いわゆる靖国問題。中国・韓国が言ってきているが、(硫黄島のハリウッド映画が近日公開)太平洋戦争で亡くなった人々の魂はどこへ行けばいいのか!?彼らの言うことはあまりにも酷すぎはしないか?硫黄島で米軍に火炎放射器で焼き殺された、日本兵士達の無念を思うと涙がでてしまう。

皆さんはどう思うのか意見を聞きたい。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:2006/08/06 15:22:42
  • 終了:2006/08/13 15:25:02

回答(59件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
死の価値観の違い keima872006/08/08 09:51:53ポイント2pt

日本の死のとらえ方と中国や韓国の死のとらえ方には違いがあります

 

日本の仏教には死んだらこの世の苦しみから解放され

極楽へいくという思想があります

悪人こそ救われるといっている人もいます

死んだら人はみな仏になるのです

ですから死んだ人を悪く言う人はいません

A級戦犯だろうが聖人だろうが死は誰もが平等で

誰であろうと亡くなった人を大切にする習慣・考え方があります

 

死人に鞭を打つ

という言葉があります

死人に鞭を打つことは人としてよくないこととしてたとえられています

しかし中国などでは死人に平気で鞭を打ちます

彼らにとって死は浄化でもなんでもないのです

罪人は死んでも罪人なのです

絶対に死んだからといって許しません

その子孫も許しません

  

こういった認識の違いが靖国問題の根底に流れていると考えています

日本の死生観は、『諸行無常の響きあり・・』という無常観では 悪いことしたら、地獄に落ちて閻魔さんに舌を抜かれる。。 takokuro2006/08/08 14:22:50ポイント1pt

キリスト教でも罪を憎み人を憎まずから、結局は皆、天国へ行くんじゃないの?!と私なんかは

これが宗教なんだ。。と思ってますが、、

どんな罪も死んでしまえば浄化されると言う視点は、生きている間の極悪非道を認めることにもなるのではないでしょうか。。??

私なぞは,

子供時分、悪いことしたら地獄に落ちるぞ!と叱られて、地獄ってどんなところ?って

とても気になって訊いたものです。。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません