「定期持った?」「うん、大丈夫」。何だか、この間、試しに着て、母さんから、大丈夫、よく似合うよ、って言ってもらったブレザーが、やっぱり、まだ恥ずかしくて、分からなくて、とにかく、あれこれ入れてみた新品の革の鞄が少し重く、そして、はき慣れないローファーを履いて、あなたは玄関を出ました。あの日の天気、あの日の空気、あの日の気持ちを、あなたは覚えていますか。もしよければ、話してください。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 登録:2006/10/14 21:55:37
  • 終了:2006/10/15 19:07:35

ベストアンサー

id:mmmx No.7

mmmx回答回数201ベストアンサー獲得回数142006/10/14 23:55:31

ポイント16pt

驚くほど世界が白かった記憶があります。

晴れた空の青は、ぼやけた水色で、白い雲は形なく翳んでいました。

いまでも解らないくらい、世界・視界が白かったです。

綺麗に満開に咲いていた桜でさえ、白く映りました。


小学校入学の日の話しです。

ちいさいころから柄の入っていないシンプルな黒い服が好きだったのですが

母の好みでなかなか着せてもらえなかったので、

黒い制服で毎日通えると思うとうれしくてたまらなかったです。

が、

入学式、ということで、その前日に自慢且つお気に入りのロングヘアーを

想像を絶するくらいのショートヘアーにされたので、実際は複雑でした。

泣きたい気分で入学式に行き、新しい学校に男の子のような容姿で

存在する自分が嫌になったりしてました。


けれど今になってその日を思い出すと、あの「世界の白さ」は美しかったです。

何か、世界が違って見えた一日でしたし、あんな風に感じた日は

後にも先にもあの一日のあの一瞬だけだと思います。

とてもあたたかかった。

id:aoi_ringo

なぜだか、よくわかります。

質問文は高校生を想定しましたが、この小学生の心理は高校生のそれに近いと思います。

ありがとうございました。

2006/10/15 19:02:45

その他の回答(8件)

id:kurupira No.1

kurupira回答回数2369ベストアンサー獲得回数102006/10/14 22:09:27

ポイント16pt

ブレザー・革の靴は高校生の時です。

入学式の時は晴れていました。

初めて着る制服なので少し違和感を感じながら高校に行きました。

id:aoi_ringo

ありがとうございました。

2006/10/15 18:57:54
id:konnyakmannan No.2

konnyakmannan回答回数10ベストアンサー獲得回数02006/10/14 22:12:51

ポイント16pt

希望の学校じゃなかったから、すがすがしいというより、気分が重かったです。

これからどんな人生になるか不安でしたし、家族からの期待をひしひしと感じていましたなー

晴れていたのに、なんだかそれとは真反対の気持ちでした。


ということで、悲しい気持ちしか思い出せません。


しかし、いまや僕も大学生。

またまた希望の学校じゃなかったけれど、今は自分の生活に満足して生活できています。

id:aoi_ringo

よかったですね。

ありがとうございました。

2006/10/15 18:58:36
id:sokyo No.3

sokyo回答回数1372ベストアンサー獲得回数952006/10/14 22:14:44

ポイント16pt

こんばんは。

 

実は、すごくうかない気持ちでした。

一応 思い通りの進路ではあったのですが、私は新生活が苦手です。

3月までの仲間たちがすごく私は大好きだったし、日々は楽しかったし、

それにお別れする毎日が始まるかと思うと足が重いのです。

駅までの道のりは遠いし、電車は混雑するし、到着しても見知らぬ人たちに囲まれて。

表面だけはなぞるようなニュートラルを繕っていましたけど、

本当は、すごく、ひとりだった気がします。

 

それでも、思っていたよりもいい日々だったなあ、と思えるようになったのは

ずっとずっと時間がくだってからのコトです。

そして新生活でも楽しくやっていけるようになったのは、かなり最近です。

 

んー、明るくなくてごめんなさいo

id:aoi_ringo

いえいえ。

ありがとうございました。

2006/10/15 18:59:17
id:taknt No.4

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982006/10/14 22:15:17

ポイント16pt

落ち着きがなかった私は、ただ気が焦っていただけなのかもしれません。

澄み渡った空は、すべてをお見通しのようでした。

私は、ただすべてを受け入れて、それをこなしていけばいい・・・

そう思い込むように努力していました。

id:aoi_ringo

きれいですね。

ありがとうございました。

2006/10/15 18:59:45
id:peach-i No.5

peach-i回答回数4652ベストアンサー獲得回数932006/10/14 22:24:35

ポイント16pt

中学生くらいの頃になりますが

(小学生は私服だったので・・・)

初めての制服にとても心躍らせていました。

カバンにはキレイに整理していれた教科書(後々、乱雑に入れるようになりますが(笑))

これからどんな生活が始まるのか。。。緊張で一杯でしたね

天気は・・・覚えていません・・・

id:aoi_ringo

あの緊張感がいいですね。

ありがとうございました。

2006/10/15 19:00:23
id:jyouseki No.6

jyouseki回答回数5251ベストアンサー獲得回数382006/10/14 23:01:21

ポイント16pt

中学生のときは学生服だったのに、高校になってブレザーの制服になると、やっぱり恥ずかしいです。

別に変な格好をしているわけではないのに、他の人が自分を見ているような気がします。

これから毎日電車で通うことになるなんて、この学校に合格する前は考えてもみなかったな・・・。

高校の勉強は教科書を見ただけで本当に難しそうです。でも立派な社会人になるために、頑張らないといけませんね。

母さんもあんなに期待してくれていますし、父さんもいつも一生懸命に働いてくれていますから。

今日は時間に余裕を持って出かけてきたので、まだ人は少なめです。

春の青空に桜吹雪の舞う中、喜びと緊張を抱えながら今、学校の門をくぐりました。

これから新しい生活が始まります。

id:aoi_ringo

スタートですね。

ありがとうございました。

2006/10/15 19:01:19
id:mmmx No.7

mmmx回答回数201ベストアンサー獲得回数142006/10/14 23:55:31ここでベストアンサー

ポイント16pt

驚くほど世界が白かった記憶があります。

晴れた空の青は、ぼやけた水色で、白い雲は形なく翳んでいました。

いまでも解らないくらい、世界・視界が白かったです。

綺麗に満開に咲いていた桜でさえ、白く映りました。


小学校入学の日の話しです。

ちいさいころから柄の入っていないシンプルな黒い服が好きだったのですが

母の好みでなかなか着せてもらえなかったので、

黒い制服で毎日通えると思うとうれしくてたまらなかったです。

が、

入学式、ということで、その前日に自慢且つお気に入りのロングヘアーを

想像を絶するくらいのショートヘアーにされたので、実際は複雑でした。

泣きたい気分で入学式に行き、新しい学校に男の子のような容姿で

存在する自分が嫌になったりしてました。


けれど今になってその日を思い出すと、あの「世界の白さ」は美しかったです。

何か、世界が違って見えた一日でしたし、あんな風に感じた日は

後にも先にもあの一日のあの一瞬だけだと思います。

とてもあたたかかった。

id:aoi_ringo

なぜだか、よくわかります。

質問文は高校生を想定しましたが、この小学生の心理は高校生のそれに近いと思います。

ありがとうございました。

2006/10/15 19:02:45
id:dream76 No.8

kiyo回答回数1091ベストアンサー獲得回数82006/10/15 02:07:05

ポイント16pt

「おせっかいな母親だな」

「そんなの言われなくてもわかってんだよ」

と少しはづかしいのですが

その気遣いに喜んでいる自分がいます。

なんで母親はあんなに心配性というかおせっかいやきなんでしょう

id:aoi_ringo

それがやさしさなのかもしれません。

わたしの母もずいぶん歳をとりました。

ありがとうございました。

2006/10/15 19:03:37
id:komeke No.9

komeke回答回数193ベストアンサー獲得回数162006/10/15 05:20:55

ポイント16pt

まだ少し肌寒く、だけど、日差しがあたたかく、

空は青く晴れ渡っていました。


私はくるっと一周し、

「大丈夫?おかしくない?」

「髪は変じゃない?」

「ほんと?ほんと?」

と何度も確認しました。


父が玄関先までカメラを持ってきました。

「いいよー。写真なんか。」

と恥ずかしがりながらも、親も嬉しいんだな。と

母と玄関に並びました。


今日から新しい生活が始まる。

大きな期待と、少しの不安。

ドキドキ。ワクワク。


通り慣れた道なのに、身につけているもの全てが新しく、

いつもと違う自分に感じ、

いつもと違う道に感じました。

id:aoi_ringo

ぎこちないローファーの靴音が聞こえてきそうです。その日は靴擦れしたかもしれません。その写真の「私」は今は、どんな暮らしでしょうか。「母」と「父」は。

いつもすてきな回答をありがとうごさいます。


この質問は「想い出はてな」ですので、ポイントは均等に配分させて頂きます。みなさん、ありがとうございました。

2006/10/15 19:06:34

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません