お勧めの生命保険を教えてください

1.年齢30歳独身女性
2.掛け捨て、積み立てともに考慮しています
3.契約期間10年以内

現在、アリコのかしこく積立入院保険を検討しています

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/08/15 20:34:58
  • 終了:2006/08/17 12:19:20

回答(5件)

id:umacasalaranja No.1

umacasalaranja回答回数303ベストアンサー獲得回数42006/08/15 20:48:47

ポイント20pt

おすすめは、やはり最大手の日本生命でしょう。

30歳女性ですから、女性向けの「生きるチカラ フラウ」が主流です。

しかし、契約期間10年以内限定という条件には当てはまりません。

保険期間、払い込み期間ともに15年位以上がよいようです。

http://www.nissay.co.jp/kojin/syouhin/seiho/frau/rei/index.h...

この10年限定というのがネックな気がします。

10年限定とすると「定期保険」のようになりますし、種類も極端に少ないです。

日本生命にはピッタリ来るのがありません。

10年限定を生かすならアリコあたりで、いかがでしょう。

ただし非常に医療保険ぽくなります。

医療保険だと、損害保険の分類で生命保険とは言いがたいです。

下記、ご参考にどうぞ。

http://www.ex-life.jp/goods.html

難しいですね・・・・・

id:shooters

ありがとうございます。

umacasalaranjaさんのご意見を参考にし、10年以上の期間も対象として含め、ご意見を頂ければと思います。宜しくお願いいたします

2006/08/15 21:28:36
id:aiaina No.2

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/08/15 23:25:51

ポイント20pt

ライフプランや将来像をどのように描くかでおすすめの保険はずいぶん変わってしまいます。

1.まず医療保険は確保する。医療保険は生命保険よりも加入審査が厳しいものが一般的です。いったん病気したり、事故や手術すると加入できなかったり、条件付きになることが多いのです。

2.定期型にするか終身型にするかは価値観次第。定期の方が収入状況に応じて抑えたり、医療費の増大によってかけ方を変更できるメリットがある一方で、年齢を重ねるにつれて更新のたびに掛け金が膨らむ。終身は一生掛け金が上がらない安心感はあるものの、インフレにすごく弱い。医療費や物価が上がった場合、加入時では「これで十分」と思った契約でも、いざ20年後に入院というときは貧弱な保障内容になっている可能性がある。

3.生命保険は終身は薄く、定期を厚く。ご結婚されているのか、扶養しなければいけない家族はいるのかで、必要な保障金額は大きくかわります。既婚男性の場合、お子さん1人あたり1,000万とか言われていますが、女性の場合はずっと低く抑えている場合が多いようです。

いっぺんに資料請求できるサイトがあるので、いろいろ資料を請求されてじっくり検討されてはいかがでしょうか?また、各サイトに保険選びのポイントが出ていますので、そちらも参考になさってください。

http://life.bang.co.jp/index.html

http://www.insweb.co.jp/life.htm

http://www.hokende.com/index.html

id:shooters

ありがとうございます

2006/08/17 01:15:52
id:ushisuke No.3

ushisuke回答回数114ベストアンサー獲得回数22006/08/16 01:03:47

ポイント20pt

保険っていちいち比較がしにくく、しかも難しいためついついえいや!で決めがちだったりします。

私は自分で一から探すことを半ば放棄して、保険代理店を活用しています。

たとえば、ライフプラザホールディングス

http://www.lifeplaza.co.jp/index.html

複数の生命保険会社から個別の要件にできるだけあった保険を、話しながら決めていくことができて、私にとっては一人でうんうん考えるよりも納得感が高かったです。

id:shooters

ありがとうございます

2006/08/17 01:15:55
id:zxcvaq No.4

zxcvaq回答回数104ベストアンサー獲得回数12006/08/16 10:20:29

ポイント20pt

「30歳独身女性」で、今後の結婚予定はありますか? また子どもを作る予定はありますか? 生命保険の基本的な考えかたは「そのお金で養われている人の生活費の保障」だと思います。もし今後も結婚や子どもを作る予定がなければ、「医療保険」だけでよろしいかと思います。仮に1,000万円の生命保険が下りるとして、誰にも残す必要がなければ保険料はムダですよね?

 もうひとつ、医療保険は単体で入るべきで、生命保険の特約などでまかなおうとは考えないほうがよいと思います。後から保障内容を見直すとき、特約では自由度が制限されます。「もう一度解約して、別の新しいのに入りなおす」などという保険会社が儲かるような仕組みに加担しないほうがよろしいかと思いますので。

 さて、その医療保険ですが、最近では日帰りの入院から保障してくれるようなものも多数ありますが、すでにお勤めであれば、1日や2日は有給休暇が取れるはずですので、あまり手厚い保障のものを考える必要はないと思います。以前は「入院7日目から支給」というのがほとんどだったと思いますが、今はどうでしょうか? ご自分の身体にそこそこ自信があれば、高額なものより、むしろ全労済や都道府県民共済のような安い掛け捨てのもので充分ではないかと思います。経済評論家の山崎元氏は、「保険は安いものに、しぶしぶ加入する」のが正しい姿勢だというような意味のことをおっしゃっていました。

http://www2.monex.co.jp/monex_blog/archives/003933.html

urlはマネックス証券のサイトですが、生命保険について書いてあります。「生命保険」のシリーズで全部読むのはたいへんですが、読んでみていただくと良いと思います。

id:shooters

ありがとうございます

2006/08/17 01:16:02
id:mi3chip3 No.5

mi3chip3回答回数3ベストアンサー獲得回数02006/08/16 13:01:46

ポイント20pt

保険のしくみは

素人にはなかなかわかりにくいところがありますよね。

ファイナンシャルプランナーの方に

無料で保険相談のできるサイトがあります。

どこの保険会社にも属していないので

勧誘されることもありません。

提示されたおすすめプランから

実際にあなたのライフスタイルに合ったものを

選ぶことができます。

http://fkokmnkt.blog36.fc2.com/blog-entry-69.html

id:shooters

ありがとうございます

2006/08/17 01:16:07

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません