人を殺してもよい理由と、人を殺してはならない理由 もしそれぞれあると思えば各理由を40字以内くらいで書いて、説明のための補足があればその都度記載してください。(宗教的、道徳的、法律的、生物学的、倫理…)あらゆる学問の知識を利用してもけっこうです。その知識が他人への説得になると思ったら、ガンガン使ってください。要するに、自分以外の他人を説得させられるのであればどの知識を使ってもいいということです。

※注 他人を批判するときは、主張そのものや「その人」を攻撃するのではなくて、「その主張」の理由、前提などを攻撃してください。議論の基本です。
 

回答の条件
  • 1人20回まで
  • 300 ptで終了
  • 登録:2006/08/31 19:29:09
  • 終了:2006/09/07 19:30:34

回答(88件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
どっちもあり、どっちも良い kuramoto2006/09/01 14:17:23ポイント2pt

現実問題としては、人を殺して良いか悪いかは人間が決めるものだ。

人を殺していいか悪いかは、ルールで決まっている。しかしそのルールは、人類の心の奥に潜んでいる。

人を殺して悪いと言う人は、自分が殺されたくないから

自分が殺されたくないから、人を殺していけないと、人間全員で決めたのだ。

ただそれだけ

神から見れば、死も生も同じ価値

死があるから生がある

死がなければ生もない

死と生があるからこの世は生まれた

そして

何かの死の上に他の生が築かれいる現状

自分がされて嫌な事は人にするな!

殺されて嬉しい人間はいない

まあいずれにせよ

人を殺して良いか悪いかは人間が決めていることだから

議論しても決着はつき難いだろうと思う

>殺されて嬉しい人間はいない mmmx2006/09/01 16:32:53ポイント1pt

殺されて嬉しい人間も少なからずいます。

彼らの場合は一体どうなるのでしょう。

>人を殺して悪いと言う人は、自分が殺されたくないから

>自分が殺されたくないから、人を殺していけないと、人間全員で決めたのだ。

では、人を殺して良いと言う人の場合はどうなるんですか?

人間全員で決められたのはいつ、誰がですか?もしそれが真実ならば

「人間全員」というよりも「自分が殺されたくない」と思っている集団だけで決めたのでは?


>死があるから生がある

>死がなければ生もない

>死と生があるからこの世は生まれた

そもそも生が存在しなければ死も存在しないのでは?

どちらにしろ、"だから"死と生が同じ価値とはいえない 何か決定的な証拠はありますか?

生と死の重さや価値を計る方法はありますか。

そもそももしも死と生が同じ価値であったとしても、殺しをしてはいけないという結論に結びつかない

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません