自動翻訳サイト、または自動翻訳ソフトを仕事に使っている方に質問です。


どのように仕事に活用されていますかでしょうか?

現在の精度では、英日で読むにしても相当つらい物があると思います。
また日英だと正しく翻訳されているのか不安もあると思います。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/10/10 01:49:40
  • 終了:2006/10/17 01:50:02

回答(6件)

id:Nigitama No.1

にぎたま回答回数311ベストアンサー獲得回数182006/10/10 01:58:05

ポイント19pt

翻訳サイトについてですが、

機密を扱うので、使用は最小限にとどめ、

使用する場合も固有名詞は全て別のものにします。

さらには、使用したところで

良い結果が得られないという前提でも居ます。

(使用する=簡単に分かるものでない=翻訳サイトではまずムリ)

まぁたまには参考になる結果が返ってくるので

ソレを見て考え直したりもします。

翻訳ソフトについては、

市販のもののフリー版、トライアル版などを使ったことがありますが、機能を覚えるころには期限がきたりするし、完全フリーのものだと結果がグダグダです。

現状ではタダで恩恵を受けるのはムリだと感じて頼るのは知識と経験と手元の自作用語集くらいのものです。

今後はトラドスの5を使用する予定です。

↓ダミー

http://q.hatena.ne.jp/1160412576

id:b-wind No.2

b-wind回答回数3344ベストアンサー獲得回数4402006/10/10 02:00:48

ポイント19pt

http://www.excite.co.jp/world/

自分は技術系なので、ドキュメントの翻訳によく使っていました。

技術系の文章は割と平易なものが多いですし、専門用語は日本語でもそのままなのでそれなりに役に立ちましたよ。

もちろん完全な文章に訳してくれる訳ではないので、自身の英語力はやっぱり必要です。あくまで補助的な扱いですね。

id:tadatarai No.3

ただたらい回答回数606ベストアンサー獲得回数372006/10/10 03:07:15

ポイント18pt

辞書をひく手間を省くために使っています。

英→日 は、単語や熟語、イディオムさえわかればあとはなんとか通じますし、

日→英 は、英語になることを意識して、訳しやすいような日本語で翻訳させます。そして、その後、明らかに違うところをなおせば、それなりの文章になります。ネイティブに見せたら「機械翻訳かけただろ~」と言われましたが、「ま、なんとかこれでもいいじゃないか」というレベルでした。

ただ、人名や専門用語だとわからないことも多いようなので、そのときはあきらめてひいています。

普段はここを使っています。

http://www.google.co.jp/language_tools?hl=ja

id:ardarim No.4

ardarim回答回数892ベストアンサー獲得回数1422006/10/10 04:01:33

ポイント18pt

英日、日英ともたまに使いますが、あんまり当てにしていません。よほどきれいな英文もしくは日文でないと正しく翻訳してくれませんので。


どちらかというと、日本語を英語に翻訳したい時に、まず自分で英訳してみて、それを英日に通して自分が意図した日本語に戻るかどうか(意味の通じる、きれいな英文になっているかどうか)を調べるのに使ってます。


個人的にはExcite翻訳、たまにBabelFishを使わせてもらってます。

id:KairuaAruika No.5

KairuaAruika回答回数6926ベストアンサー獲得回数972006/10/10 09:58:48

ポイント18pt

http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/002e8f0a.89099887/?sv=2&v=3&am...

アドレスはダミーです。

他の翻訳ソフトと併用しています。

又,英日にした後,日英にもしてみて,ニュアンスを確認しています。

二次的な使用であれば,かなり使えます。

id:sakumo65 No.6

sakumo65回答回数28ベストアンサー獲得回数02006/10/10 18:06:15

ポイント18pt

英語/中国語のWebサイトを見るのに、原文と自動翻訳を対比させながら表示してみることがあります。自動翻訳をそのまま信用することはできないので、自動翻訳を参照しながら原文を読みます。自動翻訳は単語の辞書代わりというところでしょうか?

また、英文を作成してそれを他のヨーロッパ系言語に翻訳するのにネット上のフリーの自動翻訳サービスを使うことが時々あります。イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語などです。ExiteやLivedoorを使っていますが、言語によってはサポートされていないので、都度検索してから使用します。現地の友人に何度か見てもらいましたが、何とか通じるみたいなので、これは目を瞑って使っています。

http://translate.livedoor.com/

  • id:makamon
    みなさん、補助的に使ってるってのが総論ですね。機械翻訳はフリーの WEB 翻訳サービスしか使ったことないですけど、いつまでたっても進歩しませんよねー。

    ソフトウェアの翻訳も結局似たり寄ったりなんでしょうね。

    仕事柄、よく翻訳が必要になるんですが、結局人の翻訳者にお願いしています。でも次の問題がありますね(個人的な意見ですのでご参考程度に)。

    ・質の高い翻訳者を見つけるのが難しい。
     -トランスマート (http://www.trans-mart.net/) とかで
      翻訳者を何人か見つけましたが、やっぱり一発で見つけるのは
      難しかったです。(珠玉混合という表現がふさわしい
      サービスです)
     -お気に入りの翻訳者が別の仕事で手がふさがっていると
      たちまち行き詰る。

    ・翻訳会社はなんか敷居が高い。
     -でもやっぱりレベルというか、質は高いですよね。
     -お願いするまでにやたら時間がかかる。
     -サクッとほしいものでも、納期が長かったりする。

    ・翻訳者によって翻訳結果の雰囲気が変わる。
     -翻訳者の思考とか経験も反映されますからねー。
      これは避けられません。

    Google もマイクロソフトも莫大な研究費をかけて自動翻訳に取り組んでいるようですが、精度が高いのが完成するのはいつのことやら、って感じですね。

    メールだけの翻訳で、スピードと質を求めるのであれば、Whoopee!Mail(http://promo.Whoopeemail.jp/) というサービスが新しくスタートしたようです。一度使ってみましたが、実際のところ1時間ちょっとで翻訳できました。単価も通常より安いです。でも、フリーに慣れている人は「高っ」と思うかも。
    でもEメールはスピード命ですので翻訳会社なんかより全然スムーズです。翻訳会社だったら、どんなに急いでも2日はかかりますからね。

    翻訳業界には1強みたいなのって無いような気がします。
    それだけ、難しいでしょうね、言葉の世界を制すのは。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません