【脳科学】人間は「忘れる」のではなく、実は大半の記憶は覚えていて、「思い出すきっかけ」を失っているのだ。みたいなことがわかりやすく書かれている本やサイトを教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2006/11/19 20:56:28
  • 終了:2006/11/26 21:00:03

回答(7件)

id:kimudon No.3

kimudon回答回数1909ベストアンサー獲得回数1712006/11/19 22:09:01

ポイント17pt

http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/brain/brain/46/index-46.html

「 完璧な記憶を持ったシィーの話」です。


なお、こちらの質問からの引用です。

http://q.hatena.ne.jp/1163258626

id:nobnob3 No.4

考え中回答回数324ベストアンサー獲得回数292006/11/19 22:25:23

ポイント17pt

この本がわかりやすさと読みやすさで一押しです。

この先生のHPも面白いです。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062573156

記憶力を強くする—最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方 (単行本)

池谷 裕二先生

id:daikanmama No.5

daikanmama回答回数2141ベストアンサー獲得回数822006/11/19 22:43:06

ポイント17pt

こちらのページは、いかがでしょうか。

http://www.city.tsuyama.lg.jp/index.cfm/9,7990,24,268,html

記憶は、まず脳に記憶を刻み込み(記銘)、それを脳の中に維持しておき(保持)、必要なときに思い出す(再生)という3つの過程で成り立っていますが、正常な老化現象では、このうちの「再生」の段階が上手くいかなくなることで「ど忘れ」が起きやすくなると理解されています。

id:ichthyostega No.6

ichthyostega回答回数205ベストアンサー獲得回数222006/11/19 23:20:07

ポイント17pt

http://health.nikkei.co.jp/mini/i001206a_02.cfm

http://tmin.ac.jp/neuro/01/neuron.html

http://www.geocities.co.jp/HeartLand/2989/brain3.html

記憶の形成には「海馬(かいば)」と言う部分が重要な役割を担っていることが分かっています。

この海馬と神経細胞とのネットワークの強さが思い出しやすさにつながり、神経回路をいかに強めるかが記名力の差となるのです。


この分野はつっこめばつっこむほど、深い分野ですが、その分、おもしろいと思います。

本についても挙げきれないくらいありますが、あなたの知識程度によって、また、ご質問の内容をどの程度つっこんでいくかによっても、どのような書物を読むかも変わってきます。

本については実際に手に取ってみて、軽く立ち読みしてからがよいと思います。

id:dream76 No.7

kiyo回答回数1091ベストアンサー獲得回数82006/11/20 11:13:33

ポイント17pt

http://66.102.7.104/search?q=cache:o7xtgi-LULsJ:www.hornets80.ne...

▼『海馬』や『記憶力を強くする』の池谷裕二さんによる、中高生に向けた勉強法の本です。

本書は、脳科学の視点から、人間の記憶の仕組みにのっとった効果的な「勉強法」を提示してくれます。非常に薄いブックレットながら、要点がとてもよくまとまっていて、説得力のある内容だと思いました。

本書は中学、高校生向けに書かれていますが、大人、特に親や教育者の方々には広く知ってもらいたい内容だと思います 。

https://blog.canpan.info/brains/archive/5

記憶メカニズム

http://tenshoku.inte.co.jp/saishin/gyokai/5/hm_dko37/

いやな記憶をさすれるメカニズム

http://saikyoustudy.com/mobile/benkyouhou_kioku_mobile.html

脳のメカニズムを利用した勉強法



参考↓

http://www.xsunx.org/columns/4aa_family/RensouniyoruKioku_Kouka....

連想による記憶はなぜ効果があるのか

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません