営業マンがきて、レバレッジドリースという商品を薦められ、購入を検討しています。

営業マンは節税になる等いいことしかいいませんが、危険性はないのでしょうか?
危険性があれば教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/09/04 16:03:09
  • 終了:2006/09/07 19:26:15

ベストアンサー

id:Kumappus No.4

くまっぷす回答回数3784ベストアンサー獲得回数1852006/09/04 18:25:19

ポイント50pt

レバリッジドリースは簡単に言ってしまうと「借金して割り勘で超高額なリース物件を買ってそれを貸す」ことです。

レバレッジドリースの本来的なメリットは節税というよりも納税の先送りです。利益の確定を先延ばし(最初の段階では投資額のほうが多い、つまり損失を計上できる)できるので、リース期間後半で納税すればいいということですね。

http://www.scl.co.jp/recruit/project04.html

インフレ傾向が見込まれる場合は払う時点では税が軽減されているということはあります。

ですので長期的に運営して、後半に計画的に赤字が出るように(例えば他のレバレッジリースを組み合わせる)すれば実質税金はチャラになります。

ただし、これは「損益計上」ということもあるように法人税についての話で

http://www.bird-net.co.jp/rp/TP040325.html

節税商品として有名なレバレッジドリースが個人について否認となりました。個人70人に対して一斉に追徴課税となり、数十億円の申告漏れです。

となりました(単純計算で一人頭数千万の申告漏れっすねー。ひょえー)。

さらに法改正、規制強化の結果

http://blog.livedoor.jp/fptrcniimimasaya/archives/50154619.h...

http://shiropenk.exblog.jp/3070810/

http://chou-acctg.cocolog-nifty.com/memo/2005/01/__1.html

かなり節税効果が減ることになりました。おそらく今後はこのやり方で節税できなくなると思います。

http://jcexp.jp/suzukiblog/archives/2005/10/index.html

リースなので、リース先が倒産したりしてリース代金が回収不能に陥った場合は利益は全然出ないことになります。

また、リース先が海外の場合は当然為替レートの影響も受けます。

id:perule

詳細なご説明ありがとうございます。

2006/09/04 21:39:49

その他の回答(5件)

id:kakasi7 No.1

kakasi7回答回数336ベストアンサー獲得回数82006/09/04 16:13:54

ポイント20pt

「ファイナンシャルプランニングの達人」

下記の様な記事が、ご参考まで

http://blog.livedoor.jp/fptrcniimimasaya/archives/50154619.h...

id:perule

ありがとうございます。

このような説明を聞きました。

2006/09/04 21:35:32
id:b-wind No.2

b-wind回答回数3344ベストアンサー獲得回数4402006/09/04 16:34:44

ポイント20pt

http://www.ufjcl.co.jp/ps/qn5/guest/news/showbody.cgi?CCODE=...

営業者の管理している親会社が倒産等に至った場合に、営業者の運営に支障がでる可能性があり、その場合最悪のケースとしてリースが中途解約され、出資金が一部返還できないリスクがあります。

だそうです。

id:perule

貴重な情報ありがとうございます。

2006/09/04 21:36:33
id:aiaina No.3

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/09/04 17:30:40

ポイント20pt

レバレッジドリースleveraged leaseですね。

・投資家のメリット

 節税効果があるので、一般の相場より利回りが低いがトータルでは得

・リース会社のメリット

 投資家から相場より低利で資金調達できる

・リースユーザーのメリット

 従って相場よりリース料が安くなる

ということだと思います。

投資家から見て、梃子(てこ)が小さい力で大きなものを動かせるのと同じように、少ない資金で大きな資産を保有できる(税制面から見て)ということです

http://q.hatena.ne.jp/1157353387

id:perule

わかりやすいご説明ありがとうございます。

2006/09/04 21:38:37
id:Kumappus No.4

くまっぷす回答回数3784ベストアンサー獲得回数1852006/09/04 18:25:19ここでベストアンサー

ポイント50pt

レバリッジドリースは簡単に言ってしまうと「借金して割り勘で超高額なリース物件を買ってそれを貸す」ことです。

レバレッジドリースの本来的なメリットは節税というよりも納税の先送りです。利益の確定を先延ばし(最初の段階では投資額のほうが多い、つまり損失を計上できる)できるので、リース期間後半で納税すればいいということですね。

http://www.scl.co.jp/recruit/project04.html

インフレ傾向が見込まれる場合は払う時点では税が軽減されているということはあります。

ですので長期的に運営して、後半に計画的に赤字が出るように(例えば他のレバレッジリースを組み合わせる)すれば実質税金はチャラになります。

ただし、これは「損益計上」ということもあるように法人税についての話で

http://www.bird-net.co.jp/rp/TP040325.html

節税商品として有名なレバレッジドリースが個人について否認となりました。個人70人に対して一斉に追徴課税となり、数十億円の申告漏れです。

となりました(単純計算で一人頭数千万の申告漏れっすねー。ひょえー)。

さらに法改正、規制強化の結果

http://blog.livedoor.jp/fptrcniimimasaya/archives/50154619.h...

http://shiropenk.exblog.jp/3070810/

http://chou-acctg.cocolog-nifty.com/memo/2005/01/__1.html

かなり節税効果が減ることになりました。おそらく今後はこのやり方で節税できなくなると思います。

http://jcexp.jp/suzukiblog/archives/2005/10/index.html

リースなので、リース先が倒産したりしてリース代金が回収不能に陥った場合は利益は全然出ないことになります。

また、リース先が海外の場合は当然為替レートの影響も受けます。

id:perule

詳細なご説明ありがとうございます。

2006/09/04 21:39:49
id:odaking No.5

odaking回答回数3ベストアンサー獲得回数02006/09/04 21:25:53

ポイント20pt

リースについて以前読んだ本です。(内容を忘れてしまったため、

直接の回答でなくてすいません)

とてもわかり易い本ですので、リースに踏み切る前に一読

することをお勧めします。(一通りのリースの種類と考え方、

メリット/デメリット等が具体的に記載されてた記憶が

あります。)

リースの知識 (日経文庫)

id:perule

ありがとうございます。

2006/09/06 12:32:11
id:TOURCONTAKUTER No.6

TOURCONTAKUTER回答回数1139ベストアンサー獲得回数232006/09/04 21:39:13

ポイント20pt

http://www.fgl.co.jp/service/leveraged.html

 メリットとリスクがわかりやすく紹介されています。

id:perule

ありがとうございます。

2006/09/06 12:33:16

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません