人間は何故生きているのですか?

誰に聞いても、どれだけ本を読んでも納得いく答えが見つかりません。
どうして生きなければいけないのか?
どうして自殺はいけないのか?

教えて下さい。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/08/18 18:49:02
  • 終了:2006/08/18 22:21:10

ベストアンサー

id:TomCat No.3

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/08/18 19:25:57

ポイント200pt

私も、全く同じ疑問と悩みを抱え続けていたことがあります。

 

頼んで産んでもらったわけじゃない。望んで生まれてきたわけでもない。生きていたいという理由もない。こんなに辛いんだから、もう死んでもいいだろう、それは悪いことなのか?どうなんだ?・・・・と、毎日のように悩み続けていました。

 

そんな時ですよ。道をフラフラと歩いていたら、突然車が飛び出して来たのは。

私は必死でよけましたね。間一髪、かわしたんです。そして、しばらくしてやっと落ち着いて、笑いが込み上げてきました。

 

つい今まで死にたい死にたいと、そればかりを思い詰めていた人間が、必死に危険を回避してるんです。

 

なんだ、俺は生きることを望んでいたじゃないか。本能は生きたがっているじゃないかと。理性の領域ではなく、本能の領域で、生き物は生まれてきたからには生き続けたいと望むんだと。それが、一発で理解できました。

 

人はなぜ生きているのか。なぜ生き続けなければならないのか。その答えは、生物としての本能にありました。理論理屈の領域には無い答えですから、いくら考えたって分かるわけなかったんですよね。

 

ハエがいる。壁に止まっている。指を近づけて脅かしてみる。パッと飛んで逃げます。あーっはっはっはっ。ハエにすら生きようとする本能が備わっている。しばらく、色んな生き物を突ついては、おー、お前も生きる本能をちゃんと持っているんだな、なんてやってましたね。そして、その生きようとする本能の存在に感動しました。

 

そういうことなんです。ゾウリムシだって、突つけば逃げますよ。ちっちゃな鞭毛を必死に動かして。脳味噌もない生物が、ちゃんとそう動くんです。この本能が人間を生かし、そして生き続けさせるんですね。理屈の領域の問題じゃありません。

 

したがって、理論理屈の世界で自殺をいくら合理化してみたところで、死の瞬間、意識が薄れて相対的に本能が体を支配した時、必ず大きな後悔が襲ってきます。体も心も、必死で死にたくないとあがきます。でも、もう遅い。

自殺はそういう、取り返しのつかない後悔を抱えながら事切れていく最悪の選択であることが、このことから簡単に理解できます。

自殺をすべきではないという理由の根本が、ここにあります。

 

自分が何のために生きるのかなんて、後付けの理由に過ぎないんです。全ては、生きようとする本能。そこに帰着します。

 

生きていれば、そのうち目標が見つかります。生き甲斐も見つかります。でも、人はそのために生きているわけじゃない。全ての夢が消え去って、全ての可能性が閉ざされても、それでもなお本能は生きることを望み続ける。それが生物というものなんです。

 

生きる目的が見つからなくなったら、無理せずゆっくり、ゾウリムシみたいに鞭毛でも動かしながらシャカシャカやっていればいいんです。その間に、きっとまた別の生きる目的が、どこからか湧いて出てきます。

id:akira-a

本能で生きる、ですか。説得力あります。そうかも知れない。ありがとう。

ゴキブリだってキモいくらい必死で逃げますもんね。

2006/08/18 22:05:09

その他の回答(12件)

id:umacasalaranja No.1

umacasalaranja回答回数303ベストアンサー獲得回数42006/08/18 19:01:34

ポイント10pt

別に自殺したから、遺族が法律的にどうこうされるということはありませんが・・・。

でも、鉄道自殺などをすれば、たっぷりと損害賠償を遺族がとられるのを知らない方が殆どです。

こんな本もあります。

「自殺の自由化」

http://www.mumyouan.com/e/jisa.html

昔、中学生教諭にどうして自殺はいけないのか、と聞いたら、 自殺するだけの労力を生きることに使わないから、といわれた ...

http://magicalumber.blog.shinobi.jp/Entry/97/

この辺が真実をついていると思います。

id:akira-a

ありがとう。

2006/08/18 22:01:23
id:noboru No.2

noboru回答回数94ベストアンサー獲得回数02006/08/18 19:08:29

ポイント5pt

答えがないから見付からないんですよ。

誰にも正解はわからないんです。

id:akira-a

そうだね。ありがとう。

2006/08/18 22:02:06
id:TomCat No.3

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/08/18 19:25:57ここでベストアンサー

ポイント200pt

私も、全く同じ疑問と悩みを抱え続けていたことがあります。

 

頼んで産んでもらったわけじゃない。望んで生まれてきたわけでもない。生きていたいという理由もない。こんなに辛いんだから、もう死んでもいいだろう、それは悪いことなのか?どうなんだ?・・・・と、毎日のように悩み続けていました。

 

そんな時ですよ。道をフラフラと歩いていたら、突然車が飛び出して来たのは。

私は必死でよけましたね。間一髪、かわしたんです。そして、しばらくしてやっと落ち着いて、笑いが込み上げてきました。

 

つい今まで死にたい死にたいと、そればかりを思い詰めていた人間が、必死に危険を回避してるんです。

 

なんだ、俺は生きることを望んでいたじゃないか。本能は生きたがっているじゃないかと。理性の領域ではなく、本能の領域で、生き物は生まれてきたからには生き続けたいと望むんだと。それが、一発で理解できました。

 

人はなぜ生きているのか。なぜ生き続けなければならないのか。その答えは、生物としての本能にありました。理論理屈の領域には無い答えですから、いくら考えたって分かるわけなかったんですよね。

 

ハエがいる。壁に止まっている。指を近づけて脅かしてみる。パッと飛んで逃げます。あーっはっはっはっ。ハエにすら生きようとする本能が備わっている。しばらく、色んな生き物を突ついては、おー、お前も生きる本能をちゃんと持っているんだな、なんてやってましたね。そして、その生きようとする本能の存在に感動しました。

 

そういうことなんです。ゾウリムシだって、突つけば逃げますよ。ちっちゃな鞭毛を必死に動かして。脳味噌もない生物が、ちゃんとそう動くんです。この本能が人間を生かし、そして生き続けさせるんですね。理屈の領域の問題じゃありません。

 

したがって、理論理屈の世界で自殺をいくら合理化してみたところで、死の瞬間、意識が薄れて相対的に本能が体を支配した時、必ず大きな後悔が襲ってきます。体も心も、必死で死にたくないとあがきます。でも、もう遅い。

自殺はそういう、取り返しのつかない後悔を抱えながら事切れていく最悪の選択であることが、このことから簡単に理解できます。

自殺をすべきではないという理由の根本が、ここにあります。

 

自分が何のために生きるのかなんて、後付けの理由に過ぎないんです。全ては、生きようとする本能。そこに帰着します。

 

生きていれば、そのうち目標が見つかります。生き甲斐も見つかります。でも、人はそのために生きているわけじゃない。全ての夢が消え去って、全ての可能性が閉ざされても、それでもなお本能は生きることを望み続ける。それが生物というものなんです。

 

生きる目的が見つからなくなったら、無理せずゆっくり、ゾウリムシみたいに鞭毛でも動かしながらシャカシャカやっていればいいんです。その間に、きっとまた別の生きる目的が、どこからか湧いて出てきます。

id:akira-a

本能で生きる、ですか。説得力あります。そうかも知れない。ありがとう。

ゴキブリだってキモいくらい必死で逃げますもんね。

2006/08/18 22:05:09
id:sami624 No.4

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432006/08/18 19:26:16

ポイント10pt

私見

人間は自己実現のアートである。よって、人間は自己実現をするためにいき続け、自己実現をすることで喜びを得る。喜びを得ることで行き続けようという気概が高まり、行き続けることができる。

http://www.zisatsu-boushi.com/gaiyou.html

自殺をした場合、本人が本位で自殺をしたのか、他人に仕向けられて自殺したのかが分からなくなり、自殺を合法化した場合、相手を窮地に追い込み自殺をさせる犯罪が合法化されるリスクがあるため、慎重な対応をしているのでしょう。

id:akira-a

ありがとう。

2006/08/18 22:07:26
id:impetigo No.5

impetigo回答回数2545ベストアンサー獲得回数82006/08/18 19:33:23

ポイント5pt

 普段の生活に対して、家族の病気、歓迎したくは無い事に直面すれば自ずから答えは見つかる筈です。

id:akira-a

ありがとう。

2006/08/18 22:08:01
id:jyouseki No.6

jyouseki回答回数5251ベストアンサー獲得回数382006/08/18 21:56:50

ポイント20pt

エマニュエル・スウェデンボルグは研究者の間で、人類史上最強の霊能力者と呼ばれることが多い人物です。

(エマニュエルはイマヌエル、スウェデンボルグはスウェーデンボルグと表記されることもありますが同一人物です)

なぜ、そこまでの評価をされるのかというと、彼が霊界を行き来していたという確かな証拠があるからです。

URLをお読みください。

大勢の証人と証拠があり、とても全て捏造できるものではありません。

http://members.jcom.home.ne.jp/stolatos/spirit/swedenborg.ht...


スウェデンボルグは150冊もの書籍を記しましたが、霊界についての内容は以下のマンガの中で簡素かつ的確にまとめられています。

http://item.rakuten.co.jp/book/1136164/

その中で特に重要なことは人間はあの世とこの世を何度も生と死によって行き来していて、経験によって霊魂を磨きながら上の段階に昇って行くということです。

そして自殺は天に与えられた試練から逃げることになるので、自殺者は地獄界へ行かなければならないと書かれています。


私自身、始めは信じられなかったのですが、様々な書籍やHPを読んでいくうちに、とても作り話で書ける内容ではないと確信しました。

以下の書籍をお読みになり、生きる意味を知っていただければ幸いに思います。

http://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=sr_pg_2/250-0731451-15...

id:akira-a

ありがとう。

2006/08/18 22:10:51
id:kurupira No.7

kurupira回答回数2369ベストアンサー獲得回数102006/08/18 22:05:19

ポイント5pt

私もそれは考えたことがあります。

考えても答えは出ませんでした。

なので、その考える時間が無駄になってしまいます。

他の事に興味をもって、時間を費やす事をお勧めします。

問題は自分が生きたいか死にたいかどっちなのかです。

もし、生きている理由が無ければ死ぬのかどうかです。

自殺については誰も死んではいけないと、第三者は言わないと思います。

自分にとって死のうが生きようが関係ないからです。

でも親兄弟の事を考えると考えは変わってきます。

id:akira-a

ありがとう。

2006/08/18 22:11:34
id:fanatic_white No.8

fanatic_white回答回数159ベストアンサー獲得回数52006/08/18 19:48:44

ポイント10pt

http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30895466

・この本とか、

http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31525594

・この本(この本では特に何故自殺すべきでないかが分かると思います。要するに死後世界はあり、そこでもの凄く不利な状況に立たされるから止めた方が良い、浮浪者になってでも遊び歩いてでも、自殺するよりははるかに良い、ということです。乱暴にまとめると)とか、

http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31362969

・この本を読むと、これまで私もあなたと同じ様な疑問を抱いて来ましたが、誰もが抱くであろうこの手の疑問点が氷解します。

 まだこの手の書籍は色々あります。私は江原氏と美輪氏の本を読んでこの世のしくみが分かり、納得しました。

id:akira-a

私も美輪さんと江原さんの本は読み尽くしました。ありがとう。

2006/08/18 22:17:30
id:ElekiBrain No.9

ElekiBrain回答回数255ベストアンサー獲得回数152006/08/18 20:21:00

ポイント25pt

>人間は何故生きているのですか?

>誰に聞いても、どれだけ本を読んでも納得いく答えが見つかりません。

なぜ生きているか、という疑問はきっと誰にも分からないでしょう。しかし、なぜ生きているのか、という疑問が沸く背景には、きっとご自身が生きる目標を見失ってしまわれているからだと思います。人にはそれぞれ生きがいがあります。ない人にもそれは必ず見つかるでしょう。そう思わなければ生まれてきた価値が分かりません。そう思わない場合には必ずや目の前の失望に埋もれ明日を見失ってしまうことでしょう。希望を持って、目の前の興味を最大限に楽しんで生きることを覚えれば、小さな福はやがて大きな福となり人生を豊かにするものと思われます。

また「誰に聞いても」答えは返ってきません。山の中で修行をしても答えは見つかりません。自分が生きることに対して受動的である限りは何も見つからずに終わるでしょう。


>どうして生きなければいけないのか?

>どうして自殺はいけないのか?

自殺に不自由はありません。ただし、自殺という行為を呪縛するのは自身の心そのものだと思います。自分自身がこの世で生き切った、と感じるならば、切腹でも何でもできるはずです。「死ねない」というその一念は、自分の最後の望みとしてお受け止めください。

死にたい、という人ほど死にません。本当は「今の自分を殺したい=死にたい」という願望を肉体的な死という概念をもって代弁しているに過ぎません。本当は精神的な死を望んでいるはずです。

しかしながら、それは叶わないでしょう。人間は過去の物事をよくも悪くも引きずって生きる動物です。過去を脱ぎ捨てて別人になれるはずはなく、他から与えられたもので別人になれるわけでもありません。

自殺を咎める権限は何人にもありません。成すのは自分の心一つです。akira-aさんはきっと死ねないと思います。自分自身の中に希望を見出そうとしているからこそ、こうして質問しているのだと思います。

id:akira-a

そうかも知れない。自分は死ねないかも知れない。単なる甘えなのかも知れない。ありがとう。

2006/08/18 22:17:33
id:hirama119 No.10

hirama119回答回数3ベストアンサー獲得回数02006/08/18 20:28:35

ポイント4pt

生き物だから生きているんじゃないですか?石ならただそこにあるだけ、生き物もただ生きているだけです、存在そのものに理由なんて無いと考えています。

そしてその意味はその人が感じるものですよきっと

心から生きててよかった、生まれてきてよかったと思えたらそれが意味なんじゃないですか?

人生の意味が気になる人はきっとその喜びを見失っている人だと思えるのですが、そんな時は生きる意味なんか探さないで喜びを求めるべきだと思いますよ

人間だって動物なんですから理屈では無く本能が、心が感じる事がきっとどんな本や説法よりも納得できるはずです

その時初めて何故自殺がダメなのかもわかるのではないでしょうか?

id:akira-a

ありがとう。

2006/08/18 22:17:35
id:junti No.11

junti回答回数239ベストアンサー獲得回数32006/08/18 20:55:04

ポイント4pt

「ミミズの楽しみって何だろう」という歌がありましたが。

生きていくのに意味を見出そうなんていうのは、人間の思い上がりです。

敢えていうなら、生きている間に世の中を一つでもいいから良くすること。

id:akira-a

ありがとう。

2006/08/18 22:17:37
id:imo758 No.12

imo758回答回数121ベストアンサー獲得回数192006/08/18 21:50:35

ポイント1pt

akira-aさんは、どのような仮説や学問なら受け入れるのでしょうか。

進化論でしょうか。

機械的生物学論でしょうか。

臨床医学でしょうか。

社会学でしょうか。

歴史学でしょうか。

詩や芸術でしょうか。

人と人の交流でしょうか。

何かの宗教でしょうか。

まずはakira-aさん自身が受け入れている各種仮説がわからないことには、とっかかりが…。

id:akira-a

ありがとう。

2006/08/18 22:18:09
id:chapuchapu2525 No.13

chapuchapu2525回答回数1334ベストアンサー獲得回数92006/08/18 21:52:39

ポイント10pt

正しい答えなどはないと思っています。しかし、どうして生きなければならないのかというのは、この世に生まれたからではないでしょうか?ちょっと単純すぎますかね。

id:akira-a

ありがとう。

2006/08/18 22:18:25

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません