以前、ニュージーランドでこんな経験をしました。

まず、焚き火をしてその中に石を入れました。それを野菜をアルミホイルで包んだものと一緒に海岸の砂浜に埋めました。それをしばらくして(1時間くらいだったと思います)掘り出すと、野菜が蒸し焼きになっていておいしく食べれました。そのとき、ガイドが英語でいろいろ説明してくれましたが、自分には聞き取れませんでした。
同じことを日本でやりたいと思いますが、石の種類(どんな石でもいいわけではありませんよね?)とか埋める場所とか、いろいろ条件があると思います。ご存知の方は何らかの情報をいただけたら幸いです。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 登録:2006/09/09 07:08:32
  • 終了:2006/09/09 20:40:30

回答(6件)

id:jojohate No.1

jojohate回答回数19ベストアンサー獲得回数02006/09/09 08:15:15

ポイント10pt

似たような料理に石焼き芋がありますが、

私は川原に落ちている丸い石を拾って使ってます。

石を直火にかけて焼くと割れるものがありますので、

割れない石だけを選びます。

(石が割れたときに破片が飛び散るので注意!)

申し訳ないですが、石の種類まではわかりません。


砂の中に埋めるのは保温のためだと思います。

乾いた砂は熱を伝えにくいので(空気層があるため)

現地ではこの様な方法で調理していると考えます。

日中だと砂自体の温度も高いので、より冷めにくくできるでしょう。


http://www.yahoo.co.jp/

id:marumi No.2

marumi回答回数2608ベストアンサー獲得回数32006/09/09 08:25:09

ポイント25pt

http://r.gnavi.co.jp/a176600/

http://www.jam-karet.jpn.org/samoa/umu.htm

http://www3.ocn.ne.jp/~awasimag/ryouri.html

これは実際バーベキューをした時にやったことがあります。

http://www.epigas.com/cook/cook02.html

石は大きな石でよく洗えば大丈夫です。

砂に埋めても出来ますし、石の上に食材を置いて焼いて食べることも出来ます。

ただし砂の場合、食材に砂が入らないようにしなければいけないですね。砂に埋めなくても、石の上にアルミホイルでくるんだ野菜など入れて焼けば蒸し焼きは出来ると思います。その時焦げないようにアルミホイルに軽くバターなどぬり、食材を入れてお酒など少量振りかけて焼けば蒸し焼きが出来ますよ。

id:Kumappus No.3

くまっぷす回答回数3784ベストアンサー獲得回数1852006/09/09 08:51:50

ポイント25pt

調べてみました。ストーン・ボイリング法という調理法がそれにあたるようです。石器時代から行われていた調理法です。

http://www.city.kita.tokyo.jp/misc/history/bunka/exp08_04.ht...

http://myhp.wonder-ocean.com/theme_read/65082CAA-26D4-406A-9...

で、やはりアウトドアは海外!なのかなー。英語のページは結構ひっかかりました。

http://www.texasbeyondhistory.net/bowie/middenwhat.html

こちらは焚き火も穴の中でやっちゃうやり方です。海岸だと水が染み出てくるので、ステップ1,2のところを他の場所でやって石を持ってくればいいでしょう。葉っぱを使わなくてもアルミホイルで包めば同じか。

  1. 直径約1~1.5m,深さ30cmの穴を掘り、焚き火をする
  2. 焚き火が燃えている間に大きめの石を十分に焼く
  3. 葉っぱなどを燃えつづけている火に直接触れないように置いてその上に食べ物を置く。さらに上に葉っぱなどを置く。
  4. 上に土をかぶせ「土のオーブン」にする。24から72時間放置。これは食べ物の種類や量で変わる
  5. 十分に火が通った頃を見計らって土を取り除く

(以下は古代人が再利用していたときの話なので略)。

野菜類であれば1時間もやっていれば十分でしょう。蒸し焼きにするので土にある程度湿り気が必要。

また、どういう石が適しているかについても

http://survival.com/IVB/index.php?showtopic=57

では

I use rocks like the once that you will find on the rail road tracks

線路のジャリでやったひとがいますね。

http://www.natureskills.com/stone_boiling.html

こちらは石でお湯を沸かす実験で、

Basalt=玄武岩が最強 となっています。

id:nzsheep No.4

nzsheep回答回数3ベストアンサー獲得回数12006/09/09 12:29:08

ポイント20pt

この料理方法は、「ハンギ」と呼ばれるマオリの料理方法だと思います。

ハンギの作り方については、こちらに日本語で掲載されていました。HANG

説明によれば、石は普通の石だと熱したときに割れやすいということなので、溶岩石を使うとよいとのことです。

id:pata286 No.5

pata286回答回数80ベストアンサー獲得回数02006/09/09 12:43:35

ポイント20pt

http://www.ytv.co.jp/ryorinin/index_set.html

日本テレビの「嗚呼!花の料理人」という番組で、ハンギという料理として紹介されていました。

id:ootuka-rio No.6

ootuka-rio回答回数22ベストアンサー獲得回数02006/09/09 18:27:25

ポイント10pt

焚き火の熱で暖めた石でホイルを暖めているだけなので基本的には石も場所もほぼ関係ありません。現在も東南アジアでバナナにくるんで同じことをしているそうです。

id:naoday

一括レスで失礼します。

さっと見たところ、何パターンかあるようですが、実際にいくつか方法があるのでしょうね。

あとは自分で実験してためしてみます。ありがとうございました。

2006/09/09 20:38:21

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません