皆さんに死刑制度の存続・廃止に関連して質問します。

個人としての殺人への意識と、国家の制度としての死刑制度(ここでは国による殺人とする)への考えの組み合わせのうち、皆さんの考えに最も近いものはどれでしょうか? 

回答の条件
  • 途中経過を公開
  • 男性,女性
  • 20代未満,20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2006/10/04 18:17:42
  • 終了:2006/10/06 12:32:54

回答(1000 / 1000件)

Q01死刑制度の存続・廃止に関連して、以下の選択肢からお答えください。(択一)

理由があれば人を殺してもよいし、また自分は殺してしまうかもしれないので、国も人を殺してよい。148
理由があれば人を殺してもよいし、また自分は殺してしまうかもしれないが、国は人を殺しはならない。21
自分は殺すことはないが、理由があれば人を殺しても良いので、国は人を殺してもよい。48
自分は殺すことはないが、理由があれば人を殺してもよい。だが国は人を殺してはならない。12
いかなることがあろうとも人は殺してはならないし、自分が殺すこともないが、国は人を殺してもよい。517
いかなることがあろうとも人は殺してはならないし、自分が殺すこともないので、国は人を殺してはならない。164
自分は殺すかもしれないが、いかなることがあっても人を殺してはならない。だが国は人を殺してもよい。67
自分は殺すかもしれないが、いかなることがあっても人を殺してはならないので、国は人を殺してもよい。死刑制度の存続・廃止に関連しての質問です。以下の選択肢からお答えください。23
合計1000

集計

×
  • id:Ituki
    個人が人を殺すことの是非と集団が人を殺すことの是非は同列に扱えない部分が大きいと思います。
  • id:kitano
    設問に疑問を感じる。個人による殺人というファクターを死刑制度存否の判断と関連させない人もいるだろう。「殺す」という視点だけに着目し「殺される」という視点に着目していない点も疑問。たとえば袴田事件、免田事件などの冤罪事件をふまえ、誤審による死刑によって殺されたくないので死刑廃止を望む立場の人は、設問のどの選択肢も選べない。死刑存置派に有利な設問だと思われる。
    死刑存廃国リスト
    http://homepage2.nifty.com/shihai/shiryou/abolitions&retentions.html
  • id:meaou
    死刑という「刑罰のありよう」を問うのには不適切な質問だと思います。
    法に従って必要な刑罰を科すということは、国が人を殺すこととイコールではありません。
    この質問には大変興味を持ちましたが、私は死刑廃止に代わる有効な刑罰を設定できるまでは、死刑は存続すべきと思いつつも、上記の理由からどの選択肢も選べませんでした。
  • id:ykaw
    kitanoさんの誤審による死刑反対者に選択肢がないというのは正しいと思いますが、ここでは個人の殺人と死刑制度を同一に捉え、死刑を「国家による殺人」と言ってるわけですから死刑存置派にも気持ちのいい質問ではないと思いますよ。
    そもそも個人の殺人観で死刑制度を論じるのは誤りですから、私もどの選択肢も選びません。
  • id:nyankochan
    「死刑」という「死をもって償う」という考え方が自分には理解できません。
    「時効」は罪から逃れるという国が与えた理解不能な制度ですが、ようは
    「これ以上やっても時間と経費の無駄」という国の機関が仕事を放棄するため
    の制度としか考えられません。
    多少のニュアンスの違いもあると思いますが、「死刑」は死を持って死という
    一瞬の苦痛で罪を洗い流すというとんでもなく「軽い刑」なのではないかと考
    えます。
    よく「生き地獄」という言葉が使われますが、まったくもって「死刑」なんて
    ものよりよっぽど罪を償うのには適していると思います。

    遺族からしてみれば、犯人が死んだからといって無念が心底晴れるわけでもな
    く、逆に人を殺したという罪悪感に追々気づき悔やむ事でしょう。
    私としては、「人権剥奪・無期懲役・無益酷労」という「無期国奴隷の刑」なんてものでも作って畜生と同じ扱いにしちゃってくれた方が遺族側にとって精
    神的に救われそうな気がします。
  • id:ryotanak
    死刑と無期懲役(実質10年ぐらい)に差がありすぎると思います。
    終身刑が必要なんじゃないかな?
    私個人の考えとしては、①死刑は廃止し②終身懲役を設ける③懲役の労務を例えば「地雷の撤去等」人間の役に立つ仕事とするって感じだけどな。
    なお、終身刑には未成年も対象にして欲しい。
  • id:manekinekoo
    本当に人を殺した元ヤクザに会ったとこがあります。

    その人は職場で店長をやっていました。

    20代に長く服役したようですが、話を聞いただけでは大した反省をしている様子はありませんでした。

    それどころかもう1人くらい殺してもおかしくない性格の人でした。
    ご参考までに。
  • id:ootatmt
    本当に被害者の状況を見聞きすると「絶対犯人を死刑にしてやる」と思うときがありますよ。それが人間ってもんでしょ。
  • id:achiki
    一番票が集まっている、五番目の項目に疑問を感じます。
    以下抜粋

    『いかなることがあろうとも人は殺してはならないし、自分が殺すこともないが、国は人を殺してもよい。』

    殺人を認めていないのに、国という見えないものが人を殺すことは認める、ということになります。
    これっておかしくないですか?
    国を形成するのは人です。

    確かに、被害者家族の想いもあるでしょう。
    でも、加害者にだって家族がいる。
    その被害者家族が自殺するケースも多々見受けられます。
    冤罪の可能性だってあります。
    抑止力を主張する人もいますが、効果の是非は確かではありません。

    ryotanakさんのコメントに概ね賛同します。
    私は人を殺したいと思っても殺さないし、
    殺してほしくもない。
    たとえ殺人犯であったとしても、死刑には反対です。
    どんな形であれ、人を殺すということがいやです。
  • id:takokuro
    死刑は、犯した【罪】に対する究極の【罰】だとすると・・・
    その罪の判定をする【判決】の如何が肝心になる。。

    間違いの無い【判決】に対してなら、【死刑】はその【罪】の如何によっては致し方ないことと思うけれど、、、

    【判決】の信憑性?本当に揺らぎない客観的、理性的根拠があっての判断か?・・・というと、、
    正直、、、昨今の日本やアメリカの政治で、すんなりとYES/NOを即答できない。。

    フセイン氏の死刑判決にしろ、、オウムの麻原の真相未解明での死刑判決にしろ、、、政治自体が国民を裏切ってる限り、、誠実にこれまでの自ずからの罪(例えば、A級戦犯議論)を懺悔するどころか、、ゴマカす歴史の中で、、、

    政府の都合の悪いことは【死刑】で口塞ぎする風潮に流されていかないか、、又、現に流されているのか、、とても懐疑的になっています。。

    世界平和にはキリスト教、仏教、イスラム教より、神道が最もすばらしいと思い込んで?ますが・・・

    政治家の懺悔に対する国民側の寛容?も含め、、日本には欠けてる点に思います。。
    両者の間でここの了解ができれば、、信頼感が増し、政治家は国民の為に汗し、国民も政治家に対して真摯に協力する・・・本当の愛国がそだつのかなぁ・・・と。。。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません