具体的な少子化対策は何だとおもいますか?

貴方なりの具体的妙案を出してください。
ポイントを「いかに結婚を増やし子供を沢山産ませるか」
ということにポイントをおいて発言してください。
最悪結婚しなくても例えば(第2婦人制導入)はありです。
芸能人が沢山結婚するなどとは投稿しないでください。現実的ではありません。

因みに私の案は

①結婚しない男女を国が見合い奨励する(財源は売上1兆円以上の大企業)

②一人目の出産祝いは100万円、二人目150万円、三人目は300万円国が支給する。(財源は上と同じ)

他にもありますが後で発言します。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:2006/09/24 21:20:10
  • 終了:2006/10/01 21:25:03

回答(65件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
公立高校まで学費完全無料。出産費無料。医療費15歳まで無料。 Yoshiya2006/09/24 21:32:47ポイント4pt

とにかく負担を限りなく0に近づけないと無理じゃないですか?

格差が進んで、所得の少ない人は結婚さえも考えなくなっています。教育費、医療費だけでも無料になれば所得の低い層でも子供を作りやすいと思います。

完全ではないのですがとりあえず一案です。

ゆりかごから墓場まで 潮澤 昴2006/09/24 23:42:54ポイント3pt

公民ちゃんと勉強しました?

イギリスの社会保障の基本であった「ゆりかごから墓場まで

社会保障制度の充実を形容する言葉で、第二次世界大戦後にイギリス労働党の掲げたスローガンであり、これが日本を含めた各国の社会福祉政策の指針となった。

 

しかしながらこの政策は膨大な財政支出をもたらし、極端な累進課税制の採用に至り社会的活力を削ぐ結果となった。

  • だからと間接税(消費税等)投入して一律還流すると貧困層に重負担になる。

 

だから小さな政府論が出て来ているんですよ。

 

ついでです

第二次世界大戦直前及び、戦中、戦後直後・・・つまり貧困時に出生率が上がってるのもご存知でしょう。(父母/祖父母世代で8人兄弟姉妹とかって人は結構居るはずですがね。)

↑団塊の世代とその前の世代です。団塊の世代の前の世代は戦争で相当数が戦死してますんで表に出てないだけです。

  • 団塊ジュニア世代は母数が多い為統計的に出生数が増えてるだけです。
程度こそあれ抜本的な政策は必要ですよ。 Yoshiya2006/09/25 01:25:37ポイント2pt

戦前と現在を比較するのはナンセンスです。

社会構造も違うし、女性の社会進出が目覚しい現在においては、晩婚化、非婚化が急速に進んでいます。

その上、所得格差が急激に進んでいる中で、低・中層所得者にある程度の保護策は必要ですよ。

2100年には人口が半減すると聞いてますし、なにもしなくて衰退するよりも、子育てに限った政策を講じて人口増加させる事は必要だと思います。

財政面での破綻を招きかねないかも知れませんが、訳のわからない道路や建物を作るよりはましです。

小泉内閣から小さな政府がもてはやされていますが、大きいとか小さいとかではなく効率的な財政処置が必要ではないでしょうか?

ですな。 DRY2006/09/25 13:41:49ポイント1pt

間接税については、現代では貧困層に重負担にならないように生活必需品は安く、それ以外の品物には高い税をかけるってのが主流になってきてるし、日本もいずれそうなるでしょう。

公民で考えてたら新しい考え方出来ませんよ。


負担減が一番わかりやすい方法だけど、日本に金が無いことがあまりにも世間で浸透してるから、将来不安は拭えない。


やっぱり「数年間の特例的な負担減(数年間のうちに産まれた子供・家庭が対象)」が一番現実的かな。

でもこれだと先延ばしにしてるだけだから、やっぱり根本的に変えなきゃいけないんだろうなあ。

教育費の税金控除はどうだろう aizumisato2006/09/24 22:21:58ポイント2pt

子供を育てる親は働き盛りの年齢が多いはず。

一生懸命働いて、税金を納めて、そして教育費を払っています。

手元にのここるお金よりも教育費の方が大きいときもありますよね。そんなときは、税額控除で払った税金を返していただけるようにしたら働き甲斐もあるし良いと思うのですが。

そういうバックアップが安心に繋がると思います。

税額控除は大きいですね。 Yoshiya2006/09/24 22:28:11ポイント1pt

それだけ可処分所得も増えるわけだし。 気がつきませんでした。

私学に通わせる親も今は多いから中間所得層以下には効果が大きいですね。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません