オフショア投資について教えてください。

1.オフショア投資では非課税との触れ込みで薦めている書籍がありますが、結局日本の国内法で課税されるのですか?
2.オフショア投資にはオフショア銀行の預金金利でリターンを得る方法及び、オフショアファンドへの投資でリターンを得る方法があると思いますが、それぞれについて各銀行、各ファンドの格付け及び過去実績を記載したサイトはありますか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/08/25 01:58:53
  • 終了:2006/09/01 02:00:03

回答(2件)

id:batti55 No.1

batti55回答回数904ベストアンサー獲得回数272006/08/25 07:43:32

id:shooters

ありがとうございます

2006/08/25 12:47:29
id:aiaina No.2

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/08/25 09:46:51

ポイント35pt

http://freefinancial.web.fc2.com/sub1.html

オフショア投資の醍醐味はリターンの大きさと節税スキームです

投資出来る商品数の多さ、期間を選ぶことによって様々な投資が可能です。オフショア投資の魅力の一つはカントリーリスクがないことが上げられます。オフショアの国は殆どがAAAの国です。そして、

リターンも良いことから増えた時の節税に関しても考えておかなければなりません。オフショアは売却益、相続税などの税金が殆どありません。

   ・日本の金融システムに比べ非常に進んでいます

   ・所得税、法人税、贈与税、相続税、関税など節税対策

   ・国内の金融機関よりも格付が上である金融機関が多い

   ・政治的安定が続いている

   ・税の繰り延べができる

   ・共同名義で口座開設ができる

   ・多様なスキームを組み合わせることができる

   

例えば日本では国税・地方税あわせると実に利益の約半分は税金として取られてしまいます。減価償却税・消費税などを含めば業種により本当に法人は複雑な税金の仕組みになっています。

この為、専門の経理スタッフや税理士・公認会計士を嫌でも雇わなくてはいけない社会の構図となっているのです。

このオフショア地域で金融機関に個人口座を持つメリットがいかに大きいのかを感じてください。

id:shooters

ありがとうございます

2006/08/25 13:01:48

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません