生活保護を受けている方、福祉の事務にかかわる方に正直なところをおねがいしたい。

現在生活保護を受けていて、今回就職支援をうけて就職活動中ですが、がんの後遺症で思うように体が動きません。今日も、熱があって夕方まで起き上がれませんでした。
その現状でも、自立努力が認められないと、援助を切るといわれました。
北九州の事件ではありませんが、私もこのまま餓死を待たねばならないのかと、思ってしまいます。
実際、どう対処すればいいのかわかりません。
このまま、保護を最低一年は、継続したいのです。
その間に自立のつもりです。
実際の生活保護世帯のかたがどうしているのか。
また、福祉事務所のかたの正直な本音を聞かせてください。
説教などは、不要です!
よろしく願います。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 100 ptで終了
  • 登録:2006/09/18 19:46:43
  • 終了:2006/09/20 18:45:38

回答(6件)

<前のツリー | すべて
奥の手 jyouseki2006/09/18 22:17:56ポイント2pt

私は生活保護は受けていませんが精神障害者です。

どうしても餓死を避けたいという場合に検討していただきたい方法があります。

入院施設のある精神病院を受診し、病気の心労で自殺願望が出たと言い、入院すれば生活保護は認められることが多いです。

このような行為を仮病で行うことは詐欺ですが、質問者様の状況では仮病とも言い切れないと思い、書かせていただきました。

参考にいたします。 天狼2006/09/19 02:34:01

ぎりぎりの方策でしょうね。

一応、参考にします。

ありがとうございます。

<前のツリー | すべて

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません