土用丑の日の言葉の由来を教えて下さい。書きに某サイトで検索した内容を添付致しますが「土用」の意味がわからず理解できません。是非とも基本的な内容からご教示願います。


(以下)
土用の丑の日(どようのうしのひ)は、土用の間で日の十二支が丑である日のこと。
『夏の土用の丑の日は、暑い時期を乗り切る栄養をつける為に、鰻を食べる習慣がある。 土用入りの日が~』

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2006/07/24 00:46:01
  • 終了:2006/07/24 01:09:40

回答(3件)

id:tomotaka0310 No.1

tomotaka0310回答回数267ベストアンサー獲得回数112006/07/24 00:49:59

ポイント60pt

http://www2.health.ne.jp/word/d4015.html

土用とは、立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間のこと。その中で十二支が「丑(うし)」の日を、土用の丑の日という。とくに夏の土用の丑の日が有名で、暑さを乗り切るためにウナギを食べる習慣がある。ちなみに土用の丑の日にウナギを食べるようになったのは江戸時代のこと。平賀源内がはやらないウナギ屋に相談され、「本日 土用の丑の日」と看板に書いて貼り出させたところ大繁盛したのがきっかけと伝えられている。

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 TomCat 5402 5145 215 2006-07-24 00:57:18
2 batti55 904 857 27 2006-07-24 01:05:56

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません