以前交通事故で只今治療中の身なのですが慰謝料についてです!

自分は過失0です。

慰謝料の中身と言うか種類というか、どのような事まで慰謝料として請求できるのでしょうか・・・を教えてください・・

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/08/16 22:55:15
  • 終了:2006/08/23 23:00:04

回答(8件)

id:aki1275 No.1

aki1275回答回数220ベストアンサー獲得回数62006/08/16 23:09:28

ポイント20pt

私たちより弁護士の方に相談されたほうがいいと思います。

いまは治療に専念すべきではないでしょうか?

また、事故についても自転車事故なのか、自動車事故などか不鮮明な点も多くあります。

ちなみに慰謝料で請求できる範囲は治療費+事故によってできた損失(給料など)なども挙げられます。

現時点ではこのようなことしか分かりかねません。。。

http://q.hatena.ne.jp/answer(ダミー)

id:heracchi No.2

heracchi回答回数302ベストアンサー獲得回数82006/08/16 23:11:41

ポイント20pt

お体に後遺症が残る場合と、残らない場合によって慰謝料は違うようです。

<傷害事故>

①医療費等の費用

 治療費・入院費・入通院交通費・あんまマッサージ治療器具(医師が認めた場合)

 付添看護人・入院雑費・義歯義足義手・車いす・めがね等生活関連費用

 出入口や風呂トイレなど家屋の改造費・学生なら入院中の家庭教師料など

②休業損害

③入通院慰謝料

④その他

※私の時には通院にかかった交通費も請求できました。

<傷害事故+後遺障害>

①医療費等の費用

 治療費・入院費・入通院交通費・あんまマッサージ治療器具(医師が認めた場合)

 付添看護人・入院雑費・義歯義足義手・車いす・めがね等生活関連費用

 出入口や風呂トイレなど家屋の改造費・学生なら入院中の家庭教師料など

②休業損害

③入通院慰謝料

④後遺傷害保険金

⑤後遺傷害慰謝料

⑥後遺傷害による労働逸失利益

http://www.kawachi.zaq.ne.jp/ishii/jiko.htm

id:umacasalaranja No.3

umacasalaranja回答回数303ベストアンサー獲得回数42006/08/16 23:17:40

ポイント20pt

過失割合、怪我の状況、交通事故の状況、その人の職業など、他にも様々な要素が加算されます。

慰謝料の標準的な金額については、下記をご覧下さい。

ネットで一番詳しい表です。

http://home.att.ne.jp/kiwi/JHSC/isyaryou-kijun-01.htm

ガンバッて下さい、そしてどうぞお大事に。

id:hiro7days No.4

hiro7days回答回数391ベストアンサー獲得回数322006/08/16 23:19:28

ポイント20pt

http://www.jiko2.com/

交通事故に関しては上記のURLに詳しく記載されております。

交通事故においては、「加害者天国」ということがまかりとおっている。加害者の不誠実な態度から始まり、警察の対応、保険会社の対応などなど、ことごとく周りの対応は被害者より加害者に有利に進むことが極めて多い。

本来であれば、被害者は特段何もしなくても、周りの人間が誠実に対応し、きちんと事故の処理が行われ、正当な賠償がなされるというのが当たり前のことだと思うが、残念ながら現実はそうではない。被害者自身が、事故の処理にあたって、さまざまな点に目をひからせていないと、あいまいな形で事故の処理されてしまうことが非常に多い。

お大事になさって下さい。

id:sami624 No.5

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432006/08/16 23:19:52

ポイント20pt

http://www3.plala.or.jp/njt/car/car16.htm

「人身」の場合

「積極損害」 治療代・入院雑費・通院交通費・葬儀代・後遺障害が残った場合の家屋改造費など

「消極損害」 休業損害・後遺症の遺失利益など

「慰謝料」 入通院慰謝料・後遺障害慰謝料・死亡慰謝料


この中に聞きなれない言葉として、人身の消極損害に「後遺症の遺失利益」というものがあります。 これは、後遺症により、従来と同じだけの能力で仕事をすることが出来なくなるため、当然のように、 収入が減少したり、出世が遅くなったりします。そこで、その分の保障をする趣旨のものです。

これは、精神的な苦痛に対する慰謝料と別に存在します。

→金額算定が困難ですが、長期休暇を取得した場合は昇給昇格に影響が発生することがあるときは、当該損害額も請求可能です。

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 aiaina 8179 7465 131 2006-08-17 09:41:49
2 mineson 4 3 0 2006-08-17 15:58:27
3 Baku7770 2832 2531 181 2006-08-21 17:50:38

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません