006/07/22 00:58:36
id:gong1971 No.2

gong1971回答回数443ベストアンサー獲得回数682006/07/22 00:56:40

ポイント13pt

数ヶ月前に似たような質問に回答しました。

そちらの回答が参考になるかと思います。

http://q.hatena.ne.jp/1149742001


ちなみに、その時の私の回答は以下の通りです。

まず手っ取り早くであれば有効な手段かと思うのですが。

http://q.hatena.ne.jp/1149742001#a546283

id:nobita_t

ありがとうございます。その質問は見落としてました。その質問があればおおかたわかりますね。カラマーゾフの兄弟は読むべきでしょうか。

gong1971さんの挙げられている本はタイトルとおおまかな筋がわかるんでしょうか?興味深いです

2006/07/22 01:07:47
id:kolchak No.3

kolchak回答回数78ベストアンサー獲得回数32006/07/22 01:31:40

ポイント13pt

読んでいて当然といった断言は難しいですが

広く読まれていて一般教養として考えると

以下の本をお薦めします


「日本文学」

■宮沢賢治「銀河鉄道の夜」

老若男女を問わずに読まれている作品です

誰でもタイトルくらいは聞いたことがあると思います

純粋に楽しい作品です

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/60/7/6020450.html


「外国文学」

■シェークスピア「ハムレット」

外国の人と話す機会がある場合

シェークスピアを読んだことがあると重宝します

教養のレベルを高く評価してもらえることがあります

http://www.iwanami.co.jp/search/index.html


その他「日本の本」

■宮本武蔵「五輪書」

伝説であり実在の剣豪、宮本武蔵の記した精神論であり

哲学でもある本

人として生きる上で力になってくれる本です

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/33/1/3300210.html


その他「外国の本」

■コーラン

イスラム教が世界で大きな位置を占めている今日

彼らの思想の根本を読んでおくことは

必ず役に立つと思います

周囲にアジアや中東の人が珍しくなくなってきましたから

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/33/9/338131+.html


同じ意味から「旧訳聖書」「新約聖書」も基礎教養として

お薦めします

id:nobita_t

おお、ありがとうございます。宮沢賢治は子どものころ読んでどうしても肌に合いませんでした。今から読むとだいぶ印象が違うかもしれませんね。

コーランちょっと興味出てきました。是非読んで見たいです。他の本もおもしろそうです。

2006/07/22 01:44:22
id:takahiro_kihara No.4

狂人日記回答回数833ベストアンサー獲得回数112006/07/22 02:05:23

ポイント13pt

今は、ダイソーに行けば、夏目漱石などの名作物の本が、百円から手に入りますよ。

確かに、読みたい作品がある、とは限りませんが。

http://www.imb.me-h.ne.jp/~kihara/

id:nobita_t

百円で買えるとはしりませんでした。できればお勧めの本を教えて欲しかったです。

2006/07/22 02:20:09
id:jump1 No.5

jump1回答回数216ベストアンサー獲得回数82006/07/22 02:44:20

ポイント13pt

『20代半ばの男として「この本は読んでいて当然」というような本』という本のジャンルのテーマが広いようで狭くて難しいですね。

「読書仲間とそれなりに共通の話題が持てるように主流なものがいい」とのことですので、それに絞っておすすめを挙げておきます。


とりあえず今年新書のベストセラー「ウェブ進化論」と「国家の品格」はチェックしておくと内容的にも、話題面でも、時流に遅れずに済むと思います。

ディズニー7つの法則

ディズニーのユニークなビジネス手法を明かしたもので、社会に出てビジネスをやっていくうえで参考になるヒントがたくさんあります。

ディズニーリゾートに行かれた時に何倍も楽しめると思います。

特に面白いのがこのディズニー流のやり方は他の様々な職種や業種にも当てはまるものばかりだと言うことですね。

きけ、わだつみのこえ

太平洋戦争で戦場に散った学生達の遺書を綴ったものです。遺書と軽々しく呼べないくらい、60年前の同じ10~20代の若者達が迫りくる死を前にして、国家の未来や家族、恋人に対して誠実に書かれています。そこにはどんな文豪や評論家の書かれた感動的な物語や書物よりもはるかに潔くて尊いものを行間から感じることができると思います。

id:nobita_t

ありがとうございます。ディズニーの本は面白そうですね。参考になります。

2006/07/22 04:18:31
id:bijyou No.6

bijyou回答回数107ベストアンサー獲得回数42006/07/22 03:24:20

ポイント13pt

 同年代で、毎日、いちおう本は読んでいますけど、上にあげられているものや、名作と呼ばれるものはほとんど目を通していません。恥かしい話です(ほんとうはあまりそう思っていないけど・笑)。

 丸谷才一と高島俊男、それにエッセイ、専門書、漢籍ばかりで、未読の小説はここ二年読んだ記憶がありません。

 そんな毛色の変った人間の参考にならない四冊をお教えします。


■星新一『ボッコちゃん』

 二十代なかばなら、たいていの人が読んでいるでしょう。

 はたちを過ぎてから読むと、だいぶ印象が変わります。深いです。

 また、若い作家で好きな作家にあげる人が多いです。

 個人的には後期作がおすすめです。


■太宰治『桜桃』

 太宰の作品なら何でもいいので、とにかく、古本屋で旧かなの文庫を探してください。

 旧かなと新かなでは、読んだ場合のリズムがまったくちがいます。

 個人的には、晩年の作品がいいです。『父』は爆笑しました。


■森博嗣『封印サイトは詩的私的手記』

 有名ミステリィ作家のエッセイです。

 思考がcoolで、ぼくたちの年代にあうように思います。

 ことばづかいもおもしろいです。

 小説は一冊も読んだことありませんけど。


■大塚英志『キャラクター小説の作り方』

 そこそこ売れているように聞いています。

 大塚英志は、ぼくたちがこどもの時にマンガの編集や原作に携っていましたから、その思考を知るのは決してむだではないように思います。

 魍魎戦記マダラ知りませんか?ぼくはファミコンも買いましたよ。


 全部文庫です。

 うちにある、強いて言えばメジャーな本はこれくらいですね。不毛地帯です(山崎豊子はどうですか。『白い巨塔』とか)。

 あとは、ローマ人の物語くらいですかね。あれは老若男女読んでいるでしょう。推薦図書に、この作品と『坂の上の雲』をあげるおじさんが多いです。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101098018/503-7271696-918951...

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4167151111/503-7271696-918951...

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4344404165/503-7271696-918951...

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4044191220/503-7271696-918951...

id:nobita_t

ありがとうございます。かなり参考になります。

山崎豊子は未読です。

星新一は昔よく読んでましたがおっしゃるように今読むと印象違いそうですね。

太宰は学生時代によく読んでました。やっぱりあの時代の作家の作品は旧かなで読むのがいいというのは僕も思います。洋画の吹き替えと字幕くらい印象が変わりますね。

森博嗣は恥ずかしながら知りませんでした。

大塚英志・・・魍魎戦記マダラで思い出しました。なにやら怖そうで遊んだことありませんでした。

-----------

「本は人から借りろ」とよく言われてましてなんのことがわからなかったんですが、人に借りることで絶対自分じゃ買わないようなジャンルの本に出会えて、引き出しが増えるということなのかなと感じました。

マイナーな本でもいいのでじゃんじゃん紹介してください。

2006/07/22 04:29:05
id:apple-eater No.7

apple-eater回答回数420ベストアンサー獲得回数82006/07/22 06:02:35

ポイント13pt

共通の話題というなら、児童書を勧めます。

大人が読んでも面白いものをピックアップ。


話題の本で読み易いものなら

「ナルニア国ものがたり」

「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り

「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り

  • 作者: C.S. Lewis C.S.ルイス 瀬田 貞二
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 文庫

子供のころ読んだとか、映画がきっかけで読んだとか多いでしょう。

なかなか、風刺とユーモアが効いた良品。


「星の王子様」

独占翻訳権が切れて、いろんな人が訳しています。

小さな王子さま

小さな王子さま

  • 作者: アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • メディア: 単行本

星の王子さま (集英社文庫)

星の王子さま (集英社文庫)

  • 作者: アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ Antoine de Saint Exup´ery 池沢 夏樹
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: Perfect

新訳 星の王子さま

新訳 星の王子さま

  • 作者: アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • メディア: 単行本

星の王子さま (平凡社ライブラリー (562))

星の王子さま (平凡社ライブラリー (562))

  • 作者: アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • メディア: 単行本

新訳 星の王子さま

新訳 星の王子さま

  • 作者: アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ Antoine de Saint‐Exup´ery 小島 俊明
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • メディア: 単行本

こちらも、風刺とユーモアが効いた名作。


定番でシメときます。

「不思議の国のアリス」

ふしぎの国のアリス (偕成社文庫 2063)

ふしぎの国のアリス (偕成社文庫 2063)

  • 作者: ルイス・キャロル 芹生 一 Lewis Carroll
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • メディア: 単行本

「鏡の国のアリス」

鏡の国のアリス (偕成社文庫 2065)

鏡の国のアリス (偕成社文庫 2065)

  • 作者: ルイス・キャロル
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • メディア: 単行本


id:nobita_t

星の王子様は子どもの頃少し読んで、なにやら深そうな感じがした記憶があります。また読むべきですね。誰の訳が一番いいんでしょう。

ナルニアは映画になって話題だったので気になってました。

アリスも気になります。

2006/07/22 14:38:33
id:apple-eater No.8

apple-eater回答回数420ベストアンサー獲得回数82006/07/22 06:51:30

ポイント13pt

すいません。条件見落としてました。(ポイント半減で勘弁してくださいませ)

あと、小説以外ですね。えーと。


永六輔の岩波新書

職人 (岩波新書)

職人 (岩波新書)

  • 作者: 永 六輔
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 新書

読みやすく、トリビア満載。


私は「朝日新聞」連載時に読んでました。

小池民男の絶筆となった作品。

古今東西の言葉のエピソードが

つまっています。

時の墓碑銘(エピタフ)

時の墓碑銘(エピタフ)

  • 作者: 小池 民男
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • メディア: 単行本

id:nobita_t

わざわざありがとうございます。

永六輔ですか。気になります。テンションあがってきました。

2006/07/22 14:40:40
id:akira-a No.9

akira-a回答回数285ベストアンサー獲得回数12006/07/22 08:05:43

ポイント13pt

太宰治の人間失格、ドストエフスキーの罪と罰。

落合信彦の狼たちへの伝言、美輪明宏の紫の履歴書。

自分は読書が好きなので、知ってる限り沢山紹介したいところですが、他の人に「この本面白いよ。」って言われて読んで面白かったことってあんまりないんですよね。

最近自分は町田康さんにはまっています。

自分の好きな本は自分で見つけていくものです。基本的に。

http://tahoo.co.jpダミー

id:nobita_t

ありがとうございます。

ドストエフスキーは学生の頃から読まなきゃと思いつつ時間が過ぎてしまいました。人に勧めてもらうのも引き出しが増えてけっこう楽しいです。

2006/07/22 14:42:36
id:sokyo No.10

sokyo回答回数1371ベストアンサー獲得回数942006/07/22 09:05:30

ポイント13pt

こんにちは。

 

最近 流行の新書は目を通しておくと話題にはついていけるかも。

人は見た目が9割 (新潮新書)

人は見た目が9割 (新潮新書)

  • 作者: 竹内 一郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 新書

他人を見下す若者たち (講談社現代新書)

他人を見下す若者たち (講談社現代新書)

  • 作者: 速水 敏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 新書

このへんかな?

でもそういう新書ってだいたい(私の読んだ範囲は、ですが)

薄っぺらい内容しかない気がしています。

私が本当にすごいなあと思った新書は、

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

  • 作者: 本川 達雄
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • メディア: 新書

とかかな?

この本は有名でもありますから、そういう点でおすすめですね。

 

それから、社会科学の名著は案外いいですよ。

孤独な群衆

孤独な群衆

  • 作者: デイヴィッド・リースマン
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • メディア: 単行本

例えばこの辺は現代社会の教科書に出てくるような名著ですが、

それほどむちゃくちゃ難しいわけでもないのでいい感じ。

 

ビジネス界の名著として、

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

  • 作者: エリヤフ ゴールドラット
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • メディア: ペーパーバック

これがあります。

…実は、私は読んだコトがないのですが(汗)。

 

文学では取り合えず

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

  • 作者: J.K. ローリング
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • メディア: 単行本

これを押さえましょう。

ちょっと長いですが面白いし、話題性もあります。

 

その上で、例えば直木賞とりたての

風に舞いあがるビニールシート

風に舞いあがるビニールシート

  • 作者: 森 絵都
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 単行本

なんかを読んでおくといいですね。

 

…と、話題性ばかりを重視して選んでみましたが、

自分の好きな本を好きなように読めばいいと、私は思っています(笑)。

id:nobita_t

おお、ありがとうございます。

ザ・ゴールは学生の時に教授に読ませられました。おかげでしったかぶりで経営を語れるようになりました。

確かに好きな本を読めばいいというのは僕も思います。学生時代のように時間があまり確保できずに、読む本のジャンルが狭くなっていくせいでいい本とニアミスするのはもったいないなと思って質問させてもらいました。

2006/07/22 14:49:21
id:aiaina No.11

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/07/22 09:37:21

id:nobita_t

ありがとうございます。

こういうジャンルはまだ挑戦してませんでした。未知の領域に踏み込むときのワクワク感はたまりませんね。

2006/07/22 14:50:55
id:whocares No.12

whocares回答回数81ベストアンサー獲得回数92006/07/22 12:58:19

ポイント12pt

割と、いやかなり本好きな20代半ば♀です。

「読書仲間と語り合う」と、「20代半ばとして読んでいて当然」の2つの目的は似ているようで実は違う要件が必要な気がします。

読書仲間=本好き?→趣味はかなり偏りアリ。「俺はミステリが好き!」「えっマジコレ読んでないの!?よかったよ読みなよ!」「春樹はあんまりなー・・・」とかいう会話かしら?

共通して読んでいる絶対的なものはないかも。むしろちょっとマニアックなのを読んでいた方が「おっこいつ読むな…」みたいな。

読んでいて当然→話題の新書?(「国家の品格」とか?)うーん、まぁわざわざ買っては読まないかなー。家にあったら読む、とか。やっぱり自分が読みたくて読むのがいいんじゃないでしょーか。

というわけで!結構皆読んでる&オススメの本(ジャンル問わず)紹介しまーす。

1「ダビンチ・コード」ダン・ブラウン

洋書を読まないワタクシが!それでもとオススメする。いいですよこれは面白い。小説としてはまぁまぁ、というレベルですが、歴史書としては最高です。映画より本です。

2「僕は勉強ができない」山田詠美

私の好きな本ベスト3には入るなぁ~とか思っていたら、昔「文学部慶応生の好きな本ベスト1」とかになってて、ちょっとハラがたった(?)。山田詠美さんはもーコアファンが多いですね!私もその1人。いろいろありますが、教科書にものりそうになった(アホな文部省のせいでボツになった)この本はとても読みやすいし、面白いし、文句なし。これで読書に目覚めた方も多いのでは。

 最近のでは「風味絶佳」。まだ文庫になってませんが、すばらしいですこれも。ザ・エイミーワールド。

3「音楽の海岸」村上龍

龍です!村上の龍さんです!「龍派です」というと「ほーぉ…」と一目置かれること間違いなし(?)

龍さんは、かなりなんというかクセのある本が多いので、入門書はこちらです。私はこれでハマりました。

龍さんのエッセイ集「全ての男は消耗品である」(今ver.6かな?)は極上です。これは勉強にもなります。でも女の子向けかな。

4「東京タワー」リリー・フランキー

泣きたい!泣ける!しかも泣かせようとしていないところがいい!ここまでのロングヒットは単発で終わる感もありますが。

5「悪意」東野圭吾

デビューしたミステリ作家は「東野圭吾のようになれ」と言われる、という逸話があるほど「多作&ハズさない」。もうどれもいいです。出たら買っちゃいます。図書館ではいつも貸し出し中です。ほんとどれもいいんですよー。あえて言うなら!これですかねー。秀逸です。

あ、直木賞とった「容疑者Xの献身」も素晴らしいっす。

話題性でいったらそっちかな。泣けたなあれはー。直木賞の他に、「このミステリーがすごい!」大賞などオフィシャルではないけれどかなり権威のある賞、3冠達成でした。「このミス」はかなりアテになります。大賞を取ったものは読む価値アリと判断してよいかと。

6「龍は眠る」宮部みゆき

もうこの人はすごいですよ!!社会派、長編短編推理、ファンタジー、歴史物、何でもありかよ!そして全部面白いのかよ!!そんなんありかよ!という三村ツッコミ炸裂です。広く深く、ファンが多いです。もうどれをオススメにしようかって悩みまくりました。

宮部と名の付くものにハズレなし。

この本は個人的思い入れもあり、選んでみました。

最近はパソコンで書くので、ものすごーく長くなった、との説あり。(映画で話題のブレイブストーリー、ハードでめっちゃ厚くて上下巻、面白いけど時間かかります、ちなみに映画はハズレです)

だから初期作品から手をつけていくのがよいかと。

こんなところにしときます。

読書はいいですよね。私は昔苦手でした。読書。でもなんかいい本に出会って、そこから広がっていったかんじです。結構そんな人多いかも。義務感で読むとやはり続かないと思うので、好きな本を見つけるのが一番かと。

それでは!

http://home.att.ne.jp/theta/rokujou/list.htm

↑宮部みゆきさんのファンの人のHP。作品リストがあるので参考までに★

id:nobita_t

おお、参考になります。ありがとうございます。

宮部みゆきはいろんな人に勧めてもらいましたがやはり読んどくべきですね。読みかけの作品ばかりでほったらかしになってます。

20代半ばから後半というと村上龍と山田詠美と吉本ばななあたりを一生懸命読む世代なのかな?と思います。僕は高校時代に国語の模試の問題に吉本ばななが出題されていたのをきっかけに、吉本ばななを一生懸命よんでましたが、正直言うとあんまり残ってないです。この世代としては一通り目を通すべきでしょうか。

東京タワーは評判いいですね。読んでみます。

ダビンチコードは映画が酷評されてたのであまり頭にありませんでしたが、読んでみます。

2006/07/22 14:56:52
id:batti55 No.13

batti55回答回数904ベストアンサー獲得回数272006/07/22 16:07:34

ポイント12pt

三島由紀夫 金閣寺

村上春樹 世界の終わりとハードボイルドワンダーランド

ヘルマン・ヘッセ ヘッセ詩集

橘玲 臆病者のための株入門

三島は最後の四部作もいいですし、春樹の初期も捨てがたかったのですが。詩集では上の方も挙げられている賢治もいいですね。橘氏は作家でもあり、株の仕組みとからくりが解りやすく書かれています。

http://q.hatena.ne.jp/

id:nobita_t

ありがとうございます。

三島由紀夫もはずせませんね。金閣寺は読みかけで挫折中です…。

参考になります。

2006/07/22 21:08:45
id:white-e No.14

white-e回答回数31ベストアンサー獲得回数02006/07/22 20:48:06

ポイント12pt

古典は御読みになられますか、個人的に、今私は、明治から現代間の、ちょっとした古典にはまってます。

というのも、古典と言うのは、今使われている言葉や言い回しが違って、読みがらいですが、だらだらした作品は少なく、読んでいて、何これ?。っていう小説が、少ないからです。

明治から現代までの作家で、この2人を特にお勧めします。

芥川龍之介

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4476112064/249-8302071-634673...

*現在、彼の名が付く、日本一有名な小説の賞があるくらいですから、質問の内容に沿ってると思います。

おすすめは、

蜘蛛の糸・杜子春・蜜柑・魔術・アグニの神・羅生門・芋粥・藪の中・・・・・・

など、いちいち、どこのどれが、どのように面白いかなども含めますと、この解答の制限字数など、とうに足りなくなってしまうくらいです。

しかし、どれくらい有名所で、面白いかを分かり易く説明するエピソードがあります。

映画の巨匠の「黒澤明氏」によると、彼は数十年前、この芥川氏の小説から、「藪の中」をベースに、「羅生門」と言う映画を撮られて、外国より多大な絶賛を受けました。

外国人からも理解を得る話、著者の死後より100年以上経っても、読み継がれる話、彼の著書が、密かに多くの人に影響を与えた、偉業の一部を垣間見えます。

大岡昇平

http://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=nb_ss_b/249-8302071-634673...

大岡昇平氏は、太平洋戦争時の、当時の彼の体験を元にした、戦争小説を書かれておられたことで、有名です。

彼は、非常に巧みな文章で、見る人を惹き付けることで有名ですが、彼の「野火」はーーー・・・・・・・・・・・・震撼です。

この文体で、この話をやってくれると、正直言って、・・・やり切れません。

私は小説を比較的嗜みますから、文章の読みやすさからも、その小説が、巧緻であるか、でないかかを、見比べたりもしますが、いくら正確な文章を書く方の物といっても、古典初心者には、やや読み辛いと思われます。(内容が、今人気の小説と比べて、なんというか、、とにかく、頭がついてこないんです。悪い意味じゃなくて、情報が多すぎて。)

芥川氏 → 大岡氏 と、攻略してくれれば、嬉しく思います。

id:nobita_t

芥川ですね。この時期の作家の作品は好きでよく読んでます。上でも挙げましたが、微古典は旧仮名で読むほうが好きなので違和感なく読めます。

芥川龍之介は蜘蛛の糸しか読んでないので他の作品も読んでみようと思います。

大岡昇平は知りませんでした。かなり興味を持ったのでこちらも挑戦してみます。

2006/07/22 21:14:13
id:white-e No.15

white-e回答回数31ベストアンサー獲得回数02006/07/22 21:14:33

ポイント12pt

すみません、彼らの魅力を伝えるために、4人答えるのを忘れていました。本当にすみません。

もう既に、回答に20ポイントも使ってらっしゃるから、二つとも、配点は、1ポイントでも、結構です。

ええ、・・っとですね、おすすめ2人。

ポピュラーなら、この人たちでしょうか。



村上龍

おすすめは、

「愛と幻想のファシズム」

「5分後の世界」

「KYOKO」

「69」

など、

「愛と幻想のファシズム」= ハンターの「トウジ」は、自分一人で物事を判断し、明快な回答と行動を持つ、珍しい若者である上に、一般の人とは違った雰印気を常にかもす、”カリスマ性”の溢れる青年であった。彼は、狩猟の修行にカナダへと行脚していた旅の〆として、アラスカの極北地方へと、車に旅に出ているさなか、インデアンの貧村のバーに突っ伏して泣いている、「ケンスケ」と出会う、「トウジ」は泣いている男は元来嫌いであるのだが、なぜだか、「ケンスケ」に対しては、他人事とは思えず、酔いつぶれた「ケンスケ」を一晩介抱してやる。

聞けば「ケンスケ」は、自殺するために、北極海に来たと言う。しかし、今は夏であるため、雰印気の合わない北極海では自殺できないと思って、バーで酔いつぶれていたそうだ、「ケンスケ」は、日本で大層な金持ちの家の息子であったが、いろいろな経緯があって、日本人という人種がつくづく嫌になり、こんな奴らとはもう暮らしていたくない。と思って、失意の果てに、自殺の道を選んだ。

それは、「トウジ」も納得のいく話であった。

「ケンスケ」は、能力の高く、芸術肌で、出来ないもののない自分を、天才と自称していた。だから、天才の自分が、この物の価値の分からない。人達のために、何かをやるっていう苦しみは、誰にも分かるはずないと、それを「天才の憂鬱」と読んで、「トウジ」に同意を求めた。

すると「トウジ」は、

「お前は天才じゃないよ。俺が保障してやる。」

と突き放す。そう言い放った「トウジ」は煮えぎらない「ケンスケ」に、自殺を促すための、ある試みを試みた。

という出だしの小説で、お勧めです。

他には・・・・・・

寺山修司

http://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=nb_ss_b/249-8302071-634673...


「誰か故郷を思はざる」

「書を捨てよう、街に出よう」

「書を捨てよう、街に出よう」は有名です。

二つあわせて、20P分は書いたつもりです。今では、どれもBooK-Offで100円で買えますから、1000円と根気があれば、いっぱしの、小説マニアです。

id:nobita_t

ありがとうございます。4冊は気にしないでいいですよ。

村上龍は世代的にはぴったりな感じですが読んだことないのでチェックしてみます。詳しくありがとうございます。

2006/07/22 22:51:09
id:ushisuke No.16

ushisuke回答回数114ベストアンサー獲得回数22006/07/22 21:54:52

ポイント12pt

「20代半ばの男」のかた向けということなので、これから3、40年は続く「働く人」としての糧になる…と勝手に判断した書籍から、amazonでそれなりの数のカスタマーレヴューがあるものをご紹介します。

以下は、今後「働く人」として生き残っていくため、ステップアップしていくために何よりも必要になるだろう「思考力」を鍛えるツール(ビジネス書ほか)です。

■『MBAクリティカル・シンキング』グロービス・マネジメント・インスティテュート著/ダイヤモンド社刊

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478490449/249-0461854-699470...

→公私共に欠かせない「論理的思考力」を実践的に鍛えられます。

■『考具』加藤昌治著/ティビーエスブリタニカ刊

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4484032058/249-0461854-699470...

→アイディアを恒常的に出し続ける思考ツールを、具体的に身につけられます。気軽にスイスイ読めますし。

■『失敗の本質』戸部良一 寺本義也 鎌田伸一 杉之尾孝生 村井友秀 野中郁次郎著/中公文庫

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4122018331/249-0461854-699470...

→これから大小多くの失敗を経験しても、それをバネとできるヒントを逆説的に吸収できる書籍です。

…と偉そうに書きながら、私はどこまで活かせているんでしょうか…。

さらに以下は小説ほかから。

■『ながい坂(上)(下)』山本周五郎著/新潮文庫

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101134170/249-0461854-699470...

→主人公の成長を通じて、今一度人生を真面目に捉えるきっかけとして最適だと思います。

■『正史 三国志全8巻』陳寿著/筑摩書房刊

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480080406/249-0461854-699470...

→描かれる人物が実に多種多彩で、人物眼を養うにはもってこいだと思います。

ほかのかたの情報とかぶっていたりしたらスミマセン。

id:nobita_t

三国志は全くノータッチでここまで来てしまいました。多くの人を魅了してやまないのはそれだけの魅力があるんでしょうね。挑戦してみます。

ビジネス系の本は学生の頃に読みっぱなしで生かせてません…。参考にします。

2006/07/22 22:53:49
id:takahiro_kihara No.17

狂人日記回答回数833ベストアンサー獲得回数112006/07/23 01:26:43

ポイント12pt

最近僕が読んで、他人にも自信を持って薦められる書籍は、一部ダブってますが、

「人は見た目が9割」

http://www.amazon.co.jp/gp/product/customer-reviews/4106101378/2...

でも思うんですけど、残りの1割=脳 が

決定的に重要だと思いません?

「99.9%は仮説」http://www.amazon.co.jp/gp/product/4334033415/249-9598978-615716...

従って、安直に「絶対」とか「100%」

などの言葉を使う人の言うことは、

僕は絶対信用しません。

これが論理的に矛盾してる、と思われる方は、こちらをどうぞ。

「国家の品格」

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4106101416/249-9598978-615716...

数学者の立場から、論理の限界について論じている部分があります。


あと二冊紹介します。

さだまさし著「本気で言いたいことがある」

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4106101610/249-9598978-615716...

前出の「国家の品格」と論調が似ています。

ただやっぱり、藤原さんの方が論理的、

さださんの方が感性に訴える内容ですね。

小菅正夫著「<旭山動物園>革命」

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4047100374/249-9598978-615716...

旭山動物園に関する書籍は数多く出されていますが、

おそらく、園長自ら筆を下ろしているこの本に

かなうものはないでしょう。

他にも、ガイドブックは数多く出てますがね。

この本は、そういったガイドブックとは一線を画しています。それだけに、たとえ旭山動物園に行く気がなくても、一読の価値はあります。

こうして書き並べてみると、ダイソーの本がありませんが、

ダイソーの本も、活字が大きく、明治時代の言葉の解説なんかも載ってて、読みやすいですよ。読みたいタイトルがあるとは限らないのが難点ですがね。

id:nobita_t

練った流れで紹介いただきありがとうございます。

国家の品格は賛否両論ですが話題ですね。さだまさしも気になります。

旭山動物園はかなり気になります。出た時けっこう話題になってたのを思い出しました。

2006/07/23 04:20:11
id:takahiro_kihara No.18

狂人日記回答回数833ベストアンサー獲得回数112006/07/23 05:47:07

ポイント12pt

という訳で、一人の人の意見に左右されるのではなく、

複数の推薦がある本から読み始めるのが無難かと。

ダミーです。http://www.f3.dion.ne.jp/~koropo/

id:nobita_t

ありがとうございます

2006/07/23 19:19:17
id:moaizo No.19

moaizo回答回数266ベストアンサー獲得回数62006/07/23 13:16:49

ポイント12pt

読んでいて当然!!というのは難しいですが。やはり歴史に関するものは欠かせないと思います。

というわけで

まず小説から。

・『雄気堂々』城山三郎著

  渋沢栄一を主人公とした歴史小説です。城山三郎は経済学者で

  もありますが、物語としての小説という点でも、いいと思いま

  す。この人の経済小説・太平洋戦争を扱った小説全般ともお薦  めです

・津本陽夢三部作

 『下天は夢か』『夢のまた夢』『乾坤の夢』

 司馬遼を書こうかとおもったのですが、ブームですので。

 津本陽は評判が悪い人には悪いですが、資料などは知識がない人

 は読まなくてもいいのです。それなりに定評がある作家ですし、 信長・秀吉・家康の生涯を描いた歴史小説は欠かせないと思いま した。ちなみに私は津本陽の作品の中では、『天翔ける倭寇』

 なんかも好きですね。

・ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

 自己啓発というジャンルになると思います。私もまだ書いてある

 内容は理解しているとはいえないですが、親に薦められた本なの

 で。勉強の大切さ、働くときの人間関係、お金についてなど、息 子への意見・助言を述べた手紙をまとめた本です

・佐野眞一『渋沢家三代』

 渋沢栄一から渋沢敬三までを書いた評伝です。新書で割合薄く、

 また文章自体も読みやすいと思います。サラッと読みたい人

 にはいいと思います

http://www.amazon.co.jp/

id:nobita_t

おお、ありがとうございます。

知らなかった本や作家さんがたくさん出てきました。誰かに紹介してもらって知らないものに出会うときのわくわく感がたまりません。

司馬遼太郎は小学生くらいの時に、父親の本棚に並んでいたのを読んで挫折してそのままです。それ以来歴史ものとは縁がなかったのでこの機会に挑戦してみます。

2006/07/23 19:22:08
id:brucknerian No.20

brucknerian回答回数119ベストアンサー獲得回数32006/07/24 14:01:54

ポイント12pt

〈デッド・ゾーン〉

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4102193065/249-5323935-664193...

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4102193073/249-5323935-664193...

読んでいて当然…といわれるとちょっとアレですが、スティーヴン・キングなんかいかがでしょう?

キングは外れがなくどれもオススメですが、丁度ドラマ化されている旬なこの作品を。

キングの魅力はストーリーもさることながら、何といってもユーモアセンス抜群の文章そのもの(訳者によって変わりますが)にあると思います。

こんなユーモアセンスが自分にも身につけばなーと読んでいて思ってしまいます。

〈ソフィーの世界〉

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4140802235/249-5323935-664193...

世界で大ヒットし、哲学ブームを巻き起こしかけた(?)ノルウェー発の哲学ファンタジー小説です。

「一番やさしい哲学の本」と言われているように、哲学にある難しいイメージを一切感じさせることなく、哲学の歴史をストーリーで学べるようになってます。映画化もされました。

〈もう少し知りたい人のための「ソフィーの世界」哲学ガイド〉

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4140802588/249-5323935-664193...

これは〈ソフィー〉とあわせて読めば面白さ倍増のガイドブックです。

〈バカの壁〉

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4106100037/249-5323935-664193...

〈超バカの壁〉

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4106101491/249-5323935-664193...

このへんは読まれたかもしれませんが、読んでいて当然と言えばそういえるかもしれません。

〈さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 〉

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4334032915/249-5323935-664193...

これも話題になったので読まれたかもしれませんが、会計学というものが日常にも潜んでるんだなーと感じさせてくれる本です。

id:nobita_t

ありがとうございます。

洋書は本当の有名どころ以外全然わからないので助かります。

バカの壁は話題になったときに話題ついでに読んでみました。さおだけ屋はまだ読んでないです。周りは結構読んでるみたいです。

2006/07/26 02:08:35
id:goldwell No.21

goldwell回答回数502ベストアンサー獲得回数612006/07/27 22:19:31

ポイント10pt

某いわしではお世話になっております(^^)

読書が主な趣味の割には、あえて名作・古典・ベストセラーに背を向け、興味の赴くままに読み潰してきた、ひねくれ者のgoldwellです。

20代半ばの男として「この本は読んでいて当然」というような本

う~ん、学校の教科書ではあるまいし、絶対というものは無いと思いますよ。

大型書店に行って1時間くらいじっくり見て廻って、nobita_tさんのお好きなジャンルで選べれば・・・そんなことを言っていたら回答になりませんね。


では私の読んだ中で定番かと思われる本を挙げてみましょうか。

ただしジャンルが偏っていることはご容赦ください。

【小説】

既に歴史関係では、隆慶一郎・津本陽・城山三郎は出ていましたね。では私はやはり司馬遼太郎を挙げましょう。

  • 戦国時代

『国盗り物語』(斉藤道三の立身から~織田信長の美濃攻略まで)、『覇王の家』(徳川家康及び家康以前の松平家のこと)

国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫)

国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

覇王の家〈上〉 (新潮文庫)

覇王の家〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

  • 幕末

『竜馬がゆく』、『新撰組血風録』

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 文庫

新選組血風録 (角川文庫)

新選組血風録 (角川文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫

  • 日清・日露戦争

『坂の上の雲』(秋山好古・真之兄弟と正岡子規が主人公にして一流国を目指す若き明治国家の日本を描く)

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 文庫


それから『三国志』はまだ興味を持つことがなかったとのことで、吉川英治の『三国志』をお薦めします。

長いですが、初心者でも読みやすいと思います。

脚色は当然あるので、前に出ていた『正史』と読み比べてみるのもいいかもしれません。

三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)

三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫


【小説おまけ・仮想戦記】

佐藤大輔『征途』、『レッドサン・ブラッククロス』

仮想戦記なんてブームの去ったマイナージャンルじゃん、と言われればそれまでですし、粗製濫造の気配もあったことは確かです。

しかし、良作を出している作家も存在します。

佐藤大輔は仮想戦記ジャンルでも五指に入る作家だと評価しております。ネット上でもファンが多いことに気づきます。ただし欠点は遅筆というか、最近は全く続編を出さないことですが・・・(-_-#)。

ちなみに挙げた2作は海外SFやアニメ作品のオマージュというかパロディが多く散りばめられていることで知られています。

征途〈上〉衰亡の国 (徳間文庫)

征途〈上〉衰亡の国 (徳間文庫)

  • 作者: 佐藤 大輔
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • メディア: 文庫

合衆国侵攻作戦―レッドサンブラッククロス〈1〉 (C・NOVELS)

合衆国侵攻作戦―レッドサンブラッククロス〈1〉 (C・NOVELS)

  • 作者: 佐藤 大輔
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • メディア: 新書


【小説以外】

塩野七生『ローマ人の物語』

不思議とまだ出ていませんでしたので。

小説ではなく、歴史書となりますかね。

ローマとは、欧州人の原点であるのだということがよくわかります。世界史の教科書で表面しか知っていなかったローマ帝国の印象が、読んでいく内に次々と裏切られていくのは快ささえ感じます。

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上)    新潮文庫

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫

  • 作者: 塩野 七生
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫


井沢元彦『世界の宗教と戦争講座』

世界で起きている紛争や差別の多くは民族か宗教からみだと言われます。

学校教育では軽視されがちな宗教の対立の構図をわかりやすく説明されています。

根本的なところをざっくりと理解するには丁度よい本だと思います。

世界の宗教と戦争講座 (徳間文庫)

世界の宗教と戦争講座 (徳間文庫)

  • 作者: 井沢 元彦
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • メディア: 文庫

  • id:nobita_t
    goldwellさん、回答ありがとうございます。終了させるのを忘れてしまっていて自動終了されてしまいましたのでオープンしました・・・。いわしではいろいろ助けていただきまして。

    三国志は読もう読もうと思っていましたが、何を読めばいいのかもよくわからないので参考になりました。
    「ローマ人の物語」も興味を持ちました。


    皆さん、いろいろな本を紹介していただきありがとうございました。これでしばらく毎日楽しみに生活できます。またいろいろ読んだら同じような質問をしてみようと思います。
  • id:goldwell
    未オープンで終了してしまった時は、
    ガ━━━━━(;゚д゚)━━━━━ン!!!!
    って感じでしが、オープンされて報われました。回答するのが遅かったからしょうがないですね。

    何か、歴史物ばっかりでしたね。
    歴史物の難点はとにかく人名が多く出ること。
    その点、三国志は、私は高校の頃に漫画から入って、その後に小説へ行きましたので、イメージが掴みやすかったです。

    三国志も、魏・呉・蜀でそれぞれ贔屓があって、ファンもそれぞれです。
    かつて日本で出版されているものは蜀贔屓(いわゆる判官贔屓?)が多かったですが、最近はそうでもないので、漫画も含めて読み比べてみると面白いですよ!
    例えば吉川英治『三国志』は、蜀の諸葛孔明からの視点ですが、『蒼天航路』は、魏の曹操が主人公です。
    http://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=sr_pg_1/250-8796459-2279446?ie=UTF8&keywords=%E8%92%BC%E5%A4%A9%E8%88%AA%E8%B7%AF&rh=i%3Aaps%2Ck%3A%E8%92%BC%E5%A4%A9%E8%88%AA%E8%B7%AF&page=1

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません