74hc4046をvcoとして使いたいのですが、どれも、pllとしての組み方しか書いてません。(必ず入力SIGが必要)単純に考えてvco INに何も接続しなければいいのかなと(そうすれば、vOUTから電圧に比例した周波数の信号が得られるの?)と思っていますが、こういう理解で正しいのでしょうか。http://www.electronics-tutorials.com/devices/74hc4046.htm

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/09/02 09:06:27
  • 終了:2006/09/09 09:10:02

回答(3件)

id:virtual No.1

virtual回答回数1139ベストアンサー獲得回数1282006/09/02 10:16:14

ポイント27pt

74HC4046は使ったことがありませんが、オリジナルの4046と動作は同じだと推察します。特性はかなり違うと思いますので以下の話はその点を留意下さい。


VCO INに所定の電圧を加えることでVCOの周波数が変わります。VCOがVCOであるゆえんです。

ICの内部構成から言うと4046の位相比較器とVCOは独立しているのでご質問のようにVCO部分だけを使うことは可能です。

http://www.hobby-elec.org/ckt15.htm

ここらあたりを参照すると分かりやすいでしょう。

http://www.hobby-elec.org/datasheet.htm#4046b

データシートはここに自己解凍形式でPDFファイルがあります。

これによるとVCO部分が独立した機能として説明されていてVCOの最大周波数と最小周波数の決定方法と、VCO INにVSS(0ボルト)を加えた時に最小周波数、VDDを加えた時に最大周波数でVCOが発振することが示されています。

ただ、このICは何らかのフィードバックをかけて(つまりPLLとして)使うことが前提のデバイスなので単独で使った場合の周波数の精度と安定性は期待できません。


http://www.ne.jp/asahi/fa/efu/measure/cdjit.html

74HC4046のVCO部分だけを単独で使った例を見つけました。ご質問の回答になると思います。


http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/33/33451.htm

もしまだでしたら、こういう本で勉強されると良いと思います。

id:youkan_ni_ocha

やはり、実はさきほど、実験してみましたが、シグナルをいれずに発振させると、確かに発振はしますが、おそろしく波形が汚い出力がでます。電圧に伴い、周波数も変化しますが、使えるレベルではありませんでした。日記の方に画像upします。例のHPですが、これもVco inにシグナルを入れています。やはりこういう使い方が本来の使い方みたいですね。でも、ものの本には 普通に発振するみたいな事かいてあるんだよな。

2006/09/02 11:27:18
id:chintaro3 No.2

chintaro3回答回数19ベストアンサー獲得回数12006/09/02 10:50:10

ポイント27pt

テキサスインスツルメンツのデータシートを見ると、(英文ですが・・・)

http://focus.ti.com/lit/ds/symlink/cd74hc4046a.pdf

 

74HC4046にはφというブロック(周波数比較器)と、VCOそのものが入っていることが解ります。VCO INに入力した電圧にだいたい比例して、VCO OUTの周波数が変化します。入力電圧と出力周波数のグラフも上記のデータシートに載っています。

 

周波数比較器の入力は適当につないでおいて出力をOPENにしておけば良いでしょう。(入力をOPENで放っておくのはダメですよ)

 

注意が必要なのは、このICの出力周波数は周囲温度や電源電圧にもけっこう影響を受けます。必要な安定度が得られないかもしれません。また、1台だけの実験では問題ないですが、同じものを複数台制作しようとすると、ICのバラつきが無視できないと思います。メーカーによってもVCOの特性はけっこう異なるようです。

 

そういうわけで、単体のVCOとして使う方法は工業製品向きではないので、情報が少ないわけです。

実験用には色々と手軽に応用できますね。

id:youkan_ni_ocha

やはりこれはPLL用みたいですね。

2006/09/02 11:31:43
id:jan8 No.3

jan8回答回数455ベストアンサー獲得回数962006/09/02 11:05:24

ポイント26pt

そのような理解で正しいと思います。「PLLとしての組み方」の回路図から、分周期とローパスフィルタを取り除き、位相比較器に関連する端子処理を行えば、VCOは独立して動作すると思います。「VCOINに何も接続しなければ」というのは、「VCOINにローパスフィルタの出力を接続せず、ただVCOINに入力電圧を接続すれば」ということですよね。

PLL回路の設計と応用―ループ・フィルタ定数の算出方法とその検証 (新コアBooks)

PLL回路の設計と応用―ループ・フィルタ定数の算出方法とその検証 (新コアBooks)

  • 作者: 遠坂 俊昭
  • 出版社/メーカー: CQ出版
  • メディア: 単行本

id:youkan_ni_ocha

そうです。シグナルのかわりに直流電圧をつっこんでやるという意味です。

2006/09/02 11:33:15

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません