米国3Mの15%ルールやgoogleの20%ルールなどの不文律がある会社では、実際に勤務時間の15%(20%)を費やしたか否かの検証や、研究成果の発表の義務はあるのですか?

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/09/21 12:42:31
  • 終了:2006/09/22 07:26:39

ベストアンサー

id:IAMTHESUN2 No.1

IAMTHESUN2回答回数119ベストアンサー獲得回数252006/09/21 14:22:55

ポイント60pt

googleの20%ルール

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480062858/

梅田望夫氏の「ウェブ進化論」P.86-88に「20%の時間を自分独自の新規テーマに使うように奨励され、仮にできない場合には評価に傷が付く。だから皆必死になって20%プロジェクトを考える」とあります。

成果に対する義務と責任を負っています。さすが米国企業。競争は苛烈です。



米国3Mの15%ルール

www.kbs.keio.ac.jp/konomilab/3m_case/3m_case_200310.doc

基本的に経費管理などを担当するコントローラと呼ぶ職制が配置されていて、事業の経済的な価値評価も綿密に実施するということなので、成果に対するそれなりのプレッシャーは当然あると思います。

米国3Mと住友3Mでは企業風土は若干違うとは思いすが。。

id:sageteen

やはり甘くないですね。

2006/09/21 21:57:07

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません