宜しくお願い致します。


文章(話)をまとめる時のコツがを教えて頂きたいのです。

書きたい事がたくさんありすぎて・・調べた事が沢山ありすぎて・・とにかくクドくなってしまいます。例えば新聞記者さんは、調べたものを短くまとめますよね?どんなコツがあるのでしょうか?取材する時の方法や意識とかも、他の人とは違うんでしょうか?
文章や編集が得意な方、心構えや具体的な技法など教えて頂けませんか?参考になるサイトもあれば・・

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/10/23 17:54:58
  • 終了:2006/10/24 11:06:58

ベストアンサー

id:adlib No.10

adlib回答回数1984ベストアンサー獲得回数1232006/10/24 01:08:16

ポイント15pt

 

 ぜんぶ書いて、並べかえて、ほとんど削る!

 

 余分な肉づけを削った、骨と皮だけの文体が読みやすいはずです。

 おなじキーワード(記号・文型)を繰りかえさないことです。

 あなたの質問を(順序を変えて)書きなおしてみましょう。

 

where:?(どこに発表するのですか? ブログですかレポートですか)

who:新聞記者さんは(この敬称は無用。新聞記事は悪文が多いのです)

why:他の人とは違うんでしょうか?(記者しだい、読者しだいです)

 

what,which:調べたものや、書きたい事が沢山(三つにしぼりましょう)

when:文章(話)をまとめるとき(5W1Hに書きわけましょう)

how:心構えや具体的な技法など教えて(↓=過去はてな)

 

 5W1Hのすすめ(箇条書きにしましょう)

http://q.hatena.ne.jp/1160179687#a617264

 あなたの質問は“where”が欠けていますね。

 

 一筆のすすめ(わたしのブログ書法)

http://q.hatena.ne.jp/1159571400#a614185

 一字が万字(最後のコメント)

 

その他の回答(9件)

id:sun5sun No.2

sun5sun回答回数358ベストアンサー獲得回数72006/10/23 18:03:31

ポイント15pt

重要な単語を抜き出して、その部分だけを利用する。

その重要な単語の回りだけを記事にしていく

言いたいこと、重要なことをまず箇条書きにして書き出すのも一つの手です

id:KairuaAruika No.3

KairuaAruika回答回数6926ベストアンサー獲得回数972006/10/23 18:04:45

ポイント15pt

実際に,書いた文章を声に出して読んでみると良いですよ。

声に出してみると,言い回しがくどいことや,無駄であって省けそうな段落が見えてきます。

とにかく,何度も書き直して,何度も声に出してみることで,だんだん回避できるようになってくるはずです。

id:pikupiku No.4

pikupiku回答回数3043ベストアンサー獲得回数732006/10/23 18:37:44

ポイント15pt

http://shouronbun.com/report1.html

小論文のコツは論文の構造にある

id:love-and-peace No.5

love-and-peace回答回数239ベストアンサー獲得回数22006/10/23 19:16:00

ポイント15pt

私でしたらまず頭に浮かぶとおりに、すべて入力します。次に、論理整合性をチェックします。それと平行して文章を入れ替え、意味の通りやすい構成にしますます。

最後に大胆な省文を行い必要な字数にまとめます。

id:dream76 No.6

kiyo回答回数1091ベストアンサー獲得回数82006/10/23 19:16:38

ポイント15pt

文章をまとめるには

1 問題のテーマの説明とその問題背景の説明

2 それらの問題を具体例などを用いて説明、

3 問題点の抽出

4 それらを考察、分析

5 課題点の発見

のように、

テーマ→具体化→問題点→考察→展望

の順をたどるといいと思います。

id:akilanoikinuki No.7

akila回答回数775ベストアンサー獲得回数92006/10/23 19:52:35

ポイント15pt

私がやっている方法。

書きたい事がたくさんある時は、まず箇条書きにキーワードを書き出します。

そして、①絶対必要な部分と②できればいれたい部分と、③いれなくてもいいかなという部分にわけます。

そして、①だけで文の流れを作ります。その後、書ける量を計算し、②を肉付けしていきます。

それでも足りない時に、③を加えていきます。

最後に2度ほど読んで確認します。

id:KobanZaru No.8

KobanZaru回答回数45ベストアンサー獲得回数22006/10/23 21:06:20

ポイント15pt

マインドマップツールを利用してはいかがでしょうか。

思いつくままにキーワードを並べマインドマップツールを利用して考えを整理してみては如何でしょうか。

他の方のアドバイスを試してみる為にも利用できると思います。

■マインドマップのまとめ

http://www.itmedia.co.jp/bizid/mindmap_index.html]

id:mayumatti No.9

mayumatti回答回数127ベストアンサー獲得回数12006/10/23 22:54:01

ポイント15pt

・書きたいことを箇条書きにする。

・長い文を分けて、短くする。(。までを短く)

などは上の方々と一緒ですが、文の下手な人が、論文や小説等長編を書くときに気をつけた方が良いのが、

・同じ事を示す単語を同じにする。

だと思います。

これを気をつけるだけで、結構読みやすく、まとまった感じの文になります。

例) 「ナースセンター」 「ナースステーション」「看護師詰め所」…これらは同じ所のことを指しているので、同じ言い方で統一する。 

  

id:adlib No.10

adlib回答回数1984ベストアンサー獲得回数1232006/10/24 01:08:16ここでベストアンサー

ポイント15pt

 

 ぜんぶ書いて、並べかえて、ほとんど削る!

 

 余分な肉づけを削った、骨と皮だけの文体が読みやすいはずです。

 おなじキーワード(記号・文型)を繰りかえさないことです。

 あなたの質問を(順序を変えて)書きなおしてみましょう。

 

where:?(どこに発表するのですか? ブログですかレポートですか)

who:新聞記者さんは(この敬称は無用。新聞記事は悪文が多いのです)

why:他の人とは違うんでしょうか?(記者しだい、読者しだいです)

 

what,which:調べたものや、書きたい事が沢山(三つにしぼりましょう)

when:文章(話)をまとめるとき(5W1Hに書きわけましょう)

how:心構えや具体的な技法など教えて(↓=過去はてな)

 

 5W1Hのすすめ(箇条書きにしましょう)

http://q.hatena.ne.jp/1160179687#a617264

 あなたの質問は“where”が欠けていますね。

 

 一筆のすすめ(わたしのブログ書法)

http://q.hatena.ne.jp/1159571400#a614185

 一字が万字(最後のコメント)

 

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません