テープ(LTO)を使用したバックアップについて質問です。バックアップソフトの設定で、「上書き」「追記」がありますが、上書きだとフォーマットしてから書き込むため、LTOに負荷がかかり、すぐに使えなくなってしまうのかなと考えていますが、この考えは合っているでしょうか。

また、毎日使用すると3ヶ月交換など、一般的にLTOの交換期間を教えてください。
※バックアップソフトはARCserveのWindows版

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/10/21 13:31:09
  • 終了:2006/10/28 13:35:15

回答(2件)

id:optokubetsu No.1

まる回答回数556ベストアンサー獲得回数102006/10/21 14:47:38

ポイント35pt

テープメディアですので同じところに書く「上書き」よりは、まんべんなく全体に書く「追記」のほうが

厳密にはテープの持ちは良くなると思いますが、毎回「上書き」にしてすぐに使えなくなったという経験はありません。

私はLTOを7本用意し、曜日ごとに使い分け、バックアップを取得する際は常に「上書き」にしています。

これでだいたい2年(100回)ぐらい運用していますが、特に問題なく使用できています。

テープのメーカーの推奨では大体200~300回ぐらいで交換ということになっていますので

毎日、同じテープにバックアップを取得する場合は6ヶ月ぐらいが交換の目安になるのではないでしょうか。

(ただし、メーカーや使用状況により差があると思いますので注意が必要かと思います)

バックアップの取得対象データサイズが、今後もずっと一定のままであるならば、asxファイルを曜日分(7つ)用意し、

たとえば日曜日だけ「上書き」、後の曜日はすべて「追記」としておけば、テープを無駄なく使えると思います。

(容量オーバーには注意が必要です)

id:kuruma_neko

テープは5本あり、毎週月曜にテープを交換する運用なので、数年は考えなくてもよさそうですね。ありがとうございます。

2006/10/21 15:25:46
id:kurukuru-neko No.2

kurukuru-neko回答回数1844ベストアンサー獲得回数1552006/10/21 17:09:51

ポイント35pt

数社のデータを見比べると

5000ロード・アンロード

250-260回 フルファイルパス

位です。

http://www.maxell.co.jp/jpn/consumer/data/tape/faq/ctape_faq04.h...

通常圧縮状態で使う事を考えた場合、

上書きすると処理速度の低下は発生する可能性は

あります。 同じ場所に書く事になるので同一テープ上の

の書き込み回数にバラツキが出来るので容量があるなら

運用上は全て追記のみとしたいところです。

>テープは5本あり、毎週月曜にテープを交換

LTOは非常に記録密度が高いので

埃等の環境が悪いと、ドライブ・テープそれぞれ

空気清浄機・エアコン(除湿機)の装備された環境で

ないと非常に壊れやすい状態となります。

特に埃っぽい場所でオートローダでない装置にテープを

に入れっぱしも止めた方がよい。

特に金属関係の埃はドライブ、テープ両方壊れる

(埃がサーバー周辺に積もっているような環境)

http://www.jdsf.gr.jp/backup/pdf/DLT_Redbook.pdf

データの質が不明なのでなんともいえないのですが

テープそのものが読めなくなる可能性を考えた場合

同じテープでの上書きは危険な気がします。

最悪1週間前にデータ戻ってしまします。

テープは壊れる場合、同じような時期に連続して壊れる

ので注意が必要です。

テープは消耗品と割り切り定期的に追加購入してゆく

事をお勧めします。 長く使っても約2年~3年

5本だと障害を考えると結構苦しい運用になると

思います。 予算として半年に1~2本づつ位定期購入

の検討も必要と思います。

http://www.webby.co.jp/data/dt_tape10.html

id:kuruma_neko

元々は追記に設定していたのですが、テープ容量が一杯になって、バックアップが失敗したことがありました。そのため、「上書き」か「追記」で追記可能期間を設定するか考えたのですが、常に上書きの方が簡単なので上書きになりました。取得しているバックアップは、オラクルのオフラインバックアップですが、別サーバにスキーマ毎のEXPもしているため、問題ないと考えています。月曜のテープの入れ替えは、入室申請を毎回するのが手間なので一週に一回になりました。

2006/10/22 12:16:18

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません