情報系の修士課程を卒業しました。

今更なんですが、論文をいろいろ読みたいと思っています。
博士論文や通常の学会誌に載っている論文を手に入れるにはどうしたらよいのでしょか?自分の所属していた大学の図書館は卒業生となってしまったため、利用制限もありなかなか容易ではありません。
博士論文や各種論文は皆さんどのように入手しているのでしょうか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/10/02 23:33:21
  • 終了:2006/10/09 23:35:03

回答(7件)

id:jyouseki No.1

jyouseki回答回数5251ベストアンサー獲得回数382006/10/03 00:15:51

id:megu-chan

やはり国立国会図書館がいいんですかねー。

ありがとうございました。

2006/10/03 18:44:32
id:hamster009 No.2

hamster009回答回数3431ベストアンサー獲得回数502006/10/03 00:43:03

ポイント18pt

いったん大学を卒業してしまうと、学術文献を借りるのは容易ではありません。

大学、行政とも、学校を卒業した人が勉強する必要はないと考えているようです。

(医者とか弁護士とかの特殊な存在を考えていないのです)

具体的には、そのつど公立図書館に依頼を出さないと借りれません。

大学図書は基本的には貸借は不可の場合が多く、複写依頼になります。

ところが、地域の公立図書館の職員は、こうしたことに積極的ではなく、

本に対しては読者という視点だけで、書く人は市民にはいないという考えです。

ですから、依頼を出しても、蔵書確認、そして複写依頼と何段階も

郵送でやりとりする方式になっていて、彼らはいちいち書類を書きたくないので、

できるだけほっておいて、そうした依頼を出させないようにします。

ゆうに1ヶ月以上はかかります。職員がわざと放置しているからです。

あと自分の卒業した図書館でなくとも、会費を払えば、利用者会員になれ、

こうした複写依頼が大学図書館経由になって多少は早くなる、ということを

している私立大学もあります。

http://www.hatena.ne.jp/

id:flying_baobab No.3

flying_baobab回答回数377ベストアンサー獲得回数72006/10/02 23:45:42

ポイント19pt

URLは明治大学の例ですが、制約は多少あっても、学外者利用できる大学図書館は多いですし、大学によってはメールで依頼すれば、資料を郵送してくれるところもあります。

http://www.lib.meiji.ac.jp/usage1/gakugai/others.html


あらかじめ

http://ge.nii.ac.jp/genii/jsp/index.jsp

で検索して、所在を確認し、利用しやすい大学を選んでみてはどうでしょうか?

id:ayame2001 No.4

ayame2001回答回数456ベストアンサー獲得回数332006/10/03 00:14:46

ポイント19pt

googleのscholarも割と使えますよ。

googleのメインページからmoreをクリック。

google labsをクリック。graduates of labsの中からscholoarを選択。大学の研究論文まで拾ってきてくれますが、大学側のバスワードがかかっていることも。 しかしそこから大学に問い合わせて入手する可能性含めて、世界中の論文・報告書が簡単に検索できます。

Google Scholar

Search through journal articles, abstracts and other scholarly literature

http://labs.google.com/

id:SOUGETSU No.5

SOUGETSU回答回数6ベストアンサー獲得回数12006/10/03 01:33:35

ポイント18pt

私が知る限り、大学の図書館は、それほど閉鎖的ではなく、

申請さえすれば比較的自由に出入りできたと思いますが……?

気になる研究室のホームページに行けば、発表した論文をpdfで載せているところもあります。

もしそうでないのなら、学会の会員になって論文誌を送られてくるように手配するのがいいかと。

そうでなくとも、電子情報通信学会など、学会誌に関しては問い合わせさえすれば、売ってもらえるところは多いです。

http://d.hatena.ne.jp/SOUGETSU/

id:shimarakkyo No.6

shimarakkyo回答回数387ベストアンサー獲得回数242006/10/03 06:59:26

ポイント18pt

こういうデータベース

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez

http://www.blackwell-synergy.com/

ここの一覧に載ってるサーチエンジン

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_academic_journal_search_eng...

または出版社のHP

http://www.springer.com/

またはネイチャーなどのジャーナルのHPに行き、キーワードなり、著者なりで検索をかけます。

大概、アブストラクトは読めるので、それを見て面白そうだったらグーグルでタイトルの全文検索(”タイトル”という検索方法)をします。付けたければ、 filetype:pdf をつけて探すファイルのタイプを指定。

これで結構出てきます。出てこないときはファーストオーサーのウェブページのパブリケーションの欄によくpdfがおいてあります。

それでもだめでどうしても読みたいときはファーストオーサーにメールして「自分はこういうものであなたの論文が読みたいからpdfください」と言えば大抵、くれます。(断られた事、私はありません)

9割がた、これで手に入りますよ。

id:student34 No.7

student34回答回数93ベストアンサー獲得回数42006/10/04 20:16:52

ポイント10pt

 科学技術振興機構による論文のデータベースです。本文までダウンロードできるものもあります。

http://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja

 自分の畑である心理学の話ですが,米国の心理学会はpsycinfoという大規模なデータベースを作成しています。ほとんど全ての論文を読むことができます。誰でも登録し利用することができます。ただし,有料です。

 情報系でも,米国ならそういうサービスをしていそうです。探して見られてはいかがでしょうか。

 また,pscinfoにも,教育や心理に関わるものなら,情報系の論文が多くあります(例えば,メディア教育の学習効果とか)。

http://psycinfo.apa.org/

 このほか,私がよく利用するものとしては,ERICという,教育系の論文のデータベースがあります。

http://www.eric.ed.gov/ERICWebPortal/Home.portal

 心理学や教育学さえそうなっているわけですから,情報系なら間違いなく。本文をダウンロードできるようなデータベースがあると思います。お探しになられてみてはいかがでしょうか。

 学位論文はさすがに手に入らないですよね。出版されているものも多いので,買うというのも選択肢でしょう。べらぼうに高いですけども。

 学位論文本文まで読もうか,という論文なら,恐らくきっと貴方が非常に関心をもっておられる内容なのだと思います。ならば買ってもいいでしょうし,著者に直接問い合わせてみるのもいいかもしれません。たいていは快く譲って下さると思います。それって研究者の義務だと思いますし。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません