本を探しています。「へんないきもの」のような文章で笑うことのできる本を教えてください。三谷幸喜の文章は除外します。お願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/10/05 10:04:11
  • 終了:2006/10/06 17:38:06

回答(10件)

id:diarymasa No.1

diarymasa回答回数35ベストアンサー獲得回数12006/10/05 10:29:48

ポイント15pt

こんにちは。

へんないきもの好きのモノです。

こちらの本をご提案いたしますので、お忙しいところ恐縮ですがナルハヤでご確認いただけますと幸いでございます。

オトナ語の謎。 (新潮文庫)

オトナ語の謎。 (新潮文庫)

  • 作者: 糸井 重里 ほぼ日刊イトイ新聞
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

id:aoi_ringo

こんにちは。

こちらの本は大好きでして、クルマのダッシュボードに入れております。信号待ちで読んではクラクションを鳴らされております。

ありがとうございました。

2006/10/05 11:47:29
id:buragyan No.2

buragyan回答回数10ベストアンサー獲得回数02006/10/05 10:48:43

ポイント15pt

星新一さんが書いた本はとても文章で面白い本だと思います。

文庫本で安くいろいろ出てますので。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101098409

id:aoi_ringo

ありがとうございます。

星新一さんはほとんど読みましたが、「おもしろい」ですけど「おかしい」のとは微妙に違うかもしれません。

ちょっとあやふやな聞き方をしまして、申し訳ありません。

2006/10/05 11:48:49
id:Kumappus No.3

くまっぷす回答回数3784ベストアンサー獲得回数1852006/10/05 10:58:31

ポイント15pt

へんないきものよりはぐっとおじさんくさいんですが(少なくともアニメネタは出てこない)

タヌキの丸かじり (文春文庫)

タヌキの丸かじり (文春文庫)

  • 作者: 東海林 さだお
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 文庫

東海林 さだおの「〜の丸かじり」シリーズ。食べ物(それもB級なもの)に関するライトエッセイ、といえばいいのかな。読んでいるととてもお腹がすいてきます。


あと、ちょっと違うかもですが、漫画家 吉田戦車のエッセイ

吉田自転車 (講談社文庫)

吉田自転車 (講談社文庫)

  • 作者: 吉田戦車
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

「吉田自転車」も妙に力んだようなまさに吉田戦車の4コマに出てくる「部員」が書いたような文章が楽しいです。

id:aoi_ringo

どちらも知りませんでした。

東海林さんはたしかにおかしいと聞いたことがあります。

ありがとうございました。

2006/10/05 11:50:20
id:daikanmama No.4

daikanmama回答回数2141ベストアンサー獲得回数822006/10/05 12:34:44

ポイント15pt

エッセイでもよければ、原田宗典さんはいかがでしょうか。

感性が合えば、はまります。

あはははは―「笑」エッセイ傑作選 (幻冬舎文庫)

あはははは―「笑」エッセイ傑作選 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 原田 宗典
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • メディア: 文庫

id:aoi_ringo

パソコンのトラブルで

開封が遅れ申し訳ありません。

比較的軽そうなので、まずは立ち読みしてみようと思います。ありがとうございました。

2006/10/05 20:19:04
id:story-designer No.5

story-designer回答回数381ベストアンサー獲得回数232006/10/05 14:16:44

ポイント15pt

笑うカイチュウ―寄生虫博士奮闘記 (講談社文庫)

笑うカイチュウ―寄生虫博士奮闘記 (講談社文庫)

  • 作者: 藤田 紘一郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

間違いなく笑えます。昔、腹を抱えながら読みました。

id:aoi_ringo

この先生いいですよね。

期待して探してみます。

ありがとうございました!

2006/10/05 20:20:05
id:ttamo No.6

たも回答回数175ベストアンサー獲得回数292006/10/05 15:05:09

ポイント15pt

コメント欄を見て思い出したのは「えのきどいちろう」のエッセイ

妙な塩梅 (中公文庫)

妙な塩梅 (中公文庫)

  • 作者: えのきど いちろう
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • メディア: 文庫

です。たとえば「どうかと思う」とか「とんでもないです」なんていう章もあります。

「こんな文章を書きたい」と思うのですが、ぜんぜん真似できません。

id:aoi_ringo

コメント欄に共感していただいたのなら間違いないと思います。

どうも絶版のようですね。

気長に探すことにします。(アマゾンの中古は送料が・・)ありがとうございました。

2006/10/05 20:23:23
id:second517 No.7

second517回答回数29ベストアンサー獲得回数02006/10/05 18:17:42

ポイント15pt

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4087487857

あのころ僕らはアホでした

好みにあいそうでしたら、いかがでしょうか。

id:aoi_ringo

アマゾンのレビューもよさそうですね。

探してみます。

ありがとうございました。

2006/10/05 20:25:09
id:sokyo No.8

sokyo回答回数1372ベストアンサー獲得回数952006/10/05 20:30:35

ポイント15pt

こんにちは。

 

おかしいですね、宮沢 章夫が出ていません。

レンダリングタワー

レンダリングタワー

  • 作者: 宮沢 章夫
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • メディア: 単行本

最新のエッセイはMACPOWERに連載されていたのをまとめたモノです。

ちょっとしたコンピュータ色が出ているので、はてな的にはいいかも。

 

星の王子さまと野菜人格―卓越した心理療法家のための参考書

星の王子さまと野菜人格―卓越した心理療法家のための参考書

  • 出版社/メーカー: 星和書店
  • メディア: 単行本

 

この本は論文のかたちを借りたパロディ。

 

どちらも声を上げて笑える本です♪

id:aoi_ringo

こんばんは。

お久しぶりです。

最近はちょっとこういう質問ばかりで、申し訳ないです。

また、以前のような質問もしていこうと思います。

二冊ともおもしろそうですね。

今度探します。

ありがとうございました。

2006/10/05 20:34:04
id:simply No.9

simply回答回数123ベストアンサー獲得回数52006/10/06 06:38:55

ポイント15pt

もしもまだお読みになったことがなければ、赤瀬川原平はいかがでしょう。

可笑しいものを見つけては、それを他人に伝える才能に溢れた方だと思います。

たぶん、執筆中の表情は真顔です。

新解さんの謎 (文春文庫)

新解さんの謎 (文春文庫)

  • 作者: 赤瀬川 原平
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 文庫

学術小説 外骨という人がいた! (ちくま文庫)

学術小説 外骨という人がいた! (ちくま文庫)

  • 作者: 赤瀬川 原平
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • メディア: 文庫

id:aoi_ringo

楽しそうですね。

大まじめにふざけたことを書ける人を尊敬してしまいます。ありがとうございました。

2006/10/06 17:31:35
id:rikuzai No.10

りくっち回答回数1366ベストアンサー獲得回数1412006/10/06 13:21:26

ポイント15pt

笑える、ありえないことを引き合いに出す文章と言うことで、

ちょっと古いですが↓の小説を。

俗物図鑑 (新潮文庫)

俗物図鑑 (新潮文庫)

  • 作者: 筒井 康隆
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

ある意味「へんないきもの」改め「へんなにんげん」のオンパレードで、

その描写のものすごさは圧巻です。

id:aoi_ringo

ちょっと古そうですが、評価高いですね。

探してみます。


みなさん、ありがとうございました。

特に差をつけるのもどうかと思いますので、

均等配分、いるかはなしで終わります。

ありがとうございました。

2006/10/06 17:34:28
  • id:aoi_ringo
    補足の説明をします。

    この場合の「笑う」というのは、「知的におもしろい」のではなく、「文章的におかしくてその技術力に笑ってしまう」というものです。

    いま、手元に本がないので具体例が出てきませんが、
    何かの例えをいうときに、「ありえないもの」を引き合いに出し、「○○というようなものではもちろんない。」という形式の文章をイメージしています。

    よろしくおねがいします。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません