人を殺してもよい理由と、人を殺してはならない理由 もしそれぞれあると思えば各理由を40字以内くらいで書いて、説明のための補足があればその都度記載してください。(宗教的、道徳的、法律的、生物学的、倫理…)あらゆる学問の知識を利用してもけっこうです。その知識が他人への説得になると思ったら、ガンガン使ってください。要するに、自分以外の他人を説得させられるのであればどの知識を使ってもいいということです。

※注 他人を批判するときは、主張そのものや「その人」を攻撃するのではなくて、「その主張」の理由、前提などを攻撃してください。議論の基本です。
 

回答の条件
  • 1人20回まで
  • 300 ptで終了
  • 登録:2006/08/31 19:29:09
  • 終了:2006/09/07 19:30:34

回答(88件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
答えは簡単 shougojpn2006/08/31 22:34:58ポイント7pt

殺してはいけないものは殺してはいけないのです。

たしかに… zhengyi2006/08/31 22:38:36

理由はないかもしれませんが…

それでは、殺してもよいという人に対して、絶対説得はできませんね。

Death noteを読み込んでる少年ですね tosyosisyo992006/09/01 11:07:15ポイント5pt

漫画ばかりではなくて、他の膨大な数の書物を読みなさい。

あなたが疑問に思っていることは、

「哲学」と言う学問の分野です。

池田晶子は読みましたか?答えの一片が書いてあります。

http://www.amazon.co.jp/14%6b73%304b%3089%306e%54f2%5b66%201...

ちなみに私自身は、自分の子供が殺されたら「敵討ち」はしますね。

 1W5Hは大切ですが……。 adlib2006/09/01 15:00:44ポイント2pt

 

 tosyosisyo992pt さんが(背後から肩を叩くように)本論と直接関係

のない文献を持ちだしたので、質問者も閲覧者も混乱しています。

 以下「なぜ、誰が、いつ、どこで、何を、どのように云ったか」

 

 池田 晶子は、専門知識や用語に頼ることなく、日常の言葉によって

「哲学するとはどういうことか」を語っているそうです。

── 《事象そのものへ! 1991‥‥ 法蔵館》連載

 

 つまり「学問は、研究室や図書館に在るのではなく、日常の中に在る」

という表現は、とても便利なので、わたしも何度か転用しましたが、か

と云ってなにか目あたらしい哲学が出現するとは期待できません。

 

♀池田 晶子 哲学 1960‥‥ 東京 /慶應義塾大学文学部哲学科卒業。

 つぎの三部作は、14歳&41歳を対比した、数合わせのような題名

なので、手にとる気がしません。⇒「すこしづつ判りはじめたこと」

 

── 《14歳からの哲学 ~ 考えるための教科書 2003‥‥ トランスビュー》

── 《41歳からの哲学 2004‥‥ 新潮社》

── 《勝っても負けても 41歳からの哲学 2005‥‥ 新潮社》

m(_ _)m zhengyi2006/09/02 01:35:20

m(_ _)mどうもありがとうございました。

別に真剣に疑問に思っているわけではありませんし、マンガばかりも読んでいません。 zhengyi2006/09/01 14:10:20

1,なぜ、デスノートがここででてくるのですか?仮に読み込んでたとして、何か問題がありそうな表現ですね?

2,それに、勝手に私を少年と決めつけないでください、また仮に少年であったとしても議論とは関係ありません。

3,

膨大な数の書物を読みなさい。

確かに本をたくさん読めば、本件のような疑問に関して適切な考え方がわかるかもしれません。

しかし、本件のような哲学的な質問あるいは議論をしている最中の人に対して、「本を読みなさい」といっても説得力がないと考えます。

4,

池田晶子は読みましたか。…書いてあります。

もし、あなたが読んでいて理解しているのならば、引用もしくはあなたが理解している範囲で紹介してくださるとありがたい。

池田晶子さんは読まなくとも… steigen2006/09/01 17:54:26ポイント1pt

永井均さんも書いていましたが(『〈子ども〉のための哲学』とかで)、本を読まなくても、子どもでも、哲学は出来ますよ。哲学者なんていっぱいいますから、哲学専攻の学生でもない限り、好みの合う人のを読めばいいと思います(ちなみに私は池田さんは好みではありません)。

「真剣に疑問に思っているわけではありません」というのは、まぁそうなんだろうなぁとは思いますが(インターネット上ですしね)、真剣に答えようとしている回答者が居ることもお忘れなく…。ちょっと淋しく感じました。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません