昭和天皇の発言メモで話題となっている靖国参拝問題ですが、個人的には中国や韓国が、首相が靖国に参るたびに、がちゃがちゃ言ってくるので、追悼施設を別に作って、そこに参るっていうのが自然だと思うのですが、それでも首相が靖国に参ることのメリットって何なのでしょうか?選挙で右翼か何かからの票をもらってるからなのでしょうか?いつも靖国参拝のデメリットばかりが指摘されるのでデメリットについては理解できるのですが、メリットについてよく分からないので教えて欲しいです。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/07/22 10:25:58
  • 終了:2006/07/22 12:13:40

回答(7件)

id:aiaina No.1

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/07/22 11:09:52

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=113751

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1478368

自分に信念を持っているところが大きいのでしょう

id:doco10

個人的な感情のみで、外交問題まで巻き込んでいるとしたら首相はただのアホではないでしょうか?なにかメリットがなければ、たくさんあるデメットにたいして説明がつかないのでは?ってことでメリットについて聞きたいのです。

2006/07/22 11:42:25
id:YasudaS No.2

YasudaS回答回数351ベストアンサー獲得回数52006/07/22 11:01:18

ポイント35pt

首相を含めて、日本国国籍を有する者に対する信教の自由についてとやかく言われる筋合いはないわけです。

「首相が靖国に参るたびに、がちゃがちゃ言ってくる」...まさにそういう馬鹿げたことを相手にしないと言う憲法上の保障事項への譲歩がないことを諸国に知らせるというメリットがあります。

単純に言えば、「他所から無関係な事で理屈がない要求」を拒絶するという国家としての当然を示し、国としての独立を守るというメリットがあります。

もし、特定アジアのふざけた要求を呑めば、さらなる理不尽な要求(国境侵犯/資源横領/人権侵害)をしてくるのは明白ですので、それらの予防というメリットがあります。

つまり、つまらんヤクザの因縁に屈すると後々まで祟るというデメリットを回避する必要があるということです。

靖国神社に参拝しなければならない/してはならないという立法を行うのは、「日本国人である信教の自由」への侵害を容認することであり、さらなる我々が享受している自由への侵害を許すことになりますので、それを拒否するのは、国として当然のことです。

id:doco10

では、別に行く必要はなかったってことですよね?行ってしまった以上、他国に行くなって言われてやめると次から次へと他の要求まで飲まなきゃいけなくなると。始めから行かなければ、こんなことにならなかったのでは?とも思いますが。

2006/07/22 11:27:45
id:aoun No.3

aoun回答回数276ベストアンサー獲得回数92006/07/22 11:09:55

ポイント25pt

 私もこの件については、何故昔から靖国の案件がかように推移しているのか詳しくない人間の1人ですので、是非私も教えて欲しいと思うのですね。何故かニュースを見ていても、核心的な部分を直裁に言うことが少なかったように思っていました。

 ただ、、先般小泉さんがニュースで靖国について発言していた中に次の一言が混ざっていたのを耳にして、ハタと手を叩き、そうであったか、と思った経験があります。

 「靖国に祭られている人は、国のために戦って命を落とした人だ。若い人も多い。なのにそれが、国家元首の祭祀すら受けず、放置されているようでは、今後の日本がどうなるか分からない。今後はもう二度と、国のために命を落としてまで戦おう、という人がいなくなるだろう」

 つまり戦争というものを、ある程度予見すれば、国体の維持のため、或いは、通常の日本的墓参りとしての常識から言って、参拝しないということは、政治的感覚で言えば有り得ない、という主張や考えを基盤に、非常に長い年月の間、参拝を持続してきたのだろうかなと、私個人はそういうように考えました。

 当然、こういうことを表沙汰立って叫べば、戦争回避、憲法問題、政治家として資質を逆に問われる、などなど、パッと考えただけでも沢山の問題が発生するだろうと、そんな風に考えているのかもしれないなあと、思いました。以上そんなところではないかと思うのですが、実際どうなのでしょうか?。私も、教えて欲しいと考えるところです。

 つまり回答としては、国体維持上、政治感覚上、今後の長期的未来へ残す遺産、というのがメリットかと。実際いかがなのでしょうかね。

id:doco10

なるほど。初めから行かなければ、靖国に行け行けっていう圧力が発生したのかどうか知りたいですね。小泉さんは首相になる前から靖国参拝をしていたのだと思いますが、私は国のために死んで行った人に追悼の念と感謝の念など色々ありますが、靖国に参拝っていうかたちでしかそれを表現できないっていうのが不自然だと思いますが。

2006/07/22 11:34:47
id:Lachesis No.4

Lachesis回答回数77ベストアンサー獲得回数02006/07/22 11:01:56

ポイント25pt

「内政干渉してくんな。」

という意思表示が一番の効果だと思います。

今までは、特に中曽根さん以降が「中国、韓国様の言うとおりに致します、へへぇ」

って感じだったのが少しは変わったのかなぁと。

id:doco10

靖国参拝をして、わざと内政干渉してくんなっていう象徴的なものを作りだしたってことですかね?それとも行った以上、後には引けなくなったのか。前者と後者では全然意味が違いますよね。

2006/07/22 11:38:28
id:JM6JSY No.5

JM6JSY回答回数38ベストアンサー獲得回数22006/07/22 11:19:57

ポイント25pt

財団法人 日本遺族会

日本遺族会に対して靖国参拝を続けると公約しています。

遺族会はそれなりの数の票に繋がりますからそこでメリットが発生します。


ココからはTVやラジオ等で識者の方々が言っていた事を自分なりに解釈した事ですが

公明党創価学会に対する意思表示も有るでしょう。

公明党が口出ししても譲らない部分は譲らないぞ

と言うパフォーマンスです。


あとは本人の信念というか心の問題と言うか

文句を言われてムキになっているだけだと感じています。

街宣車で意味不明なことをワーワー騒いでいる人たちに

「そんな事をして貴方たちに何のメリットがある?」

と聞いてもおそらく「信念」としか返って来ないと思いますが

其れと同じ事だと思います。

id:doco10

なるほど。そういうメリットもあるのですね。

結論は、首相は靖国参拝することにより、

①日本は中国や韓国の要求に対して何でも飲まないぞ、内政干渉してくんなよっていう意思表示の象徴的なものを作り出した。そのことにより、毎年参拝することで、毎年そのことをアピールできる。

②遺族会の票、公明党に対しての意思表示。

などのメリットがあり、さまざまなデメリットに対して、以上のようなメリットが上回るという政治的判断ってことですね。大体分かりました。なんかいつも小泉さんが意地になってるとか、そういう報道が多いので、自分のなかで納得いかなかったのですが、それなりに政治的な判断があるんだということが分かって、すっきりしました。そろそろ閉めます。ありがとうございました。

2006/07/22 11:55:43
id:YasudaS No.6

YasudaS回答回数351ベストアンサー獲得回数52006/07/22 11:36:59

>別に行く必要はなかったってことですよね?

それは、個人の信教に依存することだからね。

信教上の必要は、個人の判断に属する事であって、他人がとやかく言う必要がないし、詮索も無用。

行った人は、いくべきだと考えて行ったわけですから、「必要」はあります。

その必要があなたにとってどういった理由であるべきかは、まったく関係がないということです。

あなたは、明日、パンを食べるべきで米の飯は食う必要がない..といった程度のことです。

id:doco10

いや、私人としては確かに他人になんにも言われる筋合いはありませんが、それだけで国内外に波紋を広げる問題を、首相が引き起こしているには、それなりの理由(メリット)があるのでは?という意味です。

2006/07/22 12:10:09
id:STARSIA No.7

STARSIA回答回数63ベストアンサー獲得回数22006/07/22 11:55:04

ポイント10pt

小泉首相も政治家の端くれですから、当然、選挙のことは考えています。総裁選に立候補した際に「靖国参拝」を公約にしたのは、右翼というよりも、遺族会からの票を取り込むためでしょう。100万人程度はいますからね。参拝すれば、彼らの投票行動に直結するわけです。これは比例区の組織票として、無視できない数字と思います。

本来なら、中韓が騒がないように、A級戦犯の分祀とか、対策立てればいいんでしょうけど、そこでも、遺族会の意向が気になって、思い切ったことが何もできないのでしょう。遺族会の役員には、国会議員も多数おりますし。

心の問題とは言いつつ、根底にはそういう「政党の事情」もあるのではないでしょうか? 小泉首相が首相就任前に、積極的に靖国に参拝したことが無いことからも、「俄か靖国信者」のように思います。

とはいえ、個人的には、中韓の内政干渉っぽいナショナリズムを煽る人たちの行動が報道されるたびに、「また騒いでいるよ・・・」と悲しくなってきます。彼らの要求を1度飲んでしまうと、次にさらなる要求が待っています。絶対に妥協してはいけない問題です。

  • id:YasudaS
    あああ、この人はまた勘違いを....

    >私人としては確かに他人になんにも言われる筋合いはありませんが、それだけで国内外に波紋を広げる問題

    問題としているのは特定アジアだけで、しかも、それを問題とする理由は特定アジア側にあるのですよ。

    >私人としては確かに他人になんにも言われる筋合いはありません

    もっと卑近な例にしてみるとわかると思うのだけどね。

    お米が好きなコーヒー好きの青年に対して、麦作農家も兼業しているコーヒーショップの店長が「米を食うな、小麦の消費を増やすパンを食え!朝飯の米の飯を止めてパンにしろ」と言っている。

    こういったことを、特定アジアが言っているにすぎないということなんですけどね。しかも、その青年は、米作農家の皆さんと以前ケンカをした時に、仲直りとして決めたこと「お米のご飯を食べる(信教の自由を含む憲法を持つ)」という約束をしていて、その時に麦作農家の人も知っていて立ち会ったという経緯があるんですね。つまり、後から自分も立ち会った約束をあとから無茶苦茶な言いがかりで曲げさせようとしているわけです。

    麦作農家の人があまり無茶を言うと米の人が怒るかもね。
  • id:doco10
    特定アジアが言いがかりをいってることは分かりますよ。ただ、ガチャガチャ言ってくる事は容易に予測できたわけで、首相が全ての行動を意味あるものにしなければいけないっていう事もありませんが、靖国参拝にはどういう意図があるのかなってことを聞きたかっただけです。参拝は首相の信念、思想であり、政治的な意図がなければない、ただそれだけのことです。
  • id:maxthedog
    (一度コメントしました、無駄に長くて質問とそれた感じだったので、ちょっと訂正しました。)

    首相の靖国参拝にどういう意図があるかについて言えば、「国のために戦って命を落とした人に国民が敬意を払うようにしよう」という、普通のことを普通にするために国の代表がその範を示しているとい事だと思います。そしてそれは、「自分の国は自分で守ることが出来るようにしよう」とする当たり前のことを当たり前にするための基礎となるものです。

    この時に、「戦没者のために敬意を払うのに靖国に参拝しなくても他のやり方がある」とか、「自主的に防衛を出来るようにすることは日本が再び戦争することにつながる」と言った国内外の意見も出てくると思います。しかし、国のために命を失った人を敬ったり、自分の国を自分で守ることに対しては異を唱える人がいないはずです。しかし、その当たり前のことを日本はこれまで素直にすることも語ることも出来なかったわけです。これは、前の戦争について思想的な総括を行って来なかった日本の宿題です。この部分については戦後処理が済んでいないのです。少なくとも、靖国への公式参拝は首相ごとにバラバラの態度を取ってきたために国としてのコンセンサスを作ることが出来ませんでした。そして、防衛に関しては米国に主導された憲法と安保体制の中で、日本が自主的に自分の国を守ると言うことについて考えることが出来ませんでした。

    小泉首相に参拝する意図があるとすれば、それはそういった議論を国民がするように喚起すると言うことかもしれません。彼にとってメリットは、日本が思想の戦後処理を何十年もしてきた先延ばし状態に区切りをつける切っ掛けを作ることは、首相としては業績として記憶されるところとなることです。靖国のことや防衛のことを国民が議論を尽くして方向を決め、その結果についてはそれから未来の国民が負って行くことになりますが、ともあれ、先延ばし状態から脱却することは非常に大きい意味を持つことだと思います。

    doco10さんの先祖にえん罪だったか本当にそうだったかはっきりわからないけど有罪と判決された人がいたとして、他の先祖と一緒にお墓に入っていたとします。そして隣人が「お前の先祖には犯罪者がいるのだから、そんな奴が一緒に入っている墓にお参りするお前の家はけしからん」としつこく言っているときに、家長であるお父さんが「いや、それは我が家の考えがあるから、お隣さんに指図される筋合いはない」と言ものの、お母さんが「お隣さんと関係が悪くなるのは嫌だから、お墓参りはやめましょうよ」といい、ある年はお参りに行きある時は行かないをずっと繰り返してきた状況をどう思いますか? doco10さんは「この状況は不自然だから、家族で一度話し合ってどうするかはっきりさせないと、お隣さんにどういう態度を取ったらよいかわからないよ。だし、こんなぐずぐずしてる家族は嫌だ!」って言いたくなりませんか? その時に「犯罪者の先祖が入っていない慰霊塔を建てて、そこにお参りするのは自然だからそうしようよ」という今の意見をぶつけるのもいいとおもいます。
  • id:aoun
     日本独自のあり方であるところの、タマムシ色の解決、ですね。確かに、逆に言えば、たまむし色の解決に関しても、今後50年100年の間において、異民族である韓国や中国などの国家に対し、彼らからのリフレクションとして、それが、吉と出ていくのか、凶と出ていくのか、
     そういう問題点については今後国際情勢の変化に従って、どんどん出て来るんじゃないのかなと、思いますね。
  • id:YasudaS
    >ガチャガチャ言ってくる事は容易に予測できた

    えーとですね、他の事でもガチャガチャ言っているわけですよね。国境しかり、資源しかり、民主化しかり、在日問題しかり、補償問題しかり...
    そう言った、言いがかりを付けてくる連中には付けさせて無視していればよいだけのことですよ。
    奈良の引越おばさんみたいに迷惑なら、戦争なり経済なり政治なりで静かにさせればよいだけです。
    なにも、ヤクザチンピラの類の言うことを聞く必要もないし、聞けば聞いたであとからさらになにくれと因縁つけてくるわけですよ。きっぱり断ることで決着の道筋が出来上がる訳です。
  • id:u1p
    こういう事で遠慮しちゃって自分らが悪いのじゃないかな、遠慮しなくちゃ伝統なんて忘れ去って…って思うのは日本人的、なんでしょうねぇ。
    少なくとも特定アジアの文化ではないな。

    日本人の美徳に付け込んで、その日本人としてのアイデンティティをも崩壊させようとはなかなかのものだと思います。

    もっともそれを初等教育の頃から根付かせ、より一層強化してきた、日教組の努力も忘れてはなりませんが。

    苦笑

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません