戦前の昔と比較して、

親を尊敬しない子供が増えている(らしい)
と聞いたことがあります。

何か、小学生・中学生・高校生を対象にした、
家族・家庭に関する意識調査(街頭インタビュー、
学校単位での調査など)
の資料があれば教えて下さい。

その話が事実なのかどうか検証したいと思っています。

「親が嫌い」「親とは話をしない」「親の顔を見ると吐き気がする」
などの意見が実際にあるのであれば、

若い世代たちの生の声を是非知りたいです。

よろしくお願いします。
※なるべく新しい(過去5年ほどの)データ、
事例でお願いします。

   

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/09/18 18:59:59
  • 終了:2006/09/19 13:51:56

回答(3件)

id:fseo No.1

fseo回答回数1ベストアンサー獲得回数02006/09/18 19:38:58

ポイント27pt

http://q.hatena.ne.jp/1158573597

↑ダミー

尊敬できないなと思う、父について子供の立場で言わせてもらいます。文が下手です。すみません。本題に入らせてもらいます。

言っては何ですが親の悪い面ばかり見えてしまうんですよね。見た感じいいと頃がよく分かりません。

親が嫌いと言う訳ではなく普通に話もしますし、吐き気もする訳でもないのですが一番よく思う事を書かせてもらいます。

「すぐ怒る」

何かするとすぐ怒るんです。そんなの当たり前だという人もいるかもしれませんが、説教とかではなく怒るんです。3人兄弟なのですが一番、上の子が怒られてる様子を見るとよく分からないことばかりですし、部屋の前を通る時に独り言のように相手に言ってくる子供みたいなことをしてきます。さらに、自分が喧嘩で不利になってくると「はいはい、私が悪いですよー」と話も聞かなくなり寝室に行きます。しかし、すぐ帰ってきて、言いたい事いったらすぐ寝室に帰って行きます。多分、考えをまとめに言ってるのではないかと思っていますが関係ないですね。自分としては父なのだからもう少し説教とかしてくれないかなと。ただ意味が分からないところで怒るのではなく、子供の悪い所を諭すようにし、それができなくても、切れて暴力を振るう(理性が残っているのか物を投げたり、枕で殴るくらいですが)ような事や、よく意味が分からない話で怒ってくる事ををしないでほしいな、と思っています。

自分は親に希望を持ちすぎて現実のギャップに幻滅してるのかなと思った事もありますが、どうなんでしょうかね。自分のことですが怒られた反感ってだけかもしれません。また、これは自分の親についてなので他の人に当てはまるかはわかりませんが・・・

実はものすごい合理的な考えの元、怒り、ときどき暴力を振るっているだけで自分が間違ってるのかもしれませんが、とてもじゃないが尊敬はできません。

id:takokuro No.2

takokuro回答回数262ベストアンサー獲得回数32006/09/18 22:00:46

ポイント27pt

昔は社会自体が有機的に個人とも繋がって、個人の個性、考え方を尊重し、一律化する必要も無く、時間をかけて互いに面と向かって話し合ったり相談する機会も時間もとても多かった。。

昨今の日本社会での個人はまったく!取替え可能な【部品】としてマニュアルで機能させる効率を評価してるため、人柄、個性、信念がスーパー・flatになってしまっているのではないか。。??!

http://h

id:ayame2001 No.3

ayame2001回答回数456ベストアンサー獲得回数332006/09/19 03:35:33

ポイント26pt

ちょっと変わった視点から『お金のやりとりからみた子供の親子関係と友達関係』という大阪の小中高生にアンケート調査した結果からの子供の親に対する考え方の一部が見て取れます。

①親が私におこづかいをくれることを約束したら,どんなことがあってもその約束は守るべきである(約束要厳守)」であり,以下「②親の代わりに,私が自分のおこづかいで細かいお金などを払うのはいいことである(親の代わり)」「③何かほしい物を買う時,自分のおこづかいで足りないと私は親に足りない分を要求することができる(不足要求可)」「④おこづかいをくれたのは親なので,おこづかいは私のお金ではなく親のお金である(小遣い親の)」「⑤もし私に臨時にたくさんのお金ができたら,その月のおこづかいを減らされてもいい(減額許容)」「⑥親が細かいお金がないからといって私からお金を借りるのはよくない(貸与よくない)」「⑦親は私から借りたお金を返さなくてもいい(借金返済不要)

これらの質問に対して発達段階ごとにどのような意識変化が起こるか、その要因について考察されています。

http://www.coder.or.jp/hdr/18/HDRVol18.1.pdf

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません