石鹸の好きな方、石鹸に詳しい方に質問です。


1.現在、売れている石鹸に『雑貨あつかい』の石鹸が多いような気がします。
雑貨石鹸の名目で売られている石鹸でも浴用OKのような表記を目にします。(使用は自己責任で…と書いてあります)
これはどういうことでしょうか?
雑貨と化粧石鹸の違いで問題があるのでしょうか?

2.浴用石鹸・化粧石鹸・家庭用石鹸など種類があるようですが、根本的になにがどのように違うのでしょうか?

3.石鹸を輸入するとして、工場などのハード面以外でかかる費用はどのくらいでしょうか?

専門的のようでそうでない(苦笑)質問ですが宜しくお願いいたします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人1回まで
  • 登録:2006/09/22 10:13:03
  • 終了:2006/09/25 08:16:20

回答(4件)

id:sibazyun No.1

sibazyun回答回数1760ベストアンサー獲得回数2372006/09/22 10:32:37

ポイント23pt

日本石鹸洗剤工業会のPRサイトで、「せっけんメモシート(6)」http://jsda.org/w/06_clage/4clean_200-4.html によると、

 経済産業省の統計・・・上では、洗浄剤の種類を、まず身体を洗うものと身体以外の物を洗うものとに分けています。

 そのうえで、身体洗浄剤を皮膚用と頭髪用に区分し、この皮膚用として「浴用固形石鹸」、「手洗い用液体石鹸」があり、それとは別に洗顔石けんやボディシャンプーなどは「洗顔・ボディ用身体洗浄剤」として表示しています。

 だそうです。そして、「次へ」でこの(7)を見ると、

石鹸を用途で分類すると、「身体用」「身体以外用」「工業用」に三分類され、身体に直接用いる「身体用」は薬事法の規制をうけます。

 だそうです。

id:tomton

ありがとうございます。つまり、身体以外用は薬事法に関係しない…ということですね。

2006/09/22 14:27:59
id:drowsy No.2

drowsy回答回数1163ベストアンサー獲得回数882006/09/22 10:51:11

ポイント23pt

石鹸を作るには劇薬が使われます。

なので化粧品製造業の許可を申請し取得する必要があります。

薬剤師等の資格を持たない、設備のないところで製造した石鹸は

単なる汚れの落ちる雑貨扱い。

医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療用具の製造業の許可を受けたもので

なければ、それぞれ、業として医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療用具

の製造(小分けも含む)をしてはならない。

自己責任で~というのは許可を受けてないですよ…ということです。

薬事法OK…浴用・化粧用

薬事法NG…雑貨・ランドリーソープ(台所石鹸)

こんな感じです。

輸入に関してはこちら

http://www.jetro.go.jp/jpn/regulations/importproduct_03/04M-0107...

個人で扱うにはかなりの労力が必要です。

書類とか膨大につくらないといけません。

具体的な金額は算出できませんが、めちゃくちゃ大変!とだけ…

id:tomton

ありがとうございます。

つまり、現在『雑貨』として販売されている石鹸は本来の目的は身体に使ってはNGってことなんですね。

2006/09/22 14:29:47
id:fallen_angel99 No.3

fallen_angel99回答回数118ベストアンサー獲得回数42006/09/22 11:12:19

ポイント23pt

1.雑貨石鹸=キッチンソープ、家庭用洗剤等

化粧石鹸=化粧品として薬事法の規制を受けている

詳しくはhttp://www.noni-inter.jp/sekken/topics/topics8.html

http://www.a-tinkle.com/kateiyouhin/sekken/sekken__06.htm


2.浴用石鹸=入浴用

化粧石鹸=1.に記載 従来の石せっけんは、通常はこの分類です

家庭用石鹸=工業用石けん(=工業用洗剤)に対する分類 

洗顔石けん=使用後に肌が突っ張らない成分を含有する顔洗い専用高級石けん


3.量によると思いますが・・・

個人輸入とかでしょうか? 

個人使用分のみなら、海外のショップからの通販でも・・・

基本的には輸送料金のみでしょう。

id:tomton

ありがとうございます。

1の石鹸のHP、参考になりました。(ただちょっとハズしている感がありました)

2006/09/22 14:35:32
id:panda50 No.4

panda50回答回数474ベストアンサー獲得回数42006/09/22 11:32:28

ポイント23pt

1、大量生産されているものには、色々な添加物が含まれています  が、自分で手作りで素材にこだわった石鹸をつくっても、法律  で石鹸と認められません(認められる為には、工場のような施  設が必要で個人で作るのは難しいので、その法律の指定外の

  商品になる)だから、雑貨扱いで売られています。

2、メーカーにもよると思いますが、石鹸は色んな種類の油を配合  してつくられていたりします。その配合率などを変えて、石鹸  の性質を変えるので、配合率が違うと思います。

3 輸入販売した事ないので、わからないです。ごめんなさい。


http://q.hatena.ne.jp/1158887582ダミー

id:tomton

ありがとうございます。

ややこしいですね~。つまり良い成分を使っているけれどキッチンソープで、使用方法は買った人におまかせ…ってことですよね。

でも、化粧石鹸・キッチンソープであるメリットってほとんどなさそうですね?

2006/09/22 14:41:46

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません