人を殺してもよい理由と、人を殺してはならない理由 もしそれぞれあると思えば各理由を40字以内くらいで書いて、説明のための補足があればその都度記載してください。(宗教的、道徳的、法律的、生物学的、倫理…)あらゆる学問の知識を利用してもけっこうです。その知識が他人への説得になると思ったら、ガンガン使ってください。要するに、自分以外の他人を説得させられるのであればどの知識を使ってもいいということです。

※注 他人を批判するときは、主張そのものや「その人」を攻撃するのではなくて、「その主張」の理由、前提などを攻撃してください。議論の基本です。
 

回答の条件
  • 1人20回まで
  • 300 ptで終了
  • 登録:2006/08/31 19:29:09
  • 終了:2006/09/07 19:30:34

回答(88件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
論理的に・・・ jan82006/08/31 20:19:44ポイント3pt

人を殺しても良い理由:自分や他の人を殺すことが出来るから。自殺したり、自分が死ぬまで人を殺しても良い。

人を殺してはならない理由:多くの人は生きたいと思い、他の人にも生きて欲しいと思うから。自分が死にたくなければ、人を殺してはならない。

たとえば、タイタニックを例に… zhengyi2006/08/31 21:48:22

人を殺してはならない理由:多くの人は生きたいと思い、他の人にも生きて欲しいと思うから。自分が死にたくなければ、人を殺してはならない。

タイタニック号が沈没したとき、救助ボートが足りませんでしたが、他の人をかきわけて自分が助かることは結果的に他人を殺すことになります。緊急避難37条になりますが、この事例の場合、生きたいと思っている人を殺すことになりますが、どのような理由で許容できるといえますか。

感情的に・・・ jan82006/08/31 22:16:37ポイント2pt

そのような場合、多くの人が「自分は死にたくないし、他人も死なせたくない」と考えるでしょう。生存者が犠牲者を殺したとは言えないと思います。「殺す」の定義を「殺したいと思って殺す」と「殺したくないと思いながら結果的に死なせる」に分けなければなりません。

作為と不作為を区別ですね。… zhengyi2006/08/31 22:45:06

その前に、

のような場合、多くの人が「自分は死にたくないし、他人も死なせたくない」と考えるでしょう

について、異論です。

そのような極限状態であれば、「自分は死にたくないが、全く知らない他人はどうでもいい」と考えるひとがあるいは多いかと思いませんか。とはいっても、結局いずれにせよ、不作為になるわけですが…。

そして、不作為の殺人であった場合、見捨てた人に対して「あんたひどいじゃないか」と責めることはできない、というわけですね。

そうかもしれませんね・・・ jan82006/08/31 23:27:08ポイント1pt

お互いに助かりたいという人が多ければパニック状態にならないはず。ということは、やはり他人のことはどうでも良いと考える人が多いのでしょうね。パニック状態で気付いたら生きていたという人に比べ、他人の事をどうでも良いと考える人は、自分の生存後について考える余裕があると思います。緊急避難時に犠牲者を押しのけて助かった生存者を責めることは出来ませんが、生存者は事実を知る人達の中で生きていくのが辛いでしょう。人を殺してはならない理由は「自分が死にたくなければ、人を(殺意を持って)殺してはならない。」と、より狭義に訂正します。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません