例えば本を書いたとして、その著者が死亡した場合、印税は誰がもらうのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/09/24 09:43:59
  • 終了:2006/10/01 09:45:03

回答(5件)

id:tachibana26 No.1

tachibana26回答回数277ベストアンサー獲得回数42006/09/24 09:54:05

ポイント20pt

その人の遺産相続をする人

http://www3.ocn.ne.jp/~takarin/souzoku/hyouka.html

id:kirinnet

死後ずっともらえるのですか?


その場合には所得税とか掛かるんでしょうか?

2006/09/24 09:58:03
id:moko888 No.2

moko888回答回数258ベストアンサー獲得回数82006/09/24 09:58:22

ポイント20pt

「無形財産権」として相続の対象となりますので、遺産相続人のものとなります。

http://tantei.web.infoseek.co.jp/succession/s_and_p/heredita.htm...

id:kirinnet

例えばドラえもんの印税は、今も誰かがもらっているのでしょうか?

2006/09/24 10:08:32
id:drowsy No.3

drowsy回答回数1163ベストアンサー獲得回数882006/09/24 10:08:03

ポイント20pt

印税=著作権として考えた場合。

著作権法で決まっています

http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html

詳しくは↑を読んで頂くとして。

著作権は遺産と同じだと思っていただければ。

遺言状で「孫の○△に譲る」とあれば、○△さんのものになります。

そういった遺言がなければ通常の遺産相続と同じで、

配偶者>子供>両親>孫>祖父母又は兄弟姉妹…となっていきます。

もしもその方が天涯孤独であったなら、国のものになります。

現在の法律だと死後50年ですね。(70年に…という動きもありますね)

ちなみに相続税もかかります。

税率の計算は

年平均印税収入の額×0.5×評価倍率

「年平均印税収入の額」

 課税時期の属する年の前年以前3年間の印税収入の額の年平均額とする。ただし、個々の著作物に係る著作権について評価する場合には、その著作物に係る課税時期の属する年の前年以前3年間の印税収入の額の年平均額とする。

「評価倍率」

 課税時期後における各年の印税収入の額が「年平均印税収入の額」であるものとして、著作物に関し精通している者の意見等を基として推算したその印税収入期間に応ずる基準年利率による複利年金現価率とする。

id:apr-25 No.4

apr-25回答回数200ベストアンサー獲得回数32006/09/24 10:21:01

ポイント20pt

http://q-apr25.ne.jp/ (dummy)

遺産相続人が遺産として相続します。著作権の対象物となるので現在、著者の死後50年は印税が入ります。遺産相続人が個人の場合印税の支払者側が源泉所得税分を控除して支払い、支払者より源泉徴収票が送られてくるので最終的には確定申告する必要があります。

id:hamster009 No.5

hamster009回答回数3431ベストアンサー獲得回数502006/09/24 21:50:35

ポイント20pt

遺産相続人です。

http://www.ahoo.co.jp/

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません