携帯電話会社のポイント(ドコモポイント、auポイント)は、携帯電話の通話料金・パケット料金割引に適用できないのはなぜでしょうか。



今はドコモポイントを貯めていますが、新機種購入などには使えるそうですが、一番使いたい料金割引には適用できません。(ドコモコインというのがあり、そちらは使えるみたいです。)auも見てみましたが、こちらも同じようです。

携帯電話の料金割引に適用できない理由をご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2006/08/23 18:57:32
  • 終了:2006/08/28 20:53:11

ベストアンサー

id:type9 No.4

type9回答回数939ベストアンサー獲得回数232006/08/24 08:33:42

ポイント22pt

携帯電話各会社のポイントは、あくまで基本使用料に対してつくサービスの一部と考えられます(ドコモがユーザーに対して行う促販サービス一部)。

ほとんどのプランで基本料金に通話料込み(無料通話分)という形で徴収されていますので、ポイントを通話料に適用できるとすると、余った通話料の繰り越しサービスとの二重割引になります。

携帯電話会社としては、基本料金という最低限の確定した収入源の確保はしたいわけです(単純に言えば、ポイントを料金割引できるようにしてしますと、携帯電話会社の最低限確保された収入源そのものが減ってしまうことになる)。

一方、ドコモコインについては、サイトへの登録による付加サービスです(広告主がユーザーに対して行う広告・促販)。ドコモはドコモコインというシステムと場を提供しているだけで、直接の収入源ではないため。

たぶんこんな感じの理由ではないかと思います。

id:hirotay1974jp

ありがとうございます。

皆さまの仰るとおりではないかな、と考えてます。

携帯電話会社の事業戦略以外に、総務省(電気通信事業法)などの規制があるのではないかと思っていますが、いかがでしょうか。

2006/08/24 11:01:19

その他の回答(3件)

id:aiaina No.1

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/08/23 21:45:05

ポイント23pt

通話によって溜まる、ポイントが通話で使えては、ドコモとして、意味が無いのではないでしょうか

そのポイントで、他のものを購入してもらうというメリットを考えての策略でしょう

id:mizunouenohana No.2

mizunouenohana回答回数920ベストアンサー獲得回数92006/08/23 22:01:43

ポイント23pt

携帯電話の収益の仕組みを簡単に考えると

おのずと推測されると思います。

「適用できない」のではなくて

携帯電話会社が「適用したくない」あるいは

「機種変や新規購入に使用してもらった方がメリットがあるから適用しない」からです。

というのは、通常の固定電話なんかと比較するとわかりますが

現在の携帯電話の販売の仕方は

通信事業者(Docomo、au等)だけが電話機を売っていますね。

固定電話ではそんなことはないですよね。

よく「1円」とかで売っていたり

およそ数万円はしそうな電話機を

数千円で売っているのが当たり前になっていますが

あからさまに赤字であることはお分かりだと思います。

ではなぜ明らかな赤字でも販売するのですか?

(代理店やらの流通のこともありますが、結局は通信事業者がこの赤字分をかぶっていますので)

それは通信費用(電話代やらパケット料金、基本料)でもうけることができるからです。

とにかく通信事業者は、たくさんの人に契約してもらいたいのです。

契約さえしてくれれば、少々赤字で電話機を売ってもいいと考えています。

後々通信費用で回収できるのですから。

で、一度契約した人にはなるべく解約されたくないわけです。

おおよそ解約する人は別の通信事業者に鞍替えするでしょうし

これは大変痛いですね。

とすれば、通信事業者は何らかの方法でお客さんを囲い込みしようとします。

長期に契約してくれると割引率を順次上げたり

年契約だと割り引きますよ、なんてのはいい例です。

こうしておけば、お客さんはなかなか他の通信事業社に移りづらいですよね。

ポイント制もそのとおりで

機種変とかにしか使えないとしておくと

たまったポイントがもったいないと思うのが人情ですから

1年、2年携帯電話を使って古くなった時に

通信事業者を変更しようかなーとか思ってても

「ポイントたまってるし同じ通信事業者で機種変更にしよう」

とか考えてくれて、引止め策になります。

これが電話料金そのものに使えてしまうと

そのような効果は皆無となります。

どうせ利用者に利益還元をするなら

何か作戦があった方がいいに決まってますよね。

というか、このポイント制自体が「囲い込みの作戦」なわけです。

というわけで、通信事業者は

はなっからこの「ポイント」なるものを電話料金に適用する気なんかさらさらないのです。

ちょっとまどろっこしい説明ですが

お分かりいただけたでしょうか。

id:sylphid666 No.3

sylphid666回答回数3302ベストアンサー獲得回数902006/08/24 02:30:00

ポイント22pt

推測の域を出ないので、申し訳ないのですが、ドコモポイントは通話料や基本使用料に関してついたポイントなので、同じ用途で使用することはできないのではないでしょうか。

ドコモコインはサイトのキャンペーンや買い物に関してつくポイントなので、通話料や基本使用料には使える、と。


あとは、携帯会社も利益を目指す普通の企業であるため(ドコモ側の負担が大きいため、ANAマイルへの交換ができなくなりましたし)、同じ機種を使い続けるよりもユーザーに機種変更をしてもらって機種変更に伴う手数料やら新たな機能を使うことによる手数料やらで儲けたいという意志はあると思います。そういった部分の促進という側面もあるのかなとは思いますが。

id:type9 No.4

type9回答回数939ベストアンサー獲得回数232006/08/24 08:33:42ここでベストアンサー

ポイント22pt

携帯電話各会社のポイントは、あくまで基本使用料に対してつくサービスの一部と考えられます(ドコモがユーザーに対して行う促販サービス一部)。

ほとんどのプランで基本料金に通話料込み(無料通話分)という形で徴収されていますので、ポイントを通話料に適用できるとすると、余った通話料の繰り越しサービスとの二重割引になります。

携帯電話会社としては、基本料金という最低限の確定した収入源の確保はしたいわけです(単純に言えば、ポイントを料金割引できるようにしてしますと、携帯電話会社の最低限確保された収入源そのものが減ってしまうことになる)。

一方、ドコモコインについては、サイトへの登録による付加サービスです(広告主がユーザーに対して行う広告・促販)。ドコモはドコモコインというシステムと場を提供しているだけで、直接の収入源ではないため。

たぶんこんな感じの理由ではないかと思います。

id:hirotay1974jp

ありがとうございます。

皆さまの仰るとおりではないかな、と考えてます。

携帯電話会社の事業戦略以外に、総務省(電気通信事業法)などの規制があるのではないかと思っていますが、いかがでしょうか。

2006/08/24 11:01:19

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません