理系の人間が読んで面白い小説を教えてください。


瀬名秀明氏の「ブレインヴァレー」や貴志裕介の「天使の囀り」みたいな、かなり深いところまで踏み込んだ理系小説が良いですね。

文系の作家が理系の分野を扱った小説では、内容が薄すぎて満足できないんですよ。
理系の知的好奇心をフルに満足させる小説を教えてください。
簡単な感想・コメントも添えてください。

※ミステリーでもSFでも純文学でも可です。
ライトノベルは勘弁してください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/08/02 16:17:21
  • 終了:2006/08/02 17:31:31

ベストアンサー

id:rikuzai No.10

りくっち回答回数1366ベストアンサー獲得回数1412006/08/02 16:51:12

ポイント35pt

星を継ぐもの (創元SF文庫)

星を継ぐもの (創元SF文庫)

  • 作者: ジェイムズ・P・ホーガン
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

SFとミステリの境界について物議をおこした作品ですが、月で発見された地球の氷河期時代の宇宙服を着た人類そっくりのミイラの謎を、主人公の研究チームが科学的見地に基づいて明かしていくというストーリー。

…と書いていたら既出になっておりました。でもおすすめなので残しておきます。


リングワールド (ハヤカワ文庫 SF (616))

リングワールド (ハヤカワ文庫 SF (616))

  • 作者: ラリイ・ニーヴン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

著者の科学的な知識に裏打ちされた架空の世界「リングワールド」のお話。

続巻もありますので気に入られたなら是非次も。


航路〈上〉 (ヴィレッジブックス)

航路〈上〉 (ヴィレッジブックス)

  • 作者: コニー ウィリス
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • メディア: 文庫

航路〈下〉 (ヴィレッジブックス)

航路〈下〉 (ヴィレッジブックス)

  • 作者: コニー ウィリス
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • メディア: 文庫

臨死体験を科学的に解明しようとする主人公たちをめぐる、未知の脳内への旅…といったらきれいすぎるかな。

理系の方には少々上巻は冗長に過ぎるかもしれませんが、そこを抜ければ一気に面白くなってくると思います。

id:tian_x2001

いろいろありがとうございます。

今度本屋で探してみます。

2006/08/02 17:00:53

その他の回答(10件)

id:tully No.1

tully回答回数40ベストアンサー獲得回数32006/08/02 16:21:13

ポイント10pt

谷甲州のSF小説が、文系な自分には難解でした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E7%94%B2%E5%B7%9E

id:tian_x2001

どのように難解なのか

ちょっとした感想が欲しいところです。

2006/08/02 16:30:50
id:jyouseki No.2

jyouseki回答回数5251ベストアンサー獲得回数382006/08/02 16:27:12

ポイント20pt

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E6%B7%B3%E4%...

渡辺淳一さんは医師の資格を持っているので、どの作品にも正しい医学的知識が使われています。

性的描写が多いことを気にされないのならお勧めできます。

http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=30&g=001&s...

id:tian_x2001

ご回答ありがとうございます。

2006/08/02 16:32:08
id:rily1400 No.3

rily1400回答回数25ベストアンサー獲得回数02006/08/02 16:29:55

ポイント2pt

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/la-mer/pro-eve.html

「パラサイトイブ」は現役の生化学研究者が書いていますが、いかがでしょうか?

id:tian_x2001

質問文をきちんと読んでいますか?

2006/08/02 16:33:33
id:kazumori7 No.4

kazumori7回答回数408ベストアンサー獲得回数72006/08/02 16:30:20

ポイント2pt

やはりパラサイトイヴでしょう。

http://www.pc-success.co.jp/frame.php?p_cd=01SUV&h=%2Fheader...

id:tian_x2001

その作品は当然読んでいます。

質問文にも瀬名氏の名前は出してるので、その辺は汲み取っていただきたかったですね。。。

2006/08/02 16:34:50
id:yue_5885 No.5

y回答回数93ベストアンサー獲得回数32006/08/02 16:34:18

ポイント30pt

私は文系人間なので、ご参考までにと言う感じですが。

イエスの遺伝子はいかがでしょうか。



森博嗣は理系の文章を書く人だなと思うのですが。

すべてがFになる (講談社ノベルス)

id:tian_x2001

「イエスの遺伝子」ですか。初耳です。

紹介文を読む限りでは面白そうですね。

こういう回答を待っていました。



森博嗣はいろいろ読んでいます。

「すべてがFになる」のような、プログラムが題材になっている小説はあまり無いですね。

プログラム言語がテーマになっているような

小説は他にありますか?

2006/08/02 16:38:23
id:naka1kazu No.6

naka1kazu回答回数236ベストアンサー獲得回数122006/08/02 16:36:25

ポイント20pt

http://www.generalworks.com/hogan/index.html

J.P.ホーガンはハードSFでは有名だと思います。「創世記機械」や「星を継ぐもの」等、現在の科学の主流とは異なる説をそれらしく描いていて、間違い探しをするのも面白いと思います。また、それを解説したWebが多いのも読んだ後の興をそそりますね。

id:tian_x2001

なかなか良さそうですね。

今度古本屋で探してみます。

2006/08/02 16:41:00
id:tyaikazu No.7

tyaikazu回答回数15ベストアンサー獲得回数02006/08/02 16:45:12

ポイント30pt

重複はご容赦下さい

あなたの専門が何か不明ですので

どの分野に詳しいかにもよるかと思いますが

東野圭吾さんのガリレオシリーズ

「探偵ガリレオ」ともう一冊(「予知夢」だったか)

この辺は物理化学のある程度の知識があれば面白いです

(東野さんはエンジニア出身)

http://www.bk1.co.jp/author.asp?authorid=110000820000000

「天使の耳」などは医学-心理学ですけど面白いと思います

それ以外では、森博嗣さんの

「すべてがFになる」なんかもコンピュータ系として

面白いかと思います

森さんも理系に造詣が深いので(エンジニアですね)

http://www.bk1.co.jp/search/search.asp?kywd=%90X+%94%8E%8Ek&...

id:tian_x2001

東野圭吾さんがエンジニア出身だということは聞いたことがあります。


この人の小説は一般の人にも分かりやすく書こうとしている感じなので、あまり深い知的好奇心までは掻き立てられませんが面白いですよね。

参考になりました。

ありがとうございます。

2006/08/02 16:52:01
id:kazumori7 No.8

kazumori7回答回数408ベストアンサー獲得回数72006/08/02 16:46:49

ポイント2pt

理系作家ではないようなのですが、レイ ブラッドべりは如何ですか?

http://www1.odn.ne.jp/~cci32280/PBSFBradbury.htm

id:tian_x2001

ブラッドベリはSFとしては面白かったと思いますが、理系の知的好奇心を特に掻き立てられるような印象はなかったかなぁ・・・記憶が定かではないですが

2006/08/02 16:56:55
id:batti55 No.9

batti55回答回数904ベストアンサー獲得回数272006/08/02 16:50:25

ポイント4pt

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4150112908/

海外SFですがグレッグ・イーガンは面白かったです。

id:tian_x2001

ちょっとした感想コメントが欲しいところです。

2006/08/02 16:58:22
id:rikuzai No.10

りくっち回答回数1366ベストアンサー獲得回数1412006/08/02 16:51:12ここでベストアンサー

ポイント35pt

星を継ぐもの (創元SF文庫)

星を継ぐもの (創元SF文庫)

  • 作者: ジェイムズ・P・ホーガン
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

SFとミステリの境界について物議をおこした作品ですが、月で発見された地球の氷河期時代の宇宙服を着た人類そっくりのミイラの謎を、主人公の研究チームが科学的見地に基づいて明かしていくというストーリー。

…と書いていたら既出になっておりました。でもおすすめなので残しておきます。


リングワールド (ハヤカワ文庫 SF (616))

リングワールド (ハヤカワ文庫 SF (616))

  • 作者: ラリイ・ニーヴン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

著者の科学的な知識に裏打ちされた架空の世界「リングワールド」のお話。

続巻もありますので気に入られたなら是非次も。


航路〈上〉 (ヴィレッジブックス)

航路〈上〉 (ヴィレッジブックス)

  • 作者: コニー ウィリス
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • メディア: 文庫

航路〈下〉 (ヴィレッジブックス)

航路〈下〉 (ヴィレッジブックス)

  • 作者: コニー ウィリス
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • メディア: 文庫

臨死体験を科学的に解明しようとする主人公たちをめぐる、未知の脳内への旅…といったらきれいすぎるかな。

理系の方には少々上巻は冗長に過ぎるかもしれませんが、そこを抜ければ一気に面白くなってくると思います。

id:tian_x2001

いろいろありがとうございます。

今度本屋で探してみます。

2006/08/02 17:00:53

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 aiaina 8179 7465 131 2006-08-02 17:19:29
  • id:sadakichi09
    何でこの質問に対する回答で、神林長平って答えが出てこないんでしょう?
    神林さんの扱う言葉は、確実に理系の言葉。理系の言葉で書かれた存在と認識の妙を、ぜひとも読んでいただきたい。
    「戦闘妖精雪風」や「今宵銀河を杯にして」がお薦め。
  • id:udaudatubekobe
    「もだん どらい こーど」50年前に出版され、従来の生物学見地をカメラマンが、打ち破る事実が、私的にとても痛快だが、入手困難で、理解できる確立…可能性…蓋然性…
    10%ぐらいかなぁ。
    と言うか私が、欲しいぃ!
  • id:nischiura2006
    小松左京氏の「日本沈没」そしてその続編が谷甲州氏との共著の形で最近出版されました。
  • id:chlorite
    石黒達昌氏の本はどうでしょうか・・・
    レポートの形式を取って書かれた
    「平成3年5月2日、後天性免疫不全症候群にて急逝された明寺伸彦博士、並びに、」
    さらにその続編
    「新化」
    など。石黒氏は現役の医師です。

    すみません、今頃思い出しました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません