【靖国問題に関して】

いわゆるA級戦犯者合祀問題に関してなんですが、分祀論の中でなぜA級戦犯者の合祀のみが議論で取り上げられているのでしょうか。「人道に対する罪」を犯した(とされている)C級戦犯者が合祀されていることをむしろ問題として取り上げるべきであると思うのですが。

仮にA級戦犯問題が分祀という形で解決したとすると、問題がB級戦犯に移り、そして次はC級といった形でどんどん議論のすり替えが行われていくんでしょうか。

それとも根本的に分祀論者の中ではA級戦犯者だけが問題であり、B級、C級に関しては特に「問題である」という認識はされていないんでしょうか。

意見をお聞かせください。

回答の条件
  • 1人20回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:2006/08/01 01:00:39
  • 終了:2006/08/08 01:05:02

回答(58件)

ただいまのポイント : ポイント136 pt / 200 pt ツリー表示 | 新着順
すみません、論点を拡散させて申し訳ありませんが……。 ElekiBrain2006/08/04 07:28:27ポイント6pt
>それは戦争に突入せざるを得ない状況をつくった近衛内閣からはじまる一連の政治的判断ミスを含めての事かと思っています。 http://q.hatena.ne.jp/1153475160 上記URLのコメント欄、kumonoyouniさんの発言を一部抜粋させて頂き ...
大東亜戦争に至る経緯について kumonoyouni2006/08/07 20:45:50ポイント2pt
どこに返信しようか迷いましたが、今回ここへ失礼いたします。 私も全て目を通せておりませんが、 「大東亜戦争 研究室」 http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2687/home.html はご参考の一つになるかと思います。 ■ 戦史  ...
「大東亜戦争」という表記について goldwell2006/08/08 01:03:45ポイント1pt
2番目のリンクは以前私も読みましたけれど、「戦争を肯定する軍国主義者による呼称」みたいなレッテルが貼られて久しい気がします。 でも、日本国家としては、こちらが閣議決定を経た正式名称なんですよね。 しか ...
立証できます? すだこふつ2006/08/04 13:27:03ポイント3pt
http://www.history.gr.jp/~showa/232.html こういうご意見のことですね。 個人的にはWTOもなかった時代の保護関税に文句つけても詮無いことだと思いますし、まともな報復関税一つ打てなかった貧乏人の僻みにしか聞こえません。 ...
ちょっとちょっと(笑) ElekiBrain2006/08/04 18:07:54ポイント2pt
>この件で日本の無罪を主張したいのなら―― >日本の行動が正しい行いだったと言い切る自信―― 別に日本の100%の正当性を主張しようとして言ったんじゃないんですけど。 ただ、ちらとそういう話を読んで、「こ ...
え~と すだこふつ2006/08/04 22:01:37ポイント2pt
>日本はかつて、現在の北朝鮮のような国であったと考えればほぼ正解なのでしょうか? http://ja.wikipedia.org/wiki/ABCD%E5%8C%85%E5%9B%B2%E7%B6%B2 一般的な説明。 http://www.jacar.go.jp/nichibei/detail/index.html 当時の公文書。 >> 日本 ...
多少間違いがあったのは認めます。 ElekiBrain2006/08/04 22:33:33ポイント1pt
アメリカ政府が公式にそのようなことを行ったという話は確かに聞きません。良く文章を確認するべきでした。 しかし、この質問内での 「連投失礼致します。」 のスレッドに、あるリポーターの話を書いてあります。 ...
一番わかりやすいのが nobita_t2006/08/04 09:11:04
アメリカの対日石油禁輸など、アメリカ・イギリス・中国・オランダによる対日経済封鎖であるいわゆるABCD包囲網を突破するためには実力を行使するしかない、という形で太平洋戦争へ突入していった、と高校日本史で習 ...
A級戦犯と【世襲議員】との関係が問題点を曖昧にしてるのでは?! takokuro2006/08/07 02:21:29ポイント2pt
A級戦犯で死刑にされた人、又、ソ連の社会主義革命が次第に広まる中、GHQの方針が大きく転向され、日本を社会主義からの防波堤につかおうという戦略で、一旦、A級として逮捕されたにもかかわらす、無罪放免、GH ...
「いわゆる「富田メモ」について」 坂 眞 さんのブログより k3182006/08/07 06:31:03ポイント1pt
 坂 眞 さんのブログのなかでのご指摘です。    富田朝彦・元宮内庁長官(故人)が残していたとされる、 「昭和天皇のご発言メモ」に関しては、 どうやら 「故・徳川義寛侍従長のメモだった」というのが真相の ...
  歴史上の事実を正しく理解して、認識の誤りを正すことです。 FireBird2006/08/02 20:10:01ポイント4pt
   中国共産党と中国共産党に隷属する国は、 A級の次はB級、C級、一般の英霊達へと、 結局はすべての日本人が悪いのだという展開をおこなって、 日本人は過去の争いについての永遠に謝罪しつづけて、 ODA ...
困難 retorin2006/08/02 21:14:38ポイント2pt
中国と韓国が日本を悪者扱いするのは自国内の政治、経済の不安定さに国民の目を向けさせないための政治戦略です。 それらが安定してきても悪者扱いしていたものをいきなり『実は悪者ではありませんでした』なんてい ...
「中国の深化する矛盾と激化する敵意」 坂 眞 さんのブログより k3182006/08/06 20:17:13ポイント1pt
坂 眞 さんのブログの中でのご指摘です。   「権力者は、体制の内部矛盾が深刻化すると、 必ずそれを逸らすために外部の敵を求める。 その恰好の相手が日本であり、その象徴が「靖国問題」なのである。」   「今 ...
私と同じ考えの人がいた。 ライ_タソ2006/08/02 20:54:56ポイント2pt
 小林よしのり氏の著作はギャグ漫画から政治、歴史まで(最近これ)あるので靖国問題に関してどんな本を読めばいいのか書いておきます。 ISBN:4344001311:detail なぜ日本のマスコミはこぞって靖国に反対でいつまで戦争責 ...
小林よしのりさん の次の本も読むと より深く理解できます。 FireBird2006/08/05 08:11:01ポイント1pt
    小林よしのりさんの本を読むと正しい歴史認識を得ることができます。   ISBN:4877282432:detail ISBN:434400356X:detail ISBN:4093890552:detail ISBN:409389051X:detail  
昭和天皇のお考えは全く違うはずです miharaseihyou2006/08/01 21:07:52ポイント7pt
独白の中の松平うんぬんの件からも推察できますが、参拝はこの場合、臣下の屋敷などへの行幸と同じ範疇の行為でしょう。御心に背き戦火を拡大させ国家に損害を与えた臣下を、別の臣が陛下に断り無く勝手に神として祭 ...
ちょっと書かれている内容が理解しかねるのですが goldwell2006/08/04 01:23:15ポイント3pt
「 昭和天皇のお考えは全く違うはずです」なんて聞くと、戦前の陸軍・皇道派将校みたいですね。 例えどんな立派な考えであろうと、「陛下の考えは○○である。だから●●でなければいけない」 なんて言動こそ昭和天 ...
自由民主主義と平和主義は尊く正しいです。 FireBird2006/08/05 03:17:05ポイント1pt
   自由民主主義と平和主義は正しいです。 それらが意味するものはとても尊いものです。   共産主義・社会主義や軍国主義には 言論の自由がありません。 共産主義・社会主義や軍国主義を望む人は そういう国に行 ...
当時の空気を味わってもらいたい miharaseihyou2006/08/04 23:38:40ポイント2pt
最近の言い方で翻訳すると「昭和天皇は敗戦処理および国家再建、平和国家の建設に大きく貢献された」ということです。メモの真偽はともかく参拝を中止された公人としての意思は明確です。そして絶対平和主義とでも言 ...
昭和天皇のことまで議論を広げるのは望むところではないですが・・・ goldwell2006/08/05 12:50:23ポイント1pt
>> 「昭和天皇は敗戦処理および国家再建、平和国家の建設に大きく貢献された」 << それはわかります。 昭和天皇ご自身は一貫して戦争の回避を望んでいたというのは有名な話です。 昭和20年8月9日に結論が出ない御前会 ...
この発言は 藤尾元文相が参拝を中止した理由を述べた発言の可能性があります FireBird2006/08/03 19:57:19ポイント3pt
   この発言は 藤尾元文相が参拝を中止した理由を述べた発言の可能性があります。http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1715328 http://oiradesu.blog7.fc2.com/blog-entry-1359.html   産経新聞だけが 他社に惑わされることな ...
日経新聞は どう具体的に検証したというのか k3182006/08/06 08:34:13ポイント1pt
あのメモの部分だけを見て検証したという歴史学者がいるようです。 http://www.youtube.com/watch?v=Nx8P_RPJtxc&eurl=http%3A%2F%2Fvideo%2Eqooqle%2Ejp%2F%3Fv%3DNx8P%5FRPJtxc%26title%3D%25E3%2583%25A0%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259606%252F8%252F3%25E3%2580%2580
どうなんでしょうねぇ nobita_t2006/08/03 23:29:51
私は今回の昭和天皇のメモに関しては正直言うと「昭和天皇がA級戦犯合祀に不快感だって?ふーん」程度にしか思ってませんでしたし、天皇のこのような発言に世論が左右されるべきでは断じてないと思っていますので、 ...
「A級戦犯」を始めとする戦犯に関する認識 goldwell2006/08/04 01:39:47ポイント3pt
ちょっと思ったんですが、この中で学校教育で極東軍事裁判やA,B,C項目戦犯のことを習った人っています? 私自身、2次に渡る世界大戦のことをきちんと授業で教わったかどうかも曖昧で、ま ...
納得です。 ElekiBrain2006/08/04 07:02:22ポイント3pt
まさに、学校教育ではこういった話は皆無ですね。 特に地元広島ではさも日本国が悪いかのような教育。極東裁判のことについては軽く触れただけ。 私は極左ではないため、アメリカの国民には一定の理解を示しますが ...
中学校社会の現状 nobita_t2006/08/04 09:03:56
以前、ダイアリーで中学校の歴史教育についてチラッと書いたことがありました。 こちらのアンケート([http://q.hatena.ne.jp/1147945365])を元に、思いつくままに書いたダイアリー([http://d.hatena.ne.jp/nobita_t/20060531#p1])。 歴史 ...
(゚ー゚ )(。_。)(゚ー゚ )(。_。)ウンウン goldwell2006/08/05 10:17:39ポイント1pt
歴史教育と言えば、Nekomanmaさんの記事は読み応えがあって、考えさせられることが多かったですね。 っていうか、あの時のコメントでnobita_tさんの名を見ていたことを、こちらを見るまですっかり忘れていた私。 http://d.hat ...
「A項目該当者」=「政治犯」、連合国側の戦争責任を回避するスケープゴートということ TomCat2006/08/01 01:17:36ポイント17pt
A項目は極めて政治色の強い罪状として設定されたものなんですよね。B項目とC項目は、なにも連合軍が裁かずとも、本当にそういう罪を犯した者がいたならば、 ...
政治的に利用ですね nobita_t2006/08/01 01:38:50
ありがとうございます。 国際軍事裁判所規約を見ると確かにA級戦犯だけが政治色が色濃く出ています。 そうであるなら、なおさら国内でA級戦犯者に対してのみこのように風当たりが強いのがどうも解せないのです。有体 ...
A級には、戦争を回避できる権限があったにも拘らず、国政を大戦へ進めた責任ではないでしょうか? takokuro2006/08/03 06:08:01ポイント1pt
B・C級は国の政策で鼓舞されたナショナリズムに 踊らされた人々、、という恩情があるのではないでしょうか?? B・Cには戦争回避したり、戦争否定して入隊を断ることも出来なければ、 仕事でアンチ・ナショナ ...
日本政府が米国の傀儡に成り下がっているからです TomCat2006/08/01 02:22:43ポイント4pt
なぜ日本自身が戦勝国押しつけの政治犯を悪者にし続けるかと言えば、日本の政府が米国の傀儡に成り下がっているからです。「分祀」だ何だと騒いでいる政治家は、ただ米国に媚びを売っているわけですよ。日本がそうい ...
分祀問題について、とりあえずここへ返信させてもらいます kumonoyouni2006/08/02 19:12:07ポイント2pt
>仮にA級戦犯問題が分祀という形で解決したとすると、問題がB級戦犯に移り、そして次はC級といった形でどんどん議論のすり替えが行われていくんでしょうか。 >それとも根本的に分祀論者の中ではA級戦犯者だけが問題 ...
リンク先、拝見しました goldwell2006/08/04 00:58:07ポイント2pt
まだまだ私も勉強不足ですが、この件については、事実や言葉の意味を正しく把握することが何よりも重要だと思います。 マスコミの報道を見ていると、過去の経緯には触れずに、現状の一部分のみで判断して論じている ...
歴史認識からはじまる靖国神社問題についての個人的見解 kumonoyouni2006/08/04 18:17:50ポイント1pt
こちらも興味深い内容が書いてましたのでご参考まで http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/tyousa01/nanking1.htm 私もまだまだ勉強不足の身ですが、おっしゃるように事実や言葉の意味を正しく把握することは大切だと思います。 そし ...
人道に対する罪は問われていない gakuyo2006/08/01 02:04:47ポイント3pt
http://ja.wikipedia.org/wiki/BC%E7%B4%9A%E6%88%A6%E7%8A%AF 今回、調べてみるまで私も知らなかったんですが、ウィキペディアによれば、極東軍事裁判において、A項(平和に対する罪)⇒A級ですが、C項(人道に対する罪)は日本の戦 ...
勉強不足でした nobita_t2006/08/01 03:01:55
当該wikipediaの項目にしっかり目を通していませんでした。しかし「C項は、日本の戦争犯罪には適用されていない」の意味がいまいちよくわかりません。「日本(という国家として)の戦争犯罪」なのか「日本(国民)の戦 ...
それは「B・C級」と該当項目が曖昧にされているからでしょう TomCat2006/08/01 02:45:22ポイント1pt
http://ws.31rsm.ne.jp/~toolware/history/history51.html >> 戦争犯罪人に対する追及は、B級(捕虜虐待)C級(非戦闘員の虐殺、及び人道に対する罪)共に、国内、国外においても行われ、920人が処刑された。 << どうもB項目C項目 ...
逆に問題にしないほうが良いのでは? retorin2006/08/01 01:49:09ポイント11pt
C級を問題として取り上げるのは日韓、日中関係で不利になるのではないでしょうか。相手の国民感情を逆立ててしまいそうです。
B項目、C項目は連合国も同罪ですからね TomCat2006/08/01 02:07:26ポイント8pt
軍規違反や人道に対する罪を問題視すれば、少なくとも民間人を標的にした米軍の各地への大空襲や原爆投下は、絶対に罪を免れなくなります。だからB・C項目に関しては、誰も何も言えないんです。だからお互い事なかれ ...
そりゃそうですが・・・ retorin2006/08/01 02:31:22ポイント7pt
戦争は人を殺すのがあたりまえですからこまごま言っていたら兵士は全員犯罪者になってしまいますからね。 本当に戦争を根絶しようなん政治か居るわけがありません。というか、戦争を根絶できるわけがありません。 ...
結果を結果として受け止めることも必要かな nobita_t2006/08/01 03:11:33
確かに、最初から民間人を狙ったわけではなく主要施設を絨毯爆撃をするしかなかったのだから仕方ない、という理屈は理解できますが、民間人を大量に巻き込んでしまったという結果は受け止める必要があります。その時 ...
違いますよ TomCat2006/08/01 03:04:34ポイント5pt
>> これは少し違いますね。現代のようにピンポイント爆撃ができないので主要施設を攻撃しようとすると絨毯爆撃をするしかないわけです。 << これは明らかに間違いです。都市に対する絨毯爆撃が大量の民間人を巻き添 ...
無差別爆撃は合法だったんですよ すだこふつ2006/08/01 12:27:37ポイント1pt
ハーグ陸戦条約や1928年のジュネーブ条約は陸戦や海戦に関する条約であって、第二次世界大戦当時空戦に関する国際法は存在していませんでした。 1922年に空戦に関する条約も作ろうとしたのですが結局成立せず、都市に ...
難しいところですね retorin2006/08/01 03:42:28ポイント2pt
爆撃についてはゴチャゴチャしそうなのでおいといて・・・ 世界で行われている戦争や紛争がいくつあるかご存知ですか?私が知ってするだけで10以上、その原因のほとんどが宗教と民族問題です。宗教や民族なんて単一 ...
宗教戦争という図式は日本風の誤解に過ぎません TomCat2006/08/01 04:45:18ポイント2pt
いやいや、これは逆なんだと思いますよ。日本的な価値観で考えてしまうと「宗教的アイデンティティを賭けて戦っている」と誤解しがちですが、あれは民族=人種ではない地域における利害の単位を表す時に「宗教」とい ...
それは解っているうもりです retorin2006/08/01 10:05:20ポイント1pt
上の方々はそうでしょうが末端の者達はそうではありません。利害関係で簡単に人を殺せるほど人間は出来ていません(湾岸戦争後の兵士のPTSDなどが例)。愛する家族を失った者は復讐を望むのが普通です。憎しみほど人 ...
ありゃ nobita_t2006/08/01 03:21:38
>標物が国際法上合法であるという論法で行為の合法性までは立証できない そうなんですね。しゃべればしゃべるほどぼろが出るので、私はひっこんで保身を図ります…。
ああ、ごめんなさい TomCat2006/08/01 04:24:45ポイント1pt
ちょっと書き方がきつかったかもしれません。ごめんなさい(^-^; でも実際、米軍側から言わせればそういうことなんですよね。そしてそれと全く同じ論法がを今まさにイスラエルが言ってたりするものですから、もーお前 ...
これは……やはり日本人は魂まで持ってかれたということなのですね。 ElekiBrain2006/08/01 02:12:33ポイント2pt
結局穏便にアメリカの機嫌を取る一環としてこういった話があったのですね。分かりやすい説明、ありがとうございます。怒りが収まるはずもありませんが。 ※質問内容に怒って反発してるわけではありませんよ。念の ...
本当に「A級」を問題にしているのは米国ですから TomCat2006/08/01 03:16:45ポイント1pt
ブッシュさんもうまいことやってるわけですよ。中韓の反発のせいにさせておけば、反米感情を持たれずに自分の都合が通せるわけで。ま、中韓も利用されてるわけですよね。世界に冠たる米軍を支えるために。   特に ...
悩ましいところです nobita_t2006/08/01 01:58:25
A級戦犯だけが問題になるのも戦勝国の言いなりになってるような気がしますし、かといってC級戦犯を取り上げると確かに中韓との絡みが出てきてややこしいですね・・・。
言葉の響きの問題? retorin2006/08/01 01:19:56ポイント3pt
TVウケを狙っての事ではないでしょうか?A級というといかにも凄そうな感じがしますから
それがけっこうポイントのような気が・・・ nobita_t2006/08/01 01:31:52
[http://q.hatena.ne.jp/1153396736:title=goldwellさんが行ったアンケート]によると、実に4人に一人しか「A級戦犯」の意味を正しく理解していないという現状です。 何かわかりませんが、言葉の響きをうまく利用しようという作為的な ...
たしかに harumomo20062006/08/01 18:30:56ポイント1pt
A級戦犯という言葉の響きは大きいですね。 いかにも特別悪い犯罪者のようなイメージがありますよね。
連投失礼致します。 ElekiBrain2006/08/01 01:27:20ポイント3pt
私の地元は広島です。私はあの惨めな姿を晒す、平和の象徴・謝罪の象徴としての原爆ドームを見るたびに、真の虐殺者は誰であったかを考えます。真の殺戮者はアメリカであり、その考えは今も醸造されています。広島で ...
米の良いところ tk_news2006/08/01 05:20:45ポイント1pt
僕も長いものには巻かれろ的な考えでアメリカに追随するのは好まないのですが、 アメリカの強みは、アメリカは多様性の国だから、ビル・ゲイツや スティーブ・ジョブス(だったっけ?)みたいな天才を生むんです。 ...
勝者の論理 nobita_t2006/08/01 01:47:30
歴史が勝者によって作られていくのは幾多の戦争の歴史を見ても明らかですね。 私も原爆ドームと資料館に行ったことがあるんですが、たまたま観光に来ていたらしき欧米人が破壊された広島の町の写真を見て軽い口調で ...
そもそも東京裁判で戦犯の判決が下ったことがおかしいのでは ElekiBrain2006/08/01 01:05:36ポイント1pt
戦勝国の勝手な決めつけというヤツです。 このことは多くの場所で飽きるほど議論されてますので、私が偉そうに語れるわけではありませんが。
  • id:kumonoyouni
    最後にコメント失礼します。

    goldwellさんおっしゃるように表記としてはどっちでもいいと私も思いますが、歴史を振り返るうえでは避けて通れないのではないかと思って書いてみました。

    個人的な見解としては「太平洋戦争」という呼称に関しては、ここでも連合国側(主にアメリカ)の思惑が見え隠れしているようにも感じました。
    ・「降伏後」に名前を決めたというのがポイント。
    ・日本が行なったのは侵略戦争であった点は否めないと思いますが、当時彼らがアジアに対して行なおうとしていたのも侵略戦争だった。
     (例:http://yokohama.cool.ne.jp/esearch/kindai/kindai-hokusin.html
        http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E6%BA%80%E5%B7%9E)
    ・アメリカとしては真珠湾攻撃をおこなった日本こそ卑怯者としたかった。
     またロシアへの終戦交渉を無視させ、原爆の効果を試したうえで自国の力を誇示したかった。
    ・極東国際軍事裁判(いわゆる東京裁判)において勝者が一方的に敗者のみを裁いた
    などがあって「大東亜戦争」という呼称を残すと軍事色が強い事を懸念したのもあったのだろうけど、一番大きな理由はアジアからいつまでも目が離れないのは自分達にとってまずい。
    国内外に反日感情をあおるためにも、悪かったのは全て日本であり、自分達こそ正当性があったのだとするためにも「太平洋戦争」と言った方が後々都合が良い(聞こえが良い)という思惑があったのではないかという気がします。

    最後に・・・これまで足早に振り返ってきたせいもあって、日本の正当性を前面に出した書き方になってしまった感となってしまったのは私自身反省すべき点となりましたが、これに反する意見にも同じように耳を傾けて、事実は事実として受け止めなければならないだろうとは思っています。
    また、結論としてこれで全て円満解というのはこの先もおそらくないんだろうけど(それはお互いに悪い点あると思うので)、いずれにせよ今後戦争なんてないほうがいいに越した事ないし、その願いは一般庶民レベルからすれば共通認識として持てると思うので、ボタンをかけちがえないように歴史についてもう少し勉強しなければならないなと私自身も考えさせられましたし、選挙の一票の重みも改めて考えさせられた機会となりました。


    そういう意味で、この場を提供してくださったnobita_tさん、他の皆さんもありがとうございました。

    それでは、皆さんまたどこかでお会いした際にはよろしくお願いいたします。
  • id:goldwell
    私もコメントさせていただきます。

    これでも抑えてはいるものの、わかる人にはもうバレバレかもしれません。
    実は少年時代は軍事マニアのなりそこないで、そういう人間にありがちなように「何で日本人なのに日本のことをそんなに悪く言うんだ?反米反中。日本頑張れ!」みたいな気持ちもあったんですね。
    まぁ、大人になって妙にバランスとることを覚えましたが・・・。

    正直、昔も今もリアルで、戦争のことなどを語ることなど滅多に無い為、結構独りよがりな面もありましたが、こうして「はてな」で色々な人の意見を聞き、議論できたのは大きな収穫でした。

    特にkumonoyouniさんのご意見は、まさに卓見で、よくぞ言うてくれた!と思いました。
    >「太平洋戦争」という呼称
    う~ん、まさに正論ですね。私も知らず知らずのうちに、「大東亜戦争」を避けていたのかもしれません。
    現代の基準で考えると、悪いイメージを抱く人もいるだろうけど、歴史問題として考えるならば、「大東亜戦争」の方が誤解を与えないでしょう。
    >日本の正当性を前面に出した書き方
    これは、本来国民として至極当然なんじゃないでしょうか。

    ただ、事実は事実として知る姿勢、これは重要です。
    それも学校の授業のような単発で覚えるのではなく、歴史の流れとして把握しておかなければならないと思います。
    えー、私も最近、昔の知識の誤解や忘却に気づいて、慌てて読んだり調べたりしているところです(^_^;A

    最後にnobita_tさん、有意義な場を設けていただいて、感謝しております。
    また機会があったら、ご一緒させていただければ、と思うところです。
  • id:nobita_t
    みなさんありがとうございました。
    質問者のくせして発言すればするほどしったかぶりの知識が丸裸になってしまって穴があったら入りたくなりました…。それもいいようにとらえて素人視点でしか気付かないような点を指摘できたらいいなと思います。

    人間誰しも自分から話題が離れれば離れるほど、いい意味でも悪い意味でも客観視してしまうようになるものだと思います。この戦争から既に60年も経ってしまい、どこか遠い国での歴史上の出来事かのような錯覚をしてしまいます。でも、考えてみれば、我々の祖父母の世代の出来事であり、決して遠い国の出来事などではないはずです。
    徹底した論理的議論の横で、もう少し実際に戦場で戦った祖父母の世代に思いを馳せるような心の議論が起こってもいいのかなと思うようになりました。

    この先、本当の意味での戦争を知らない人間しかいなくなっていくのであり、祖父母から受け継いだ戦争の間接体験を下の世代に伝えていくことが我々の義務であるな、と感じます。そのために、お二方がおっしゃられているように、間接体験だけでなく客観的事実も確実に伝えていかなければならないと思います。

    まだまだ質問したいネタが満載なので、その時もまた参加していただけるとありがたいです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません