秋月のキットPICNICを組み立てた訳ですが

http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q=%A3%D0%A3%C9%A3%C3%A3%CE%A3%C9%A3%C3&s=score&p=1&r=1&page=#K-00102
電源のところになぜか、ダイオードブリッジが入っていました。あぁ、交流入力でもOKなんだねと思ってなにも考えずに組み立てたんですが、回路図をよく読むと、inputは交流9V以上をありました。しかし、同時に買った(秋月ご推薦)のACアダプターはDC12Vです。一瞬、だまされたと思いましたが、回路図をよく読むと、ブリッジにDCを入力しても(本来は交流ですが)出力端には、ダイオード分のドロップした電圧が現れるだけのようなので、まぁ、これでもいいかなと思っています。しかし、こういう設計ってありでしょうか?(三端子の前にブリッジがある)また、DCを本当に入力してもOKでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/09/25 00:38:10
  • 終了:2006/10/02 00:40:03

回答(4件)

id:Kumappus No.1

くまっぷす回答回数3784ベストアンサー獲得回数1852006/09/25 01:01:53

ポイント23pt

http://www.aki-den.jp/kit_manual/%83%7d%83C%83R%83%93%8a%d6%8cW/...

これですね。

http://www.mizunaga.jp/rectify.html

ブリッジダイオードに直流12V入れると4個のダイオードのうち2個だけ通電、+側、-側で順方向電圧分0.6+0.6=1.2Vほど落ちて、3端子レギュレータに約10.8Vが入るだけなんでまあ問題ないでしょう。

Ether側は当然トランスでアイソレートされているし…。

ひょっとすると、この設計はもともと交流9V以上のトランスをひとつ置いて、同一のケースにいくつかの基板を入れて…、というようなことを想定しているのかもしれません。

それでも変てこな設計だなとは思いますが…。

id:youkan_ni_ocha

これです。はじめて見たときかなり、とまどいました。

2006/09/25 01:17:28
id:toshi_nishida No.2

toshi_nishida回答回数525ベストアンサー獲得回数382006/09/25 01:02:58

ポイント23pt

 写真の右上にブリッジがあって、すぐ近くに小さいケミコンがあって三端子ですよね。電流が100mAほどは流れそうですから、こんな小さいコンデンサでは交流を入れてもリップルが取れないでしょう。このブリッジは、外部のDC電源を逆に接続しても壊れないことが目的だと思います。本来DCを入れる仕様じゃないですか。


http://img.akizukidenshi.com/images/org/picnicv02.jpg

ダミーです。

id:youkan_ni_ocha

なるほど、たしかに逆にいれても、問題なさそうですね。取説をよく読み直すと、たしかにそれらしき事は、うっすらと書いてありますが、しかし、もっとはっきり書いてほしい、、、Rxのトランスの2次側の抵抗もなぜか削除されてるし、、、

2006/09/25 01:21:06
id:TomCat No.3

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/09/25 02:25:47

ポイント22pt

「こういう設計ってありでしょうか?」ということなら、これは過去のアマチュア無線雑誌などの製作記事では時たま見かける手法でした。目的は、幅広い手持ち電源に対応させることと、電源の逆接続防止のためです。ですから、つないで満足に動作する規格を満たす電源なら、どんな電源でも使用することが出来ます。

 

で、秋月のキットについてなのですが、あれはたまたま企業がハンパ品として破棄した結果流れてきたような品を組み合わせた、キットと言うよりは「パーツセット」みたいな物なんですよね。

 

他人の製作例を見て代替部品をあれこれ工夫しながらパーツを集めて作る代わりに、うちで必要な物を全部揃えてあげますよ、といったノリのセットなんです。

 

ですから使われるパーツは、在庫の状況によって頻繁に変動します。店頭に行くたびに、同じキットなのに、違うパーツが入ってぶら下がっていたりします。

 

そんなわけで、必要とする電圧と電流さえまかなえれば何でも構わない電源などは、その時その時の在庫状況で、在庫に余裕のある物、早く売りさばいてしまいたい物などから、店の都合で「推奨品」になっていくだけの話と考えてください。

 

おそらくそのキットには、最初は裸の電源トランスでも付属されていたのでしょう。しかし最近は電気用品安全法などの関係から、なにかとACに直接接続する部分に関しては、その安全性について責任が求められる時代になっています。ならいっそのこと単体で何らかの安全確認の認証が得られている電源アダプタを使ってもらえば、何があっても責任はアダプタの製造元になるわけだから安心だ、といった判断も働いているのかもしれません。

id:youkan_ni_ocha

安全法については知りませんでした。ただ単に電源の設計がめんどくさいという事ではなかったのですね。

2006/09/26 09:14:44
id:l-lol-l No.4

l-lol-l回答回数310ベストアンサー獲得回数102006/09/25 22:55:20

ポイント22pt

DCアダプタが別途用意というのがミソではないでしょうか。

最近はEIAJで形と大きさ、極性が決められていますが、しばらく前まではDCアダプターのジャックは千差万別で、電圧はもちろんジャックや極性を合わせるのは本当に大変でした。(今でも輸入物は大変ですが)

ましてや秋月に売っているありものジャンクでは。

ですので、どちらの極性がきても壊れないようにブリッジを入れているのではないでしょうか。

ACを入れることを期待しているわけではないとおもいますよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/AC%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%97%E3%82...

id:youkan_ni_ocha

+が外(GND側)っていうのは、ちょっと驚きです。

2006/09/26 09:20:12
  • id:Kumappus
    うーん、でも逆接続防止ならブリッジなんか入れなくても1個ダイオード入れればOKなはずで。

    リップルはコンデンサが小さくても3端子レギュレータのリップル除去率が50~60dBぐらいあるんで、デジタル回路には十分なのではと思います。

  • id:TomCat
    そう。無線機などの場合、逆接続「防止」の場合は、単純にダイオードが1本入るだけです。ただ、非常通信用などの場合は、極性を気にせずに接続できるという意味でわざとブリッジを入れる場合があるということです。

    この質問の製品の場合は、おそらく元々は裸のトランスと組み合わせる設計だったんですよ。ダイオードの目的は、純粋に整流用です。ただ、そこにDCを突っ込んでもバチは当たらない、昔からそういう使い方をしていた機器は少なくなかった、ということですね(^-^;

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません