ギターテクニックを解説できる方に質問です。

http://video.google.com/videoplay?docid=-5702250972966743157

多くのCanon Rock(Cannon Rock)演奏者の中でも この “Nick B”は傑出していると僕自身は評価しています(上記URL参照)。

皆さんはどう評価しますか? 彼より優れている(単純に好きでもいいのですが)演奏者はいますか?因みに僕はYouTubeのものはほとんど聴いています。

また、Canon Rock自体の情報を教えてください。パッヘルベルのカノンをオリジナルにしていることは知っていますが、誰がアレンジし、誰が最初に演奏したか など教えていただければと思います。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人5回まで
  • 登録:2006/10/06 01:36:47
  • 終了:2006/10/11 16:34:14

回答(1件)

id:TomCat No.1

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/10/06 02:36:42

ポイント60pt

私は最初、JerryC氏のプレイを見て、うほっ、すげーと感動させてもらったのですが、NickB氏の演奏もまた格別です。

 

NickB氏の場合は演奏フォームが極めて基本に忠実で、動きに無駄がありません。どうも生粋のロックの人というより、ジャズ系の基礎のある人のように思えます。特に左手の動きを見て、そういう印象を持ちます。

 

そこが、AMTHESUN2さんが「傑出している」と評価されたポイントでしょうね。彼の演奏にものすごい余裕が感じられるのは、ひとえに基本に忠実なテクニックを身につけているからです。

 

そして、演奏に余裕がありますから、チョーキングもビブラートも、その幅や速さに、実にきめ細かな配慮が行き届いています。勢いでやったらたまたまそうなったという音ではなく、ちゃんとこういう表現をしたいんだというビジョンに従ってコントロールされています。おそらくこの人は、何回演奏しても、安定したプレイの出来る人でしょう。

 

私もコピーして演ってみましたが、そのへん全然駄目なんですよ。あ、今のよかったなと思っても、次に同じにはできないんです。演奏に余裕がないんですよね。ちゃんと表現したい音を頭の中で作る前に指が動いてしまって、音はいつも出たとこ勝負。テクニックに余裕がないから、心に割ける時間が持てないんです。

 

さて、Canon Rockのそもそもについてですが、これは台湾のギタリスト、JerryC氏のアレンジと言われています。その演奏の凄さに魅せられた世界中のアマチュアギタリストたちがコピーの腕を競い、今やギタリストを目指す者のバイブルとなりつつあると。そういうことのようです。

 

ちなみに私が初めてJerryC氏の演奏を見た時、NickB氏とは対称的に、こいつはギターをゲームのコントローラーのように扱っている!!と思いました。ギターテクニックというより、もはや手足のように扱っていると。ジェフ・ベックが、そういう人ですよね。

 

http://jerryc.tw/

こちらがJerryC氏のサイトです。

id:IAMTHESUN2

的確で実感のこもるコメントありがとうございます。僕もコピーして演ってみたのですがお話しにならなくて。だからなおさらNick B氏の「きめ細かな配慮が行き届いた音」に魅せられているのだと思います。でもやはり最後はテクニックを超えたところの魂の叫びだったりするので。そんなnew face を待望しています。

2006/10/06 13:20:54

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません