江戸時代に人々の道しるべになっていた「石標」について教えてください(成り立ちなどについて紹介しているページを教えてもらえるとうれしいのですが)。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/08/15 21:48:22
  • 終了:2006/08/22 02:22:48

回答(4件)

id:umacasalaranja No.1

umacasalaranja回答回数303ベストアンサー獲得回数42006/08/15 22:16:36

ポイント23pt

「石標」昔の道路標識です。

具体的例としては、こちらをどうぞ。

京都市上京区室町通上立売上る室町頭町261番地の小学校にある石標

http://www.edu.city.kyoto.jp/hp/muromachi-s/sekihyou.htm

こちらはかなり古いですが、欽明天皇 磯城嶋金刺宮跡の石標

http://www3.kcn.ne.jp/~mamama/nara/temple/sakurai-kanaya-tub...

主に古寺に通じる道筋に一町(109.09m)毎に石標を設置(建立)し、目的地までの距離を明示したものです。

こちらに詳細があります。

http://hb2.seikyou.ne.jp/home/masa15/hp/pd-m7/mokuhyou.htm

いかがでしょうか。

id:aiaina No.2

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/08/15 23:56:26

ポイント23pt

http://www5f.biglobe.ne.jp/~sans-culotte/topics050409.html

石標 とは,歴史に残る事件に関係した場所や建物を示すためのものです

id:Zelda No.3

回答回数1027ベストアンサー獲得回数162006/08/16 02:07:05

ポイント22pt

http://www.kictec.co.jp/inpaku/iken%20keikai/syasin/rekisi/h...


旧街道筋に残る一里塚や辻々に置かれた古い石の道しるべ(石標)は、大方は江戸時代のものであるが、石の面にかろうじて読み取れる「従是右江戸道左日光道」とか「右京道左江戸道」等の文字はその昔、道中を行く旅人に限りない安堵と利便をあたえたと考えられるこのような道しるべとしての道路標識の時代は、自動車が出現するまでの間永く続いたわけである。


http://joe.ash.jp/travel/road/genpyo04.htm

id:bjko No.4

bjko回答回数169ベストアンサー獲得回数32006/08/16 14:34:47

ポイント22pt

このサイトはどうでしょうか。

http://www.katagihara.net/jmyouki.htm

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません