【MTSのトランザクション管理について】マイクロソフトの製品でMTSというものがあります。これを使うとデータベースとファイル操作の管理が1トランザクションで行えるようになるのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/10/23 17:09:43
  • 終了:2006/10/30 17:11:07

回答(1件)

id:nzg No.1

nzg回答回数26ベストアンサー獲得回数32006/10/25 02:32:27

ポイント60pt

MTSの分散トランザクションサポートは、MS DTC (Distributed Transaction Cordinator)プロセスを介した2フェーズコミットによって実現されています。このとき内部的に利用されるプロトコルが、X/Open XAプロトコルです。すなわち、MTSの分散トランザクションでは、X/Open XAプロトコルをサポートするデータベースが対象で(SQL Serverを始めとするほとんどの商用データベースが該当します)、逆にXAプロトコルを持たないファイルシステムを、同一トランザクション内に組み込むことはできません。「データベースとファイル操作の管理」を1トランザクションで行うのは無理だと思います。

ところで、mukoubutiさんは、たまたま MTS の言葉を知ったのか、それとも意識して使っているのか、どちらでしょう? MTSは 元々 Windows NT 4.0のアドオンパッケージとして登場した製品ですが、現在では「COM+」の名称で、Windows 2000 および Windows XP に直接統合されています。また Visual Basic 6.0では、COM+アプリケーション作成の際にいくつかできないことがありましたが(Visual C++ 6.0が必要)、Visual Basic .NETであれば COM+の機能をすべて利用できます。

  • id:nzg
    この回答でお分かりでしたか? もし何か分からないことがあれば、この欄で質問してください。出来る限りお答えします。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません