現在は法規制されているがインターネット普及初期は問題とされなかったもの、(例 出会い系サイト年齢制限無し等)そして今後規制されるであろうインターネット上の事象、以上2点を教えて下さい。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2006/09/08 09:35:20
  • 終了:2006/09/15 09:40:04

回答(3件)

id:Twill No.1

Twill回答回数112ベストアンサー獲得回数72006/09/08 10:03:47

ポイント27pt

初期に問題にならなかったものというより問題が潜在化していたものの典型はやはり著作権でしょう。

MP3等の音楽データ、通称ROMと呼ばれているゲームエミュレータのソフト、歌謡曲の歌詞などです。

とくにMP3については、最初はごくごく普通の個人サイト上に堂々と公開されていましたが、途中から規制が出てきましたね。

当時のハードウェアスペックではやはり大容量ダウンロードに無理があり、回線リソース問題(という名目)で各プロバイダが規制をかけてきました。このとき公開者はファイルを分割してのダウンロードの推奨(「1人1ファイルずつでお願いします」など)、隠しサイトでの公開(「メール会員への限定公開」「パスワードによる利用者限定化」で乗り切っていました。

次にJASRAC(日本音楽著作権協会)が動き出し、サイトへの勧告を出すようになりました。

ここらへんで普通の(?)個人サイトからは一掃された感じですね。

今後の規制は非常に難しいですが、個人的にはネット専用の法のようなものができるのではないかと思っています。いまもありますが、いまあるものは現実社会用のものに追加されている程度でばらばらしています。ネット社会を1つの国みたいに考え、その中でしっかりとしたルールを確立させ、もちろんこのルールについては義務教育で教育させたのち、利用可能とさせる・・・よってある程度教育を受けないとネットもできなくなるんです(笑

もちろんこれに則らない裏のネット社会はいつまでも続くでしょう。ただその事実を知っている人(=その社会を垣間見る人)は非常に少ない人口になります。

期待した答えになっていますでしょうか?

id:TomCat No.2

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/09/08 10:38:24

ポイント27pt

http://abw.seesaa.net/article/4463453.html

http://www.pettrouble110.com/page012.html

動物のネット販売。

 

2000年までは何の届け出も必要なく誰でも動物の販売が行えましたが、2000年からは都道府県から認定を受けた動物取扱主任者を配置した届け出業者のみに限定され、さらに本年6月1日からは都道府県知事の許可登録制となって、自らは飼養施設を持たずインターネット上で取引をするだけの業者も、登録を受けなければ営業できないことになりました。

 

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/yakuji/kansi/datudora...

今後法的に規制されると予想されるのは、いわゆる脱法ドラッグと(既に東京都では条例による規制が始まっています)、

http://www.sosiga.jp/

誹謗中傷でしょう。個人の受ける被害については規制というよりも救済に重点が置かれると思いますが、企業の風評被害などについては、何らかの方法で未然に被害を防ぐような法規制の要望が早晩強まってくると予想されます。

id:aiaina No.3

aiaina回答回数8179ベストアンサー獲得回数1312006/09/08 12:06:28

ポイント26pt

http://www.soumu.go.jp/iicp/chousakenkyu/data/research/month...

こちら参考になりそうです^^

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません