【アルキメデスの定理】【自由落下の法則】の子供~大人までわかる説明方法を探しています。 そのような事を紹介しているサイトがありましたら、宜しくお願いします!

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/09/21 12:49:49
  • 終了:2006/09/22 18:36:15

回答(4件)

id:tokuya_n No.1

tokuya_n回答回数56ベストアンサー獲得回数72006/09/21 15:10:15

ポイント23pt

分かりやすいし、面白いです。

怪盗ねこぴ~

http://www.nekopy.com/game/rika/arukimedes.html

http://www.nekopy.com/game/rika/rakka.html

id:MC2 No.3

MC2回答回数77ベストアンサー獲得回数12006/09/22 11:45:53

ポイント22pt

自由落下の法則

落下速度は物質の重さによるのではない。ということをどう説明するかだと思います。

そのためには、

まず子供の目の前で

1)紙(千円札)と鉄の玉(コインで結構)を一緒落とします。

そのとき、落とす前にどちらが早く落ちるか確認します。

このとき、玉のほうが明らかに早くおちます。

そこで、仮説を立ててみましょう

なぜ早くおちたのか?

それは、鉄の玉のほうが重いからだとします

2)ここで、では形が同じで、重さの違うものをおとします。10円だまと、500円だま。

一緒におちるはずです。

すると、ここで1)で立てた仮説はまちがっていることになります。

なぜなら重さのちがうものでも一緒に落ちるからです。

そこで、もう一度、じゃーなぜ、1000円札のほうがおそいのか?考えます

この理由は、空気抵抗値が違うからです。

ここで子供に空気の粘性のすごさを説明します。大気は意外と粘性が高く、それが理由で大気圏突入時に、宇宙ごみが燃え、流れ星になり、飛行機は空を飛びます。千円が10円だまと落ちるスピードが違う分、空気によって落下するのをささえられているとおもうと、その力がイメージしやすいのではないでしょうか?

じゃー、真空だったら、千円札と、10円だまは一緒におちるのか?答えはYESなんです。

ということで、このあとは、おこさんと科学館に日曜日に一緒にいってみてください。

http://www.nekopy.com/game/rika/rakka.html

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません