生活保護を受けている方、福祉の事務にかかわる方に正直なところをおねがいしたい。

現在生活保護を受けていて、今回就職支援をうけて就職活動中ですが、がんの後遺症で思うように体が動きません。今日も、熱があって夕方まで起き上がれませんでした。
その現状でも、自立努力が認められないと、援助を切るといわれました。
北九州の事件ではありませんが、私もこのまま餓死を待たねばならないのかと、思ってしまいます。
実際、どう対処すればいいのかわかりません。
このまま、保護を最低一年は、継続したいのです。
その間に自立のつもりです。
実際の生活保護世帯のかたがどうしているのか。
また、福祉事務所のかたの正直な本音を聞かせてください。
説教などは、不要です!
よろしく願います。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 100 ptで終了
  • 登録:2006/09/18 19:46:43
  • 終了:2006/09/20 18:45:38

回答(6件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
理論武装 falcosapiens2006/09/19 12:22:59ポイント1pt

生活保護を受けるには自立努力が求められるのが「原則」ですが,

それが不可能な場合にまで,努力を求めるのは違法です。

しかし,自立努力が不可能ないしは困難であることを

客観的に証明する必要はありますので

医師の診断書を得て,就業困難などの意見を付してもらうと良いでしょう。

それでもなお,自立努力を求められる場合には

弁護士会を通じて人権救済の申し立てをするなどしてください。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません