営業職のイヤな意味での忙しさ・大変さがわかる映画、ドラマ(レンタルで借りれるもの。できれば邦画。)を教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/09/04 13:56:46
  • 終了:2006/09/11 14:00:03

回答(6件)

id:hhkznz No.2

hhkznz回答回数103ベストアンサー獲得回数122006/09/04 17:13:17

ポイント19pt

「愛という名のもとに」1992年フジテレビ

証券会社に勤めるチョロ(中野秀雄)は、上司からのいびりが原因で自殺します。売れない営業マンの辛さが胸に刺さる作品でした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E3%81%A8%E3%81%84%E3%...

id:tehi No.3

ハバネロ回答回数423ベストアンサー獲得回数52006/09/04 17:46:00

ポイント18pt

http://www.fujitv.co.jp/jp/b_hp/kanojo/

http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Vega/3950/

「彼女たちの時代」ですかね

椎名桔平さんのやってる佐伯啓介がどんどん追い詰められていきます。

id:aqua39 No.4

いるか回答回数9ベストアンサー獲得回数02006/09/04 17:46:53

ポイント18pt

■恋ノチカラ(深津 絵里、堤 真一)

http://wwwz.fujitv.co.jp/jp/b_hp/power/

ラブストーリーですが、会社を立ち上げるはめになってしまう主人公が悪戦苦闘するお話です。

営業も仕事の一環として入っています。

営業というより、経営になってしまうかもしれませんがおもしろかったです。

id:tojuro_s No.5

tojuro_s回答回数2ベストアンサー獲得回数02006/09/04 23:36:22

ポイント18pt

 北野武監督の『キッズ・リターン』

 脇役ですが、主人公(金子賢、安藤政信)の同級生で、就職して、しがない営業マンになる青年が登場します。

 上司に無茶なノルマを押し付けられて、仕事が嫌になって会社を辞め、映画の後半でタクシー運転手に転職してまた登場する辺り、サラリーマンの悲哀を感じさせます。

id:MOKEI No.6

MOKEI回答回数312ベストアンサー獲得回数132006/09/05 01:29:28

ポイント18pt

「燃ゆるとき」

http://www.toei.co.jp/moyurutoki/

カップラーメンメーカーの海外進出での苦労と葛藤を描いた作品ですが、

かなりリアルな、困難な営業職が描かれています。


サクセスストーリーではありますが、

働くことのなんたるかが熱く描かれます。

プロジェクトXなどを好む方はこの映画は好きだと思います。

良い意味で辛い営業がわかります。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません