公法上の金銭債権と私法上の金銭債権の違いが分からないので、教えてください。特に公法上の金銭債権を詳しく教えていただけるとありがたいです。宜しくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/08/04 00:59:20
  • 終了:2006/08/09 00:41:33

回答(3件)

id:cnasneinurewn No.1

cnasneinurewn回答回数120ベストアンサー獲得回数22006/08/04 01:04:39

ポイント30pt

金銭債権につき、

1.私法上の権利については民法、商法、手形法などの規定が適用され、

2.公法上の権利について地方税法などの定めのあるものについては、その規定が適用される。

問題となっている法律関係が公法上のものか,私法上のものかは,民事訴訟法の適用を受けさせるのがよいか、行政事件訴訟法の適用を受けさせるのがよいか・・・という法解釈的な合理性の問題に帰着するわけです。

id:ahiruzuki

なるほど!ありがとうございます~。分かりやすかったです。

2006/08/09 00:40:12
id:sami624 No.2

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432006/08/04 06:37:42

ポイント31pt

http://www.izai.net/kouritu.html

私法とは、個人の権利・義務など私人間の生活上の法律関係を規律する法の総称。民法や商法などがこれに当たる。一方、公法とは、公的な関係を規律する法の総称。権力関係や公益に関する法のことで、憲法・行政法・刑法・訴訟法・国際法などを指す。

→相手如何に関わらず、民法・商法を適用すべき債権については私法債権となる。相手が国でも用地売買であれば土地収用法ではなく民法。

http://www2.ttcn.ne.jp/~kanrishi-g/min/hanrei/h0167.html

→憲法・行政法・刑法・訴訟法・国際法に基づく債権は公法債権となります。

id:ahiruzuki

やはり適用される方によりけりのようですね。ありがとうございました!

2006/08/09 00:40:37
id:aiaina No.3

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/08/04 09:43:18

ポイント27pt

http://www2.kobe-u.ac.jp/~sensui/H9-2_10-6/98.april/980417/s...

こちら参考になりそうです^-^

id:ahiruzuki

同じく適用が詳しく書いていますね~。ありがとうございます。

2006/08/09 00:40:52

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません