小泉安倍政治への拭い切れない危機感はどこに?


福井総裁、靖国松岡外相問題、A級戦犯合祀、米軍【思いやり予算】の起源と増大・衰退時期、戦前の治安維持法の再来の警察職務執行法改正、吉田茂首相が細心の注意で警戒した、早く米軍、米政治内政も日本から出ていってほしいと反対し、又国民の大反対をも押し切った“新”安保を改悪継続、アメリカの年々国債を脅かすゆすりに立ち向かう角栄さんを押し潰した力、(佐藤栄作幹事長時代の選挙資金規正法違反、造船疑惑は当時の犬飼法相に無理やり検察庁逮捕延期させ、その為に犬養氏辞任)る、、、政治の不可解の元を辿ると、【岸信介】氏に。。
彼のA級戦犯逮捕からなぜか?東條ら死刑翌日に釈放されて以降、生涯の方針、【改憲、安保体制護持】姿勢はそのままアメリカ属国化に移行して行き、米軍【思いやり予算】で公認された支援金の増大、米国の戦争の度に増える赤字国債、その為に売却せざるを得なかった大きな国有財産【国鉄】【電電公社】らの民営化売却

小泉、岸信介ら閨閥(女系政略結婚政治財閥、世襲議員の代表格)安倍晋三氏らの通してきた政策が一致、もしくは同じ方向へ向いてるとはお思いになりませんか?

回答の条件
  • 1人50回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:2006/08/07 10:51:57
  • 終了:2006/08/14 10:55:02

回答(27件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
"新"安保改定させた岸信介とその騒動の前年角栄さんがアメリカでニクソンらに投げられたエサ。。 takokuro2006/08/10 10:43:56

『日本が安保改定に応ずれば、“タダで”米軍最新技術を提供してやる。』

角栄さんは実質独立が可能にするのは、日本の経済力がアメリカと対等の土俵に立ったときに、初めて安保の実質内政干渉組織からの切り離しが可能であると考える。

勿論!、当時の世界情勢の中、まだ、共生主義しか地球では許されてないほどには世界経済も膨張していない。。

当時点で、角栄さんは米軍によらない、日本国独自の防衛システムをいずれ立ち上げる為に、この美味しいエサ、好条件をもって帰国したのを思う。。

大切なのは、岸信介の目的は拝アメリカ主義であるのに対し、角栄さんは日本のやがての実質独立の為に米軍の最新技術をもらうことは何ものにも換えがたい条件。。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません