文書作りについての質問です。先日ブックオフで「パソコン通信」の本を読みました。まあ現在のメールもそうかもしれないのですが、いわゆる「ひとつのサイズの文字」しか使えませんよね。それってしんどいけど、逆に楽しいと思うのです。俳句みたいで「限られた美しさ」で。最近、まわりでワードなどで作られた派手な印刷物に辟易しているのですが、ただのテキストで作られたそれでいてとてもきれいな文書を紹介した本やサイトはないでしょうか。うーん、ちょっと抽象的ですが、要するに「ひとつのサイズの文字で絵文字なども使えない状況であえて工夫したもの」です。お願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/09/30 08:10:01
  • 終了:2006/09/30 22:34:32

ベストアンサー

id:adlib No.2

adlib回答回数1985ベストアンサー獲得回数1232006/09/30 13:43:22

ポイント70pt

 

 一筆のすすめ

 

 一部のアマチュア Web デザイナーは、数々の誤解を抱いています。

 そのひとつは、さまざまの色彩で、大小さまざまな文字を混在すれば、

絢爛豪華な画面が出現するというものです。

 

 大編成のオーケストラが、思うさま演奏すれば、多彩な交響楽になる、

と信じるようなもので、もしもルール通りに設計された楽譜がなければ、

とんでもない不協和音になるだけです。

 

 文字や画像をふくむ文書も、てんでばらばらの大きさで表示されたら、

とても読みにくくなるでしょう。したがって、文学全集や百科事典では、

本文の活字に対する題字を大中小に分類し、一定倍率に限られています。

 

 わたしは、数十年前から一行32字(字あまり短歌を収容)、数年前

から一段落99字以内に統一し、これ以上は進化しないはずのテキスト

・スタイル(MS-DOS)に依存しています。(↓=わたしのブログ書法)

 

http://d.hatena.ne.jp/adlib/19020929 友情のりんご ~ ゾラとセザンヌ ~

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20060606 絵空事 ~ ダゲール以後の画家たち ~

http://d.hatena.ne.jp/adlib/19800915 Do! series(邦字概論)

 

0.タイトル

1.画像(スキャナー)

2.URL(ハイパーリング)

3.── 引用文(出典) ── 著者名《署名 2006‥‥ 出版社》

4.本文

5.◆ リスト(プレタブ)生没年月日一覧など

7.◇(余話・追記)

8.非表示

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐

↓=Non-display(非表示はじまり)

「*[カテゴリ]」*[Hisory] *[Diary] *[Private] *[B&D] 

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐

├┼┼┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┼┼┤

├+┤ ◆ 見出 ~ 罫線素片 ~ ── 《 2006‥‥ 》Page ├+┤

├┼┼┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┼┼┤

└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

────────────────────────────────

↑=Non-display(非表示おわり)

└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

9.(更新年月日: 20060930)

 

その他の回答(1件)

id:fuk00346jp No.1

潮澤 昴回答回数1140ベストアンサー獲得回数542006/09/30 13:24:17

>ただのテキストで作られたそれでいてとてもきれいな文書を紹介した本やサイトはないでしょうか。

 

 それは

「活字本を読んで下さい。」

としか言いようがありません。

 

 読みにくいテキスト文書が上がる理由は昔のBBSでは普通に行われていた「段落一文字落とし」「一行空け」等が今のインターネット掲示板では出来ていない事にも起因すると思いますが?

※ここでは一行空けをやるとタグの関係上1.5行空くんで当方はやっていません。 

 

 ところで、あなた自身の書いた質問文は、段落分けが出来ていないので読みにくいと思うのは当方だけではないと思います。

 パソコン通信の本を読んだのでしたらあえて別本紹介不要でしょう。

http://nourl

id:aoi_ringo

ありがとうございました。少し趣旨とずれているような気もします。

2006/09/30 22:32:48
id:adlib No.2

adlib回答回数1985ベストアンサー獲得回数1232006/09/30 13:43:22ここでベストアンサー

ポイント70pt

 

 一筆のすすめ

 

 一部のアマチュア Web デザイナーは、数々の誤解を抱いています。

 そのひとつは、さまざまの色彩で、大小さまざまな文字を混在すれば、

絢爛豪華な画面が出現するというものです。

 

 大編成のオーケストラが、思うさま演奏すれば、多彩な交響楽になる、

と信じるようなもので、もしもルール通りに設計された楽譜がなければ、

とんでもない不協和音になるだけです。

 

 文字や画像をふくむ文書も、てんでばらばらの大きさで表示されたら、

とても読みにくくなるでしょう。したがって、文学全集や百科事典では、

本文の活字に対する題字を大中小に分類し、一定倍率に限られています。

 

 わたしは、数十年前から一行32字(字あまり短歌を収容)、数年前

から一段落99字以内に統一し、これ以上は進化しないはずのテキスト

・スタイル(MS-DOS)に依存しています。(↓=わたしのブログ書法)

 

http://d.hatena.ne.jp/adlib/19020929 友情のりんご ~ ゾラとセザンヌ ~

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20060606 絵空事 ~ ダゲール以後の画家たち ~

http://d.hatena.ne.jp/adlib/19800915 Do! series(邦字概論)

 

0.タイトル

1.画像(スキャナー)

2.URL(ハイパーリング)

3.── 引用文(出典) ── 著者名《署名 2006‥‥ 出版社》

4.本文

5.◆ リスト(プレタブ)生没年月日一覧など

7.◇(余話・追記)

8.非表示

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐

↓=Non-display(非表示はじまり)

「*[カテゴリ]」*[Hisory] *[Diary] *[Private] *[B&D] 

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐

├┼┼┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┼┼┤

├+┤ ◆ 見出 ~ 罫線素片 ~ ── 《 2006‥‥ 》Page ├+┤

├┼┼┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┼┼┤

└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

────────────────────────────────

↑=Non-display(非表示おわり)

└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

9.(更新年月日: 20060930)

 

  • id:fuk00346jp
    ・覚悟してても0ポイントは凹む^^;
    ・文屋の専門家に出られたら負けます_(._.)_
     
    adlibさんへ
    HTML文書では連続半角スペース使えない(2つ目以降がカットされる)んで全角と併用して頂戴^^
  • id:aoi_ringo
    ごめんなさい。

    ちょっと感情的になりました。ポイント送信しておきます。70ポイントです。お受け取りください。

    初めてポイントつけないのをしてしまって反省しています。自分のよくないとこ、指摘してもらえたのだから感謝しないと。反省です。とても。

    この文章はちょっとは読みやすいですか??
  • id:adlib
     fuk00346jp さんへ。
    >HTML文書では連続半角スペース使えない<
     この難関には、ブログによって対応が異なり、一年以上も悩みました。
     
     結局たどりついたのは最後に「半角スペース×2=全角スペース1」
    と置換する原始的処理法でした。ただし恐ろしいことに、保存していた
    エクセルで、いつのまにか、スペースが消滅する事故が時々生じます。
     
     わたしの文章は、きりつめて伝達しようとするため、われながら自信
    たっぷりに見えますが、内実は戦々恐々なのです。
     したがって、ときに0ポイントでギャフンとなることも多いのです。
  • id:fuk00346jp
    有難くポイント頂いておきます。
     
    >この文章はちょっとは読みやすいですか??
    上出来だと思います。
    かく言う当方も文章に関してはトウシロウなんですけどね^^;
  • id:aoi_ringo
    はてなの近藤さんが確か・・
    話し合えばたいてい分かり合える、
    そういうことを書いていたような
    気がします。

    今回のやりとりは最初はとても
    カチンときてしまいましたが、
    fuk00346jpさんが、そのまま
    気持ちを伝えてくださったおかげで
    すごく勉強になりました。

    自分の小ささを痛感しました。
    ユーモアで伝えてくださったこと、
    気持ちよくポイントを受け取って
    いただけたこと、はてなをしてて
    よかったと改めて思いました。
    これからもよろしくお願いします。
  • id:takahiro_kihara
    70ptも良いなぁ。アンケート70回分だもん。
    僕だったら、万歳三唱だ。

    つまりは、はてなポイントという言語だって、人によって受け取り方は様々だ、ということです。1ptなんて下らねー、と思う人もいれば、
    1pt儲けることに命を燃やし、ついには魔神ガーZに落ちぶれてしまうヒトもいる、ってことでっす。押忍!
  • id:takahiro_kihara
    片やもう一人の方は0ptというのは、ちょっとカワイそうではありませんか?
    20ptくらい、恵んであげても良いのでは?
    僕だったらそうしますがね。
  • id:fuk00346jp
    adlibさんへ
    > 結局たどりついたのは最後に「半角スペース×2=全角スペース1」
    >と置換する原始的処理法でした。
    大体考える事一緒ですね^^
    当方も「全角スペース派」です。
    >ただし恐ろしいことに、保存していた
    >エクセルで、いつのまにか、スペースが消滅する事故が時々生じます。
    ありゃま…先頭スペースかな;・・?当方はあんまし使わない(というか、全然使わない)んで出くわしたこと無いです。
     
    >0ポイントでギャフンとなることも多いのです。
    当方よりポイント獲得率良いじゃないですか^^!
     
    aoi_ringoさんへ
    自分(aoi_ringoさん)の文と小説とかの活字本(SFでもなんでも良いです。絵本/マンガは不可)の文章の書き方の違いを見たらどっちが見易いですか?
    って思って書かせて頂きました。

    >これからもよろしくお願いします。
    こちらこそ^^
    ・いつもはこっちのように「話し言葉」で書いてるんで「書き言葉」の方はあんまり使いませんね^^;
     
    takahiro_kiharaさんへ
    >片やもう一人の方は0ptというのは、ちょっとカワイそうではありませんか?
    ポイント送信で70ポイント貰い受けてますんで^^v
    (20ポイント貰うより得してたり^^)
  • id:Rion778
    私はaoi_ringoさんの文章も「ただのテキストで作られたそれでいてとてもきれいな文書」だと思います.確かに一見して見にくい印象を受けますが,漢字とひらがなのバランス,句読点の使い方などはとても心地よく感じます.実際,最初の印象ほど読みにくくはありません.
    パラグラフが変わるときに改行して行頭を一文字空けるというのは,文章を見やすくする「技術」の一つと言われています.しかし,それが出来ていないからといって極端に文章が見にくくなるということはありません.
    aoi_ringoさんには自分のスタイルを貫いてもらいたいと思います.

    …というかこの質問は「読みにくいテキスト文書が上がる理由」を問うたものでも「文章の添削」をお願いしたものでもありませんよね.fuk00346jpさんはなぜ自分の回答が0ポイントになったかをよく考えるべきだったと思います.そうすれば「凹む^^;」ことは無かったと思います.
  • id:aoi_ringo
    ありがとうございます。

    質問の意図を理解していただき、うれしく思います。
    先日、パソコン通信の本を見たときは、ある意味で
    「すごいな・・」と思ったのです。

    これからますますパソコンの世界は進化していくと
    思いますが、「限られた中で工夫する」というスタ
    イルはすごいと思い質問した次第です。
  • id:fuk00346jp
    Rion778さんへ
    >パラグラフが変わるときに改行して行頭を一文字空けるというのは,文章を見やすくする「技術」の一つと言われています.しかし,それが出来ていないからといって極端に文章が見にくくなるということはありません.
     「技術」ではなく基本です。小学校で習ってるはずですが?
     改行、段落わけされていないメルマガ読んでみたら如何ですか?当方はトンデモなく読みにくいですがね。
     
    >「ひとつのサイズの文字で絵文字なども使えない状況であえて工夫したもの」です。お願いします。
    に対し
    >「活字本を読んで下さい。」
    >としか言いようがありません。
    と返答しています。
     
    後の文は全て余談です。
  • id:takahiro_kihara
    <(_ _)>
    ちゃんとコメント読めや!>自分
  • id:Rion778
    >>fuk00346jpさん
     >「技術」ではなく基本です。
    「技術」と基本は違うものでしょうか?w
    「基本的技術」という言い回しも可能ですが?

    という揚げ足取りはさておき,行頭に一マス空けるという文章作法は「段落の違い」をしっかりと表すために便宜的に広まった技術に過ぎません.必ず行わなければならない絶対的原理ではありません.

    例えばこのように↑間に一行空けることで段落の区切りを明示すれば,わざわざインデントを設定する必要はありません.

    また,辞書の記述やテレビのテロップなどインデントが設定されていない文章はいくらでもあります.行頭字下げというのはあくまで「原稿用紙の使い方」に過ぎません.

    さらに言えば,一行空けとインデントを併用してしまうと引用文なのか段落の区切りなのか判別が付きにくくなります.使うならどちらかにすべきでしょう.

    あと,やはりあなたは質問の意図を理解できていないと思います.最近の(といっても数十年の範囲です)「活字本」は太字も使えば文字ポイントの使い分けもします.そればかりに頼って内容の薄い本もあります.もちろん活字本の中に「ひとつのサイズの文字で絵文字なども使えない状況であえて工夫したもの」はあると思いますが,「活字本」と指定するだけでは不十分でしょう.

    しかし,話しぶりからするとあなたの蔵書の中には「ひとつのサイズの文字で絵文字なども使えない状況であえて工夫した」という志向の本がいくらかあるのでしょう.だとしたらそれを紹介すれば良かったのではないでしょうか?まさかあなたの本棚にあるのが「パソコン通信」の本だけということはないと思いますし.
  • id:fuk00346jp
    Rion778さんへ
    >例えばこのように↑間に一行空けることで段落の区切りを明示すれば,わざわざインデントを設定する必要はありません.
    はい、必要ありませんね。質問者さんの質問文でそれが出来ているようにあなたは見えますか?
     
    >あくまで「原稿用紙の使い方」に過ぎません.
    そういう事です。
    当方はメールの返信等でぶつ切り引用を多用するんでインデントではなくインデント記号(引用符>)を用います。
     
    当方の蔵書っつったらヒロイックファンタジー/スペースオペラ系の小説です。
    文字に工夫など必要も無いでしょうと。
  • id:adlib
     
     一字が万字 
     
     この問題は、過去はてなで、たっぷり議論されたのですが……。
    http://q.hatena.ne.jp/1094327484
     「段落初行一字アキ」の原則について
     
     実用性の点で、議論の余地はないのに、なぜか意見が分れています。
     西欧のケースをみると、古いものでは「4~10字アキ」が多用され、
    ていました。第一字を特別に拡大する手法も健在です。
     
     もう一度くりかえすと、拾い読みするとき「段落初行一字アキ」なら
    迷わず目が止まりますが、行頭がそろっていると、どこが段落なのか、
    前行の終りを探さなければならないのです。
     
     人気ブログ《勝谷誠彦の××な日々。》では、びっしり千字文が改行
    なしで書かれています。気の遠くなるような悪文ですね。
    http://www.diary.ne.jp/user/31174/
     
     ついでに指摘すると、活字全盛期の「スペース一行アキ」はタダ同然
    だったのが、オフセット時代には「ページ製版」のコスト対象となって、
    いまふたたび「ネット文書」でタダ同然に戻ったのです。
     
     さらに、最初の一字を「スペース」にしておくだけで、一行まるごと
    空白にできるという、新しい機能が出現したので、文書容量にも負担が
    軽減されたため「一字アキ」より「一行アキ」が頻出したのでしょう。
     

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません