はてなで質問を続けていると、質問履歴を見られて、こちらのプライバシーが他人に分かってしまうのではないでしょうか?そのような場合、どのように対処すれば良いのでしょうか(例えば、自分の過去の質問を削除したり出来るのでしょうか?)よろしくお願い致します。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/10/14 17:00:10
  • 終了:2006/10/21 17:05:02

回答(8件)

id:lazysun No.1

lazysun回答回数32ベストアンサー獲得回数12006/10/14 17:05:51

ポイント17pt

「質問によってサブアカウントを使い分ける」などはいかがでしょうか?


過去の質問の削除などは出来なかったかと思います。

http://q.hatena.ne.jp/1149604204

http://q.hatena.ne.jp/1149604212

id:zan26455bebeto

サブアカウントは、とても参考になりました。ありがとうございました。

2006/10/15 08:01:28
id:jyouseki No.2

jyouseki回答回数5251ベストアンサー獲得回数382006/10/14 17:22:42

ポイント17pt

http://www.hatena.ne.jp/rule/privacypolicy

http://www.hatena.ne.jp/rule/

利用者自身が書き込みをしたことによって明かされた個人情報についてはてなは責任を負わないとされています。

過去の質問を削除するのは、はてなスタッフの権限になっています。

ユーザーがスタッフに削除の依頼をすることはできますが、これまでの経験から、明らかに利用規約違反のように見える内容でも削除されていないケースがあります。

結局のところ、個人情報を明かさないように自ら気をつけることが大切です。

退会処理を行ったユーザーの質問、回答履歴は見られなくなりますが、検索エンジンを使えば探すことは容易です。

何か心配なことがあるのならば、ハンドル名を変えるのが有効な方法です。

id:TomCat No.3

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/10/14 18:24:19

ポイント16pt

たしかにネットには凶暴な「攻撃型ウォッチャー」などと呼ばれる人達がいますから、そういう人に目を付けられてしまうと、はてなの質問履歴などは格好の「ウォッチ対象」になりかねません。

 

しかし、はてなにおける質問回答は、質問者だけの物ではないんですよね。そこには回答者の意志も反映されていますから、質問者の都合だけで削除できるというものではありません。

 

そこで従来、不幸にして「攻撃型ウォッチャー」に目を付けられてしまった人は、仕方なく一旦はてなを退会し、再度IDを変えて再登録するなどといった手間を繰り返していたわけです。そういう人はたくさんいました。

 

http://www.hatena.ne.jp/my?mode=config

そこで、おそらくそうした実情を反映して登場したのが、メインアカウントとの関連を秘匿して使用できる「サブアカウント」制度です。

 

サブアカウントは一人二つまで持つことが出来、ポイントに関すること以外は、基本的にメインアカウントとは全く独立した存在として扱われます。質問履歴も全く別個に作成されますから、これならシビアな人生相談なども安心して行えますね。

 

サブアカウントは、必要が無くなったら、いつでも削除することが可能です。サブアカウントの退会でメインアカウントまで消失してしまうということはありませんから、個人情報が漏れそうなリスクのある質問は、その都度新しいサブアカウントを作ってそれで行うなどして、情報の漏洩を防いでください。こうした「使い捨て」的なアカウントの利用は、特に規約違反にはなりません。

id:zan26455bebeto

サブアカウントは、とても参考になりました。ありがとうございました。

2006/10/15 08:01:54
id:hamster009 No.4

hamster009回答回数3431ベストアンサー獲得回数502006/10/14 19:43:50

ポイント16pt

あまり神経質になられる必要はないと思います。

あなたがここに実名と電話番号を書き込んだとしても、たぶん

なにも起こらないでしょう。ましてや、ハンドルしかわからない相手に興味を

もつやつはほとんどいない。それが現実です。

id:pasosavi No.5

pasosavi回答回数761ベストアンサー獲得回数282006/10/14 20:59:58

ポイント16pt

分かっても困らない範囲でご質問(ご回答)をされれば宜しいかと :-)


#これは はてな 内にのみならずネット上での発言全般に関しても同様


> 自分の過去の質問を削除

それはこのシステムからいっても無理でしょうね…

既になされた質問/回答は はてな のいわば財源なので

(検索結果による集客等

そう考えると狙っていたいないにかかわらず

これだけの人力をこの程度の費用で動員させて

人々を はてな へと向かわせた手腕は凄いです…

(人力検索とは実は人力で人を集めるシステムだったという


#こうした回答さえ貴殿(貴女)の益というよりは

 とどのつまりは はてな の益だという

 (サイトへのアクセスを集める膨大なデータの一部となる

id:zan26455bebeto

ありがとうございまうす。ただ、人生相談などの質問では、当方の状況を説明しないと十分な回答が得られないのでは無いでしょうか?一般的な質問では不十分かと思います。突っ込んだ質問(回答)があればこそ、多くの人々を集める原動力なのではないでしょうか?

2006/10/14 21:30:55
id:pasosavi No.6

pasosavi回答回数761ベストアンサー獲得回数282006/10/14 21:58:18

ポイント16pt

#とりあえず追記です…


仰られる通り、

十分に状況が説明された質問ほど良回答が集まります。


#こんなガイドラインもあったりします…

 http://kataro-kai.g.hatena.ne.jp/

 http://kataro-kai.g.hatena.ne.jp/keyword/%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%8...

 ○求める回答が得られるように、できるだけ詳しく条件を記載しましょう。

 ○助けを求める類の質問をする際は、できるだけ詳しく状況を記載しましょう。


ただ現状ですと、

質問者側が過去に行なったそのような詳細な質問は

質問終了後はいわば はてな のものになってしまい、

リーズナブルに問題が解決して宜しかったですね

その代わり場を提供した見返りを頂戴

ということで、まず消してもらえそうにない…

(だったら別所でもっとお金を出してプライバシーも守ってもらってください

 と言われそうな気が


結論:

人力は お手軽なれど 侮れず 良回答には それなりの対価

(意味:

 人力は回答者側のボランティアにより対価を超えた良回答が得られる反面

 いるか等それなりの対価をやはり回答者は期待しており

 そのような良回答を得るために払われた情報開示という対価もまた侮れない)

id:zan26455bebeto

pasosavi様、早速の追記ありがとうございます。おっしゃるとおり「質問は質問終了後はいわば はてな のもの」になります。ただ、終了後は「質問者のハンドルは消去する」「終了した質問は(質問者が分かるような形での)リンクはしない。」などの措置は取れる筈です。個人情報を軽視するサイトは長生きしないと思うのですが、いかがでしょうか?ともあれ、2回も回答を頂きありがとうございました。

2006/10/14 22:08:30
id:kumonoyouni No.7

kumonoyouni回答回数612ベストアンサー獲得回数1312006/10/15 00:20:42

ポイント16pt

割り込み回答失礼します。


人生相談の中でも、いろんなタイプの質問があるかと思いますので、一括りで語ることは難しいと思いますが、個人的に思うことを書かせていただきます。

まず、必ずしも詳細な情報を書いたからといって、「回答数」が最初から多く集まるかというとそうとは限らないと思います。

例えば、恋愛相談のように誰しも感情移入しやすいものだと、質問内容が簡単であっても、最初から回答が集まりやすい傾向にあるのではないでしょうか?

それに対して専門分野に特化したものや、雲を掴むような話は、回答が集まりにくいと言えるのではないでしょう。


それとは別に個人情報をどう扱うかは、また違うお話になると思います。確かに深刻な悩みの場合、どこまで書いていいか、自分をよく知っている誰かに見られてしまったら・・・というご不安な気持ちはあるでしょう。実際、はてなの質問に関わらず、私が関わってきた範囲でもそうした方達は見受けられますが、そういう場合にはどこまで書いていいか分からなければ、pasosavi さん書かれているように、まずは書ける範囲で書いてみて、皆さんの反応を見ればよいのではないでしょうか?


その中で、有効な回答が集まってないと思えば、そこからどう追加情報を提供するか、そこで質問を終了するのも、質問者さんに選択権があるわけですし、個人情報を軽視するというのは、少し行き過ぎたお話しのように思われます。


私の案としては、どうしても多くの人が目を触れる場所で書けそうになければ、違う質問に変えて、個人情報を守ってくれるカウンセラーのような情報を求めるとか、詳細な情報はダイアリーなど別の場所に書いて参照先を書き、質問クローズした時点で、その内容を編集するとかといった対応もとれるのではないかと思いますが、いかがでしょうか?


また、pasosavi さん書かれているように、ここに関わらず、ネット上で多くの人に目が触れる場所で発言している時点で、それは既に多くの人の目に触れている可能性があるわけですので、私は後から削除できればよいという問題でもないように思います。


ご参考になれば幸いです。

id:zan26455bebeto

長文の回答、ありがとうございました。ただ、「ネット上で多くの人に目が触れる場所で発言している時点で、それは既に多くの人の目に触れている可能性があるわけですので、私は後から削除できればよいという問題でもないように思います。」というのは、どうでしょうか?私が言っているのは、「(質問者の多くの)質問を集めて考えると その人(質問者)のプロフィールが詳細に分かってくる」という事です。

2006/10/15 07:59:43
id:TomCat No.8

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152006/10/15 04:45:26

ポイント16pt

pasosaviさんとのやりとりに関連して、私からもちょっと追記させてください。

 

ただ、終了後は「質問者のハンドルは消去する」「終了した質問は(質問者が分かるような形での)リンクはしない。」などの措置は取れる筈です。個人情報を軽視するサイトは長生きしないと思うのですが、いかがでしょうか?

ご質問の趣旨は、はてなの制度に関する疑問、ということだったんですね。

 

以前から「匿名で質問を立てられるようにして欲しい」といった要望も少なからずありました。

 

また、はてなの場合は複数のサービスを共通のIDで利用していきますから、人力での質問がきっかけでダイアリーに嫌がらせをされるといったケースもあり、これでは安心して質問が出来ないという声もありました。

 

そうした実情に応えて実現されたのが、前述の「サブアカウント」なんだろうと思うんですね。サブアカウントは作ったり消したりが自由に出来ますから、これを使えば、

  • 一回の質問だけに使う「使い捨て」アカウント
  • 特定の悩みが解決するまで使う「臨時」アカウント
  • ダイアリーなど他のサービスの「専用」アカウント

などが自由に作れます。このサブアカウントを使えば、

終了後は「質問者のハンドルは消去する」

という操作が、質問者自身で行える、というわけです。サブアカウントとメインアカウントとの関連を他人に知られることはありませんし、サブアカウントを削除すれば、質問そのものは残りますが、質問履歴のページは削除されます。

 

なお、質問に使うポイントはメインアカウントで保有しているポイントから支払われますから、サブアカウントを作るたびに新たにポイントを購入するなどという必要はありません。

 

というわけで、人生相談などのシビアな質問は、このサブアカウントを上手に使っていくことがお勧めです。

 

ただ、メインのアカウントは気軽に削除するわけにいきませんから、どうしてもメインのアカウントによる質問履歴を削除したいということになると、この場合は一回退会して再入会せざるを得なくなります。

 

この場合の保有ポイントは、ポイント交換の最低額2000ポイントに満たなくても、手数料は差し引かれますが、Amazonギフト券か楽天スーパーポイントに交換することが出来ます。ただし、保有ポイントが2000ポイントに満たない場合は通常のポイント交換手続きページは使えませんので、はてなサポート窓口

support@hatena.ne.jp

に退会に伴うポイント精算ということで依頼してみてくださいね。もしかすると、新アカウントにポイントをそのまま移行という手続きもとれるかもしれませんから、その点も一応確認してみるといいかもしれません。なお、ポイント交換手続きは、退会手続き前に行ってください。一回退会してしまうと、その後は旧アカウントに関する全ての手続きが出来なくなってしまいます。

 

ま、そうは言っても、メインアカウントを削除してしまうと、同時にダイアリーもアンテナもRSSもフォトライフも、その他全てのデータが全て消えてしまいますから、ちょっと打撃が大きいかもしれませんよね。

 

でも、はてなは、かなりきめ細かいサポートが期待できるサイトですから、どうしても過去のこの質問を消したい、質問ページ全体は消せなくても、この文言は消してほしい、といった依頼には応じてくれる可能性があります。

 

たとえば過去においては、Web制作のアドバイスを求める質問において、制作中のサイトのURLとして質問文に掲げられた部分が、後日削除されたケースがありました。

 

そのほか、今まで色々と、様々な個々のケースに応じてくれている実例がありますから、ここは困った、ここをこうしてもらいたいといった依頼があれば、とりあえず前述のサポート窓口に相談してみることをお勧めします。相談したことが全て通るとは限りませんが、相談してみる価値はあると思います。

id:zan26455bebeto

詳細な追記を頂き、ありがとうございました。大変参考になりました。

2006/10/15 07:43:16

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません