ヴェネチアのゴンドラ舟について、その構造、材質などが詳しいサイト、書籍をおしえてください。


ウィキぺディァは除外です。(確認済み)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/08/29 22:37:03
  • 終了:2006/09/03 09:03:06

ベストアンサー

id:Misora No.3

hebari回答回数68ベストアンサー獲得回数72006/08/30 16:37:13

ポイント30pt

http://www.gondolavenezia.it/homeng.asp

かなり詳しく解説されています

id:vcrystal

出来れば日本語が…。

でもいいサイトです。

感謝!!

2006/08/31 00:07:23

その他の回答(3件)

id:flying_baobab No.1

flying_baobab回答回数377ベストアンサー獲得回数72006/08/29 22:59:42

id:vcrystal

参考にさせていただきます。

2006/08/29 23:50:33
id:aiaina No.2

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/08/29 23:02:57

id:vcrystal

両方とも、すでに検索済みです。

すいません。

もっと詳しい構造などが知りたいのです。

2006/08/29 23:53:07
id:Misora No.3

hebari回答回数68ベストアンサー獲得回数72006/08/30 16:37:13ここでベストアンサー

ポイント30pt

http://www.gondolavenezia.it/homeng.asp

かなり詳しく解説されています

id:vcrystal

出来れば日本語が…。

でもいいサイトです。

感謝!!

2006/08/31 00:07:23
id:ayame2001 No.4

ayame2001回答回数456ベストアンサー獲得回数332006/08/30 19:01:30

ポイント30pt

英文ですが、歴史、各部の名称等。

http://www.cheapvenice.com/venice-gondolas.htm

伊語ですが右上で英語バージョンに変換可能。

http://www.gondolavenezia.it/homeng.asp


gondolier(ゴンドラ漕ぎ)の試験に挑戦しているドイツ人女性。1094年以来ベニス生まれの男社会のゴンドラ漕ぎに2度目の挑戦。筆記、実技、150時間の訓練にパスするか。またアメリカ人のゴンドラ職人も誕生。政策に600時間、価格は約$27,000。アメリカでも1万5千~3万8千ドルで買えます。

http://zoomata.com/?p=901

http://www.squero.com/


設計図がなぜ検索に引っかからないか?と意地になってたら、ゴンドラ作りは親から子へと世襲制。模倣船や設計図が盗まれるのを防ぐため、記録は一切残さず一子相伝で技を教え込んできたからだと。材質は樫、楡、ウォールナッツ、マホガニー等を組み合わせ、先端部分のカービングは火であぶってじわじわ曲げる。コンタクトを取れば下記URLでゴンドラ作りができるそうです。ただしベニスで500時間以上の作業をこなさなければなりません。費用・宿泊費・手間賃などはご相談です。

http://www.ac026.dial.pipex.com/Master24a.shtml

id:vcrystal

なるほど!

それで、あまりヒットしないのか。

ありがとうございます。

日本のサイトがあればいいのですが、むりですかねェ。

2006/08/31 00:13:31

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません