広告(のメリット・デメリット)について、

分かりやすく紹介しているページを教えてください。

広告の反響というものを測定することは難しいと思います。
また、一概に良い、悪いと言うこともできないと思いますが。

みなさんのお考えでアドバイスをください。よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/10/17 20:31:33
  • 終了:2006/10/18 19:02:32

回答(3件)

id:peach-i No.1

peach-i回答回数4652ベストアンサー獲得回数932006/10/17 21:19:17

ポイント27pt

http://www.keywordtop.com/cn_link.html

広告リンクに関してですが、少しメリットデメリットについて出ています

id:shoma22

ありがとうございます。

2006/10/18 12:46:45
id:MEI-ZA-YU No.2

MEI-ZA-YU回答回数4742ベストアンサー獲得回数7562006/10/17 21:40:08

ポイント27pt

http://www.moraeru.net/jissen/chapter1/page2.htm

インターネット広告のメリット・デメリットが載っています。


広告といってもテレビ、チラシ、インターネットなどそれぞれ違うので、一概に言えませんが

良い広告とは見る人のニーズに合ったモノだと思います。

逆に悪い広告とはその人にとって必要のないモノだと思います。


細かく言えば価格や好みが合えば、より良い広告といえます。


各種名簿などを利用したDMは迷惑ですがそういう点では

ニーズに合っている事が多いので「売り手側」からすれば有効なのでしょう。

id:shoma22

ありがとうございます。

分かりやすくてよいページだと思いました。

2006/10/18 12:47:07
id:freewriter No.3

にらたま回答回数23ベストアンサー獲得回数02006/10/17 23:42:08

ポイント26pt

通販の世界では、広告の結果検証が発達しています。

実店舗がない分広告の活用が成否を分けますので。


ということで、通販広告の考え方の基本は下記です。

http://ec.ascii-business.com/eccolumn/maeda/060825maeda.php?webc...


ちなみに高単価商品・・例えば住宅販売でも同様で、

資料請求コスト(CPR)、成約あたりコスト(CPO)で

判断をすることをオススメします。


例)

広告費100万円

→資料請求100件(=CPR 1万円)

→成約1件(=CPO 100万円)

CPRは広告+原稿の出来に左右され、

CPOは、広告+営業力で決まります。


ちなみに資料請求段階のお客さんは

「いますぐ客」「そのうち客」に分かれます。

前者は当然営業マンが刈り取りますが、

後者に対しては、メルマガなどで囲い込みを行うのが一般的。

これは通販でも美容院でも住宅でも歯医者でも使えるでしょう。

下記は無料でメルマガ代筆をするサイトです。ご参考まで!

http://www.commerce-design.net/main.html

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません