法律上に推定規定とみなし規定(擬制規定)がありますが、文面上、みなし規定であるにもかかわらず、そのようなみなし効果(擬制)が否定される場合があるように解釈し得る条文の例をご存知であれば教えて下さい。知財財産法(特許法・商標法・著作権法など)は除いて下さい。よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/08/25 02:34:53
  • 終了:2006/09/01 02:35:03

回答(2件)

id:donkai No.1

donkai回答回数12ベストアンサー獲得回数02006/08/25 03:10:29

ポイント35pt

学生が就業する場合はどうでしょうか?

健康保険の69‐7

id:aiaina No.2

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/08/25 09:58:36

ポイント35pt

http://www.k4.dion.ne.jp/~noda2/newpage20.html

特例有限会社の「みなし規定」における定款変更の必要性について

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません