年取ると口の周りに食べ物がついていても気づかないのは何故

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/09/18 19:33:29
  • 終了:2006/09/18 21:25:39

回答(3件)

id:skinheadbutt No.1

skinheadbutt回答回数102ベストアンサー獲得回数42006/09/18 19:44:27

ポイント25pt

1)老化によって末梢の感覚神経が鈍るため。

2)一目を気にする度合いが低下するため。

  (これも老化によるところ大)

http://q.hatena.ne.jp/1158575606

id:TomCat No.2

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/09/18 19:59:08

ポイント50pt

http://www.aist.go.jp/NIBH/indexcontents/j1outline/j105contents/...

必ずしも全ての高齢者がそうだとは限りませんが、歳をとるとどうしても触覚による反応が低減する、ということがあります。

 

触覚の加齢変化についての生理特性には、まず皮膚組織や皮膚温の変化などが関与してきます。さらに神経そのものについても、末梢の受容ユニットは10年歳を経るごとに5%ずつ減少していく、という話もあります。

 

こうした生理特性の変化は誰にでもおとずれるものですから、けっしてそれを特異なものとは考えず、生きているからこその当然の変化として受け止めてください。

id:kuru-san No.3

kuru-san回答回数196ベストアンサー獲得回数02006/09/18 20:42:02

ポイント5pt

ほかには

一人暮らしの率が高くなり、注意してくれる人がいないために気にしなくなる。

老人になると鏡を見る事も若者よりも少なくなる。

入れ歯の割合が増えるため、口元が若い頃よりもゆるみがちになる。

(こまめに会わせていればそうでもないらしい)

などでしょうか。

URLはダミーです

http://www.yahoo.com/

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません