カルピスの「インターバランスL-92 濃縮タイプ」という製品があります。

http://www.calpis.co.jp/interbalance/spec03.html
この製品、「乳製品乳酸菌飲料(殺菌)」ということで、乳酸菌は殺菌されているようです。


「毎日飲んで、食べて 楽しい「貯菌生活」を送りましょう。」
「ご家族の健康習慣におすすめです」
などと書かれていますが、殺菌された乳酸菌飲料を飲んでも体内の乳酸菌は増えるんでしょうか?
もしくは他に健康に良いことがあるんでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/07/30 22:59:17
  • 終了:2006/07/30 23:23:40

回答(4件)

id:paffpaff No.1

paffpaff回答回数430ベストアンサー獲得回数122006/07/30 23:07:40

ポイント27pt

http://www.eva.hi-ho.ne.jp/kenwood/nandemo/manuke49a.htm

「乳製品乳酸菌飲料(殺菌)」という表示の件ですが、

「カルピス」や「アミールS」は牛乳を脱脂し、

当社独自のカルピス菌(乳酸菌と酵母の共生体)で発酵・熟成させます。

この後、加熱殺菌をしてから容器に充填するため、

乳酸菌は死滅しています(そのため、常温流通が可能となっています)。

 しかし、乳酸菌は死んでいても、その効用は残っています。

つまり、発酵・熟成作用により乳酸菌がつくり出した

有効成分(ラクトトリペプチド)や乳酸菌の菌体(からだそのもの)は

殺菌しても残っていますので、

乳酸菌は必ずしも生きていなくても、その効用はあります。

ということらしいのですが。

id:nishik

なるほど。「健康には良い」のですね。ありがとうございます。

しかしこの製品、ホームページには

「L-92 乳酸菌配合」とか書いてます。。。誇大広告っぽい気も。

#死んでても「乳酸菌」が入ってることには変わりない?

2006/07/30 23:15:56
id:daikanmama No.2

daikanmama回答回数2141ベストアンサー獲得回数822006/07/30 23:13:54

ポイント27pt

乳酸菌は生きて腸に届くことが重要とされていましたが、最近では、乳酸菌の生死に関わらず、ヒトの腸管免疫系に作用し、多彩な生理機能を発揮することが明らかになってきました。

http://hokenyakuhin.com/news.htm

乳酸菌が生きているか否かに関係なく、その乳酸菌自体の成分や発酵により作り出された生産物が、抗腫瘍、血圧降下、血液中のコレステロール低下、免疫作用の活性化などの効果を示すことが注目されているのです。

http://www.mayeda-sangyo.co.jp/sp/lactic.html

殺菌されていても、何となく健康に良いことはありそうですね。

id:nishik

ありがとうございます。

乳酸菌が生きていても、どうせ胃でほとんど死ぬのだから、殺菌されててもどっちでもいいのかもしれませんね。

2006/07/30 23:20:19
id:aiaina No.3

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/07/30 23:14:57

ポイント26pt

http://www.hanakowest.com/kenko/13hn/index.asp

こちらご参考にどうぞ

id:nishik

ありがとうございます。だんだん分かってきました。

2006/07/30 23:23:25
id:ilbisonte No.4

ilbisonte回答回数148ベストアンサー獲得回数52006/07/30 23:20:40

ポイント10pt

乳製品を使用して作る「乳製品乳酸菌飲料」な為、使用している乳製品(=牛乳など)について殺菌しているということです。

ちなみに、牛乳も殺菌してスーパーなど消費市場に出されています。

パックに明記されています。

よって、添加の乳酸菌は生きています。

http://www.calpis.co.jp/interbalance/spec03.html

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません