この映画のタイトルを教えてください


1)洋画でホラー
2)主人公は少年で少年の誕生日に物語がはじまる
3)誕生日プレゼントに父親から銅のメダルをもらう(このアイテムがキー)
4)村人が砂のなかにどんどん引きずり込まれる
5)最後に主人公が洞窟のなかで化け物達を発見して、敵の機械を使用して壁を崩すが、機械の燃料が銅だったため、プレゼントの銅メダルを使用して脱出できる

以上、記憶があいまいですがこんな感じの映画があったと思うのですが70年代か80年代の映画のためタイトルがわかりません
おしえてください。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/08/25 15:29:49
  • 終了:2006/09/01 15:30:04

回答(3件)

id:yukobe No.1

yukobe回答回数86ベストアンサー獲得回数62006/08/25 21:04:27

ポイント27pt

村人が土の中に引きづりこまれる、そして、銅の時計がポイントとなる、というのを聞いて、ガイ・ピアース主演の「タイムマシン」という映画に同じ場面があったのを思い出しました。

ただ、主人公は少年ではありません。

http://www.tsutaya.co.jp/item/movie/view_v.zhtml?pdid=100248...

この「タイムマシン」(2003年)は、1959年に同じ題名の映画をリメイクしたものです。

私は、新しいほうの「タイムマシン」しか見たことないのですが、おっしゃっている内容と年代からして、1959年の古い方の「タイムマシン」のことをおっしゃっているのではないでしょうか?

こちら(以下)は、新しい方の「タイムマシン」の説明です。

”未来をその目で見てきた男”と呼ばれた天才作家H・G・ウェルズ。

その曾孫に当たる本作がデビュー作となるサイモン・ウェルズ監督が、H・G・ウェルズの同名原作を1959年に続き再映画化したSFアドベンチャー。

少し詳しく説明されているサイト見つけました。

1959年のジョージ・パル製作、監督版の「八十万年後の世界へ タイムマシン」に次ぐ、H・G・ウェルズ原作の古典SFの2度目の映画化作品。

http://2.csx.jp/users/sinkan/eigahyou52/timemacine.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%...(2002%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)

正しくは、リメイクされる前は「「八十万年後の世界へ タイムマシン」という題名だったようです・・・

が、こちらで合ってますでしょうか?

もし、間違っていたら・・・ごめんなさい。

その場合はポイントいりません。

id:pyonmya

回答ありがとうございます

1959年のタイムマシンなのかも・・・?

調べてみます

2006/08/26 08:14:28
id:aiaina No.2

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/08/25 21:19:47

id:pyonmya

回答ありがとうございます

全然違うような気がするのですが・・・

2006/08/26 08:17:15
id:yukobe No.3

yukobe回答回数86ベストアンサー獲得回数62006/08/26 22:13:27

ポイント26pt

1で回答させて頂いたものです。

古い方の「タイムマシン」を見つけました。こちらです。↓

http://www.tsutaya.co.jp/item/movie/view_v.zhtml?pdid=100140...

ちなみに新しい方の「タイムマシン」について、内容をおっしゃっているポイントにあわせて、私がおぼえてる限りの中で補足しておきますと・・・

主人公は、鎖のついた時計(銅時計?)を持っている。

主人公は、発明家でタイムマシンを発明し、未来へ行くことになる。

行った先の未来は、「地上で生活する人」、「地下(土の中)で生活する人(というか化け物風)」の2種類の人種に分かれていて、地下の人(化け物)の方が力を持っていて、地上に生活する人を捕食して生活している。そのため、地上に生活する人は、地下の人から逃げるように生活している。

足腰の弱い老人は、よく逃げ遅れるため、地上の村には老人がほとんどいない。

「捕食されて生きること」が地上の人達には、あたりまえの生活となっており、怖がって、抵抗することさえしない。それを主人公は変えようとする。

主人公は、捕らえられた人を追って、地下(土の中)に

入っていくと、相手のボスがいて、対決することになる。

相手は強くて、負けそうになるが、最終的にその時計が鍵となり(機械に引っかかることにより)、それを利用して、主人公は助かり、ボスを倒す。

というのが、新しい方のタイムマシンのストーリーです。

リメイクなので、1959年の方も似たようなストーリーだと思うのですが・・・

もし、ポイントが似ていたら、確かめてみてください。

id:pyonmya

回答ありがとうございました

思い出してみましたが、やはり「タイムマシン」ではないように思います。

主人公が少年と大人の発明家では設定がちがいます。

「タイム・マシン/80万年後の世界へ 」にかんしても同様に少年が主人公ということは無いようです・・・。

なんとなく似ている作品ではあるようなので、タイムマシンにインスパイアされて作った映画なのかもしれませんね。



引き続き回答受け付けさせていただきます。

2006/08/28 08:23:32

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません